2017-07-30 22:11:57

7月のおもひでレコーディングの日々。

テーマ:ブログ

年頭に誓った「今年中にアルバムをつくる!!」がどんどん現実に。

 

この7月に、レコーディングしてきました★

 

今回はいつもよりのんびりと、時間も楽器も空間も贅沢にえらんで。

そのひとつ、グランドピアノ。大倉山記念ホールです。ホールで録るのはじめて。贅沢で静かな時間。

 

この度のレコーディングメンバー、師匠ことパーカッション奏者見谷聡一氏。

ドラえもんみたいに次から次へといろんな楽器が飛び出てきておもしろ!

 

毎日短いズボンで美脚を強調してくれたのは、愉快なトランペット奏者黄啓傑氏。

今回は、演奏だけでなく、作曲やプロデュースでもお世話に!

 

 

野良犬音楽家認定をうけた、浜のきかんぼうギタリストさいとうりょうじ。

アコースティックからエレキギター、スライドまで、感じ出す天才!私の周りには仕事が早い人ばかり。そゆ人のセンスを信じてるから。

 

 

天然リバーブと天然黄Pwww

 

 

師匠はいつでも叩いてる姿が嬉しそうで、録音なのにライヴみたいでたのしい!

 

 

エンジニアは川瀬氏。初めてお会いした時から誰かに似てると思ってたけど、リチャードギアということがわかってすっきり。

こだわりの音作りで丁寧に真摯に取り組んでくださり、しかも癒し系の笑顔に、毎日ノ―ストレス★

 

レコーディングをすると、曲たちが自分の感情や主観から離れて、その個性をそれぞれのミュージシャンが引き出してくれてほんとおもしろい。

ああ、お前はそんな子だったのね、そこが長所なのね、と気づかされる。

 

 

コーラスをしているところ。

今作は何だか、今までの流れをいったん終わらせて、新しい季節になりました、という感じがしています。それがアルバムの随所に表れてるのですが、そのひとつ、初めて生ピアノ以外を弾いている。

エレキピアノとかヲルガン。「矢野さんの弾き方はピアノよりウーリーとかローズが合いそう」といわれ、そうかならやってみようと、挑戦したはよいが、はっきりいって同じ白黒の鍵盤でも全然違う楽器ですねこれは!

リズムの出方、音の区切り、ぜんぶ裸んぼうにされたようで、一から伴奏を組み立て直した。

苦戦しまくりましたが、その甲斐あって生ピアノでは出せない世界が広がった。

 

 

パーカッショニストの方とじっくり作品作りを共にするのも今回初めて。

楽器や音色、一打の選び方、その機敏で繊細な技に感動!

 

 

 

重厚な扉。建物自体が古いミュージアムのようで素敵。ミュージックビデオとかとれそう。誰かとってくれないかなー。

カツーーーーーンと1秒が永遠に響くみたいな時間の流れ方。

 

 

 

トランペットは花形の楽器。黄Pは如何様にも吹き分けます。水彩画のように遠くに霞んだり、いきなりアッパーカットしたり、子供みたいにはしゃいだり。歌に寄り添う天才。

 

 

 

毎回思ってますが、今回のアルバムもやはり、「うたがいい」。

もうこれ以上もこれ以下もなし。というものを切り取って、閉じ込めた。

私のアルバム。11枚目のオリジナルフルアルバム。

20周年の今年に、このメンバーで作れて本当にうれしい。

 

 

発売日とレコ発も決定★もうちょい先ですが、お楽しみに!!!!!!

 

 

歌うたい歴20周年を迎えた2017年の集大成。
矢野絢子New ALBUM「ミチスガラ」Release!!!

オフィシャルサイトの蒼い鳥ショップにて
2017年10月5日より先行通信発売開始★

http://yanojunko.shop-pro.jp/


2017,10,27(金)東京・碑文谷アピア40にて
レコ発ライヴ決定★

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-02 23:47:12

春吉じいさんと青い空

テーマ:ブログ

ことしはびわの「なりどし」らしい。

 

あちこちで鈴なりのびわの木を見かける。

 

我が家の小さなびわの木も、重たそうにたわわに実をつけていた。

 

もぎって食べると、びっくりするくらい美味しかった。

先月から我が友人犬の春吉が歩けなくなり、

 

ついに寝たきり爺さんと相成った。

 

少し前から散歩に行かなくなり、

 

それでもよたよたと毎日庭をうろうろしていたがそれもできなくなった。

 

2000年生まれで18歳も近いのであるから、

 

まあ相当なご高齢である。

 

庭の裏の犬小屋から、新聞紙とペットシーツを敷き詰めた玄関にお引越し。

 

裏の柿の木畑のから抜ける風に吹かれながら、

 

ひねもすのたり、うつらうつらする春吉。

 

床ずれしないように日に何度か抱えてひっくり返したり、

 

排泄したらその始末と身体の汚れをふき取ったり。

 

通りかかるたび様子を確認。

 

不謹慎だが、以前より濃密にお世話が必要になったことで

 

ウキウキしている自分がいた。

 

春吉がすぐそばにいる暮らし。

 

ひとりぐらしをしていた二十歳の時に初めて出会い、

 

春吉には本当にずいぶんとお世話になった。

 

春吉が居るだけで、なんだか毎日がワクワクして

 

どこへゆくのも冒険に出かけるような、

 

無敵な気分で暮らしていたことを思いだしたのである。

 

子犬の時からの賢者のごとし憂いのあるまなざしは今も健在。

 

ひとりと一匹で若いときはめちゃくちゃしたよなあ。

 

春吉も私も破壊王だったなあ。いろんなものを二人で壊して遊んだね。

 

でも私が壊れそうなときはいつも誰よりも心配そうに

 

優しい目でじーっとそばにいてくれた。

 

まあ私のことが不気味で怖がっていたのかもしれないが。

 

そしてやはり、お前の方が先に逝ってしまうのだな。

 

なんだかそれすらも、春吉の忠誠のように思えて頭が下がる。

 

当時の相方が、「春吉が死んだら絢も死んじゃうんじゃないか」

 

と本気で心配するくらい、春吉の存在に頼り切ってた時期もあり。

 

しかし心配はいらぬぞよ。ちゃんと看取ってみせるぞよ。

 

寝たきりではあるが、今はまだご飯はモリモリ食べるし、

 

毎日のうんこも立派なものである。痛みもなさそうなので安心だ。

 

私は明日からまた旅である。旅に出てしまうのである。

 

ああそれがいつの間に私の生業となってしまったのだ春吉さん。

 

 

いつでも、帰ってくるまで生き延びてくれと願っているが、

 

それは自分勝手というもの。

 

どんな命も、別れも出会いも、とどめることはできぬもの。

 

いつでもだれにでも、その覚悟を持っているつもりと、

 

しかし後ろ髪ひかれながらも潔く旅立てるのは、

 

私以上に春吉に愛情と心血注いでくれる父イトチンがいるからである。

 

本当に、父イトチンと、犬春吉が、高知の男のトップを飾る

 

男の中の男だわ。あんたたち。

 

ちなみに我が家の暴君猫のジュンも男である。

 

こやつは男としてはランク外であるが、春吉爺さんと同じく2000年生まれ。

 

うんざりするくらい元気である。

 

 

 

さて、歌を歌おうぞ。前へ進もうぞ。

 

 

6月3日(土)  歌小屋の2階 イベント「第7回最月~かすみそう~」

6月4日(日)  歌小屋の2階 イベント「第7回最月~かすみそう~」 

 

 

 

 

2017年6月5日(月)  北海道・千歳Cafe&Dining ossa「初千歳♡矢野絢子ライヴ」 

2017年6月7日(水)  北海道・函館 夢子座 「スナック絢子」

 

 

 

6月8日(木)  京都ZANPANO 「ウタアカリ」足田メロウ×PETER PAUL& 絢子live2017

 

 

 

 

6月10日(土)  京都八木酒造酒蔵ライヴ【歌聴風月酒蔵ライブvol.12】

 

 

 

 

6月11日(日)   神戸BAR UA PETER PAUL& 絢子live2017

 

 

 

6月16日(金)  大阪みの家 スナック絢子

 

 

 

 

 

 

6月17日(土)  岡山MO:GLA モナカ20周年記念アルバムレコ発

 

 

 

6月18日(日)  大阪・南堀江「COFFEE HOUSE 5th-street」 モナカ20周年記念アルバムレコ発

 

 

6月24日(土)  劇場 歌小屋の2階 昼・矢野ギタ絢子(3階) 夜「kiki」ライヴ(2階)  

 

 

 

6月25日(日)  劇場歌小屋の2階 ディアズ   

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-17 20:19:16

5月びょうとうたもよう

テーマ:ブログ

なにか足りないようで、ありすぎるようで、

 

やりたいことはたくさんあるけど、ねむくて、なんにも手につかない。

 

ふと目を上げると白い風景の中で白いねこがひたすら眠り続けている。

 

いいなあ、いいなあ。

 

5月のきもちのよい風の中、

 

心細いねむけとため息ぴゅー。

 

まあいいや。

 

~せねばならぬ、も、~あらねばならぬ、も手放して

 

のろのろでもいいから、手足を動かすのだ。きもちのよいほうへ。

 

いきてるんだもの。

 

 

5がつ後半うたもよう。

 

明日はライヴ史上家から最も近い現場、イワゴーにてうたいます。

 

そして山陽岡山から山陰米子、隠岐の島、美保関と、とびまわり、

 

四国へ戻り中ムラサトコと合流、高松へてからの高知へ

 

ぐるりっと回ってまいります。

 

歌を歌ったり、聞いてもらったり、そんなことが

 

いつも明日への活力になります。ありがとう。

 

各地の皆さま何卒よろしくお願いいたします★

 

 

18日(木)  高知土佐市ベーカリーカフェイワゴー 

矢野絢子ライヴ「焼き立てパンに徒歩10分」ゲスト坂野志麻

20日(土)  岡山MOGLA 矢野絢子 20周年アニバーサリー

21日(日)  鳥取・米子ONE MAKE 20周年島流しツアー!

23日(火)  隠岐の島 なかむら旅館 20周年島流しツアー!

25日(木)  美保関 美保館アトリウム 20周年島流しツアー!

27日(土)  香川・高松ラフハウス 中ムラサトコ×矢野絢子ダブル20周年記念Duoツアー「はじまりのおと」

28日(日)   高知Cafe and Dining Zero 中ムラサトコ×矢野絢子ダブル20周年記念Duoツアー「はじまりのおと」 ~ランチ付きライヴ♪~

 

 

詳細は矢野絢子オフィシャルサイト蒼い鳥のライヴ頁へ。

http://www.yanojunko.net

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース