study “ RACCAGNI / ラッカー二 ” | junhashimoto NAGOYAのブログ

junhashimoto NAGOYAのブログ

junhashimoto名古屋直営店。junhashimoto/TFW 49を取扱い。


テーマ:
皆様こんにちは。榊原です。

週末も多くの御来店・お問い合わせ・通信販売の御利用、誠にありがとうございました。

SALEはまだ始まったばかりです。

引き続き、お得なお買い物を楽しんで頂ければと思います。

さて、週始めの今回はいつもと少し違った視点での記事を。

それではごゆっくりご覧下さい。

※長いです。

study “ RACCAGNI / ラッカー二 ”



これまでblogでの商品説明時にもよく出て来る言葉「RACCAGNI / ラッカー二」。

・そもそも何なのか?

・RACCAGNI(ラッカー二)の何が良いのか?

・それを使う特別感とは?

今回はそのRACCARGNIを掘り下げて記事にしてみました。

それではごゆっくりご覧下さいませ。

※長いです。

junhashimotoではLEATHER ITEMを筆頭に、商品に使われている「RACCAGNI(ラッカー二)」。

http://www.raccagni.it

【ラッカー二とは】

RACCAGNI CHIUSURE LAMPO社は1983年創立のイタリアのファスナーメーカーです。
RACCAGNIのファスナーはインポートの洋服を中心にこれまで見かけられた方も多いかと思います。
Dolce&Gabbana、PRADA、MaxMara、GIVENCHY、Burberry、RICK OWENS、etc...
ヨーロッパやアメリカの数多くのメゾン・ハイブランドからカッティングエッジなブランドまで、幅広く採用されており、デザイナーの創り出す様々なデザインやアイデアの実現の要求に応えて来ております。
ちなみに、イタリアでは、chiusure lampoと言えばファスナーを意味する言葉となっています。

【ラッカー二ファスナーの特徴】

1.RACCAGNIファスナーの大きな特徴として、まずはSuperシリーズに代表される美しいメッキの仕上げが挙げられます。ゴージャスに光り輝き、気品漂う上品な色合いや深さと輝きで高級感を感じさせる色など輝きながら様々な美しい表情を見せるゴールド・ニッケル・メタリック色。落ち着きと重厚感が放つ存在感に溢れる様々な色のアンティーク・オールド加工。近未来的なシャープさ素材感が生きるマットカラーなどを用意しております。

また、STANDARDシリーズでは、金属の素材感を活かした仕上げやユーズド感を出す仕上げで、ソリッド感や武骨さを感じさせる商品を各種用意しております。



2.このように、RACCAGNIのファスナーは、エレガントから武骨さまで本当に様々な表情をもつファスナーです。
さらにその表情に加え、スライダーや引手が持つ、イタリアの洗練された、そしてユニークなデザインが、一層ファスナーの表情を豊かなものにしてくれます。

様々なバリエーションに富んだ表情を持つファスナーは、締める・閉める・留めると言ったファスナーの本来の基本的な機能を忠実に果たすだけでなく、スムーズな滑り、引き上げ、開閉、音など使う人・着る人がストレスなく快適にお使いいただけるよう、また、長く使っていただけるよう意図し作られています。



3.RACCAGNIのファスナーは、メッキの美しさや引手のデザインなどが目立っておりますが、意図した性能を実現する高い技術力によって裏づけられたファスナーです。また、工場は整頓が行き届き、スムーズな生産を行うために考え抜かれたラインを持つ最新鋭の工場です。華やかなファッションを彩るファスナーというアイテムを生産する場でありますが、質実剛健でプロフェッショナルな物作りの現場であります。

生産は、ファスナーの金属やプラスティック、テープ(基布)などトータルで製造する体制をグループで整えているだけでなく、ISO9001の認証を獲得しており、国際的な生産や品質管理の基準に沿ったオペレーション、組織の運営にあたっており、高い品質の製品を確実な納期でお渡しすることを実現しています。



※引用web:http://01inc.jp

実は今回の記事を書く(編集?)するきっかけとなったのは

RACCARGNI社のカタログを入手してから。

「これがファスナーのカタログ?」

と思わず声を漏らしてしまうような純粋な格好良さ。

宝飾品のカタログと見間違えるほど。

これはその良さを皆様にお伝えしたいと、素直に感じました。



今回の記事で使用している画像はそのカタログを撮影したものがほとんどです。

なかなかお目にかかれないと思います。














































生地やパターンに留まらず、「ZIP」などの附属品までこだわる。

「語れるモノが好き」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

少なからず、私はその一人です。

特にこういった背景を知ってしまうとなおさら。

いち販売員ですが、本気でこういった工場を回ってみたいです。(もちろんRACCARGNI社も)

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

御参考にして頂ければ嬉しいです。

それでは引き続き、皆様の御来店・お問い合わせ、心よりお待ちしております。



【junhashimoto15AW 資料CD-R郵送受付中】

info@junhashimoto-nagoya.comまで

①お客様のお名前
②住所(郵便番号含む)


をご明記の上、MAILにてお知らせ下さいませ。

受付完了次第、ヤマト運輸・メール便にて随時発送させて頂きます。

※送料含め、御希望のお客様に無料で配布させて頂きます。


Instagram

▶▶ 15AW Item reservation ◀◀

▶▶ ITEM  PAGE ◀◀

▶▶ diadora HERITAGE ◀◀

- 通信販売について -

税込み10,000円以上の場合、送料代引き手数料「無料」

【御注文方法】

□メールの方はコチラ

□お電話の方はコチラ



---------------------------------------------------------
junhashimoto NAGOYA
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-25-31
TEL:052-241-9988
ZOZONAVIhttp://navi.zozo.jp/shop/?sid=6866

twitterhttps://twitter.com/#!/jh_NAGOYA

http://junhashimoto-nagoya.com

info@junhashimoto-nagoya.com
---------------------------------------------------------


junhashimoto NAGOYAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス