新音楽家列伝3弾:ジャクリーヌ・デュ・プレ | みゅうじんな日常(European classic music life)

みゅうじんな日常(European classic music life)

クラッシック音楽(ピアニスト・コースオーガナイズ・イベントプロデュース)に携わる日々

イギリスのチェリスト、ジャクリーヌ・デュ・プレはご存知でしょうか?

生まれながらの難病で亡くなりました。ご存知の方も多いと思うのですが

今は多彩な指揮者でもあるダニエル・バレンボイムの最初の奥さんです。

 

ジャクリーヌ・デュ・プレ,OBEJacqueline du Pré1945年1月26日 - 1987年10月19日)は、イギリスチェロ奏者夭折の天才チェリストとして名高い。

 

10月に亡くなられる方多いですね!

彼女も10月19日が命日です。。。。

 

 

こんにちは

就能美有です。

 

2013/10 in Wien

 

10月生まれの有名な作曲家には

フランツ・リスト(ドイツ語: Franz Liszt)、もしくはリスト・フェレンツ(ハンガリー語: Liszt Ferenc、1811年10月22日 - 1886年7月31日)は、王政ハンガリー出身で、現在のドイツやオーストリアなどヨーロッパ各地で活動したピアニスト、作曲家

がいますが、本日は新音楽家列伝

ジャクリーヌ・デュ・プレです。

 

1987年:33年前に亡くなられています。

彼女の印象で鮮明に覚えているのは、映画かドミュメンタリータッチの彼女の映像ストーリーでした。

 

若かりしダニエル・バレンボイム、先日ご紹介した

バーンスタインとも共演し

 

正式なデビューは1961年にロンドンで行われ 同年にはエルガーチェロ協奏曲を録音し、16歳にして早くもチェロ演奏家として国際的な名声を得る

とあるように当時はかなりの有名人でししたが

 

本人は、とても繊細で何かいつも自信のない

そんなストーリーでした。

 

  • 1966年末、当時の若手演奏家たちとの交流の中で、ピアニスト指揮者ダニエル・バレンボイムと21歳で結婚。
  • 1973年、4月に来日したものの、体調不良により演奏会はすべてキャンセルされ、そのまま演奏活動から引退を余儀なくされた。28歳。
とありますが
その映画は、彼女が療養しているときにバレンボイムは、別の女性とすでに同棲しており
彼女は彼の訪問時に、その背景を察知し悲しみにくれるシーンが思い出されます。
 
天才も病には勝てない悲しいストーリーでした。
彼女の死後、姉弟が著作しそれを元に映画化されたものと思われます。
 
曰く付きの映画となったようで

 

 

偶然見ることができた私はとてもラッキーだったのかもしれません。

人生無駄なことは全くないものですね!

鑑賞できたことに心から感謝する今日この頃です。

 

 

秋は、「チェロがよく似合う!」

と個人的に思っています。

 

人間の肉声に一番近く心地よく響くからでしょうか?!

 

秋の季節彼女の演奏を味わって頂きたく思います。

また当時の今をときめく名演奏家たちの記録も残されているのは本当に有難いことです。

 

 

 

今の若い人たちにぜひ知ってほしい演奏家です。

貴重な映像に心から感謝します♪

 

今彼女が生きていたら、何を若者に語ってくれたのか!

とても楽しみです。

 

想像の世界へダイブしていこうと思います。。。。

 

 

 

 

 

 

Recruitment 

 

■2020年ウイーンの先生方のレッスンをニューシステムで

→ ユーチューブ・アドバイスレッスン by Professor in Wien

 

■劇的に人生を変えてみたいあなたに!

→ 2020/ 西洋占星術とタロットカードで占う

 

■自宅に居ながらにしてピアノレッスンが可能な

→ オンラインアドバイスレッスン

 

■モテぴあのはあなたを音楽の虜にして離しません

モテピアノ塾 詳細をご覧ください

 

◼️新しい事を始めるに年齢は関係ありません!

ニューシニアジェネレーションレッスン募集

 

⬛︎自分を知ることは、変化を作る第一歩!成功と幸福のノウハウ

パーソナル&ビジネスコンサルテイングのご案内

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加しております・一日一回の応援クリックありがとうございます

 

人気ブログランキングへ