新曲 | 新谷隼平OFFICIAL BLOG

新谷隼平OFFICIAL BLOG

青森県五所川原市出身 孤独を愛するうたうたい。


テーマ:
『流星』 作詞作曲 新谷隼平


心に潜む流星に僅かな希望を掲げては泥のように眠っている

幸せにある不幸せのように愛想笑いをする 時の流れについていけない

わかりきっていることなんて何一つもないんだ
ほら見上げた夜空には恍惚が揺れている

君を抱いていたい 離したくはないよ
失うことではじめて気付くとかいい加減聞き飽きた
そばにあって欲しい 君を感じたいよ
最低で最高なこの矛盾さが僕を締め付ける

憐れむことで慈しんでいる
気付けば自分のことが自分かと不安になった

目が覚めて朝がくれば明日になると信じても
あの流星が朝の光を打ち消してしまうんだ

君を抱いていたい 離したくはないよ
こんなにも求めるこの心こそが紛れもない真実
そばにあって欲しい 君を感じたいよ
最低で最高なこの矛盾さが僕を救ってくれた

君を抱いていたい 離したくはないよ
失うことではじめて気付くとかいい加減聞き飽きた
そばにあって欲しい 君を感じたいよ
最低で最高なこの矛盾さが僕を締め付ける

新谷隼平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス