まもなくバレンタイン
今年は約30年ぶりの、手作りチョコにチャレンジすることにしましたチョコ

材料も手順もシンプルそうな生チョコトリュフを作ろうと決めたのですが、
悩んだのがラッピング材料リボン

日本なら100均に全部揃ってる
という発想でdollar treeに行ってみたものの、
生チョコを入れるのに適した浅めの箱は見当たらず…

紙製品もクッキンググッズも探せるtwelve oaksに行ってみました。
まずはHallmarkへ。
ボックスらしきものは見当たらず、
でもカードはすごい種類
日本ではカードショップに行ってもバレンタインカードってごく僅かだったのに、こんなにあるのね〜

アメリカでは、バレンタインは男女問わず大切な人への愛を伝える日
なので、バレンタインカードも旦那さん・ボーイフレンド向けだけでなく兄弟やおじいちゃんおばあちゃんに贈るためのデザインもあります。
いくらメールやLINEが発達しても、手書きのカードをもらう嬉しさは格別ですものね


ふらっと立ち寄ったノードストロームのコスメ売り場には、こんなコーナーがありました。
見た目キュートで比較的手頃なプライスのコスメたち。
これもらって喜ばない女子はいない


ついつい本来の目的を忘れてしまった…
ウインドウディスプレイに見惚れそうなPAPYRUSへ。

箱はありませんでしたが、
こちらもおしゃれなカードがたくさん


うぅーん、
紙製品じゃなくてクッキンググッズ売り場なのかな??
と向かったSur La Table
楽しくバレンタインディナーを作るためのグッズはいっぱいありました
ハートのゴムヘラにキュン
でも箱は無し。

もう箱は諦めつつ、メイシーズへ。
バレンタインディナーを盛り上げるアイテムてんこもりチョコ

アメリカでは、単にチョコをあげるだけでなく
お部屋もハートいっぱい、可愛くデコレーションするんですねふんわりリボン
ハートのリースやぬいぐるみの他にも、
真っ赤な電飾やバルーンも売っていましたふんわり風船ハート

SANDERSでサクッと買っちゃおかな…なんて。


そのときふと思い出したのは、
クリスマスギフトを購入したLolly&Popsうずまきキャンディ
トリュフ用のボックスが何種類かレジ裏に積んであった光景…
ダメ元で店員のお兄さんに、箱だけ買えるか聞くと気持ちよくOKとのお返事。
しかも、ラッピング用のリボンまで付けてくれました。
ありがとう
本当に助かりました

融通効くサービスのおかげで、外身は完璧
あとは当日、中身を上手に作るばかりだー