「悼む人」

テーマ:
昨夜は夫婦で「悼む人」を観てきました。
原作が大好きな天童荒太さんって事で、是非観たかった映画。
観る人の経験や立場によって、感じ方、いろいろだと思いますが・・・
身近な方を亡くした経験のある方が観ると、きっと心が救われるんじゃないかと思います。
私は母親の立場なので、大竹しのぶ演じる静人(主人公)の母親役の言葉がいちいち心に突き刺さりました。
息子を褒める事、全然できてないな~(←反省)
「死」だけではなくて、「生きる」事、「愛する」事について、たくさん考えさせられる作品。

138分と長い映画ですが、主人も長さは全然感じなかったと・・・
(面白くないとすぐに寝ちゃう主人ですが、寝なかった=それなりに目が離せない展開にひひ
演技派の俳優さん、女優さんが出てるので、演技面でもとっても見ごたえありました。

「悼む人」公式サイト

映画「悼む人」予告編1


「悼む人」予告編2

東映映画チャンネル様






悼む人/天童 荒太

¥1,749
Amazon.co.jp

悼む人〈上〉 (文春文庫)/天童 荒太

¥637
Amazon.co.jp

悼む人〈下〉 (文春文庫)/天童 荒太

¥616
Amazon.co.jp
AD

「アゲイン 28年目の甲子園」

テーマ:
今日はレディース・デー。
今年3本目の映画を観てきました~にひひ
(かなりハイペース(笑))
原作が私が大好きな重松清さんで、口コミが良いので、選んだのが「アゲイン 28年目の甲子園」。
めっちゃ、泣いた~しょぼん
ほんと良い映画だったビックリマーク
お薦めですグッド!
野球は素材として描かれてるけど、テーマは家族の絆だったり、再生だったり。
娘さんを持つお父さんは必見の映画かも~にひひ
えっ、野球の映画なのに、父と娘って?
それは見てからのお楽しみ~ニコニコ
(先入観なしに観た方が良いと思うので、あえてストーリーには触れません)
誰もが誰かの息子であったり、娘であったりするから、どなたも感動すると思いますよ~にひひ

アゲイン

アゲイン 28年目の甲子園 公式サイト

映画「アゲイン 28年目の甲子園」予告編1 (83秒)

映画「アゲイン 28年目の甲子園」公式Youtube様
AD

「王の涙ーイ・サンの決断」

テーマ:
今日は朝から街に出かけて、ヒョンビン主演の「王の涙ーイ・サンの決断」観に行ってきました。
明日までで広島では上映終わっちゃうと言う事で…
レディスデーじゃないけど、ほぼ席埋まってた。

歴史サスペンス物。
TVドラマの「イ・サン」ご覧になってた方は楽しめると思います。
(私は飛び飛びにしか見ていない(笑))
過去と現代行ったり来たりで、ちょっと分かり辛い部分もあったけど、そこそこ面白かったです。
ただ、途中で何となくオチが見えてくるのが、私的にはちょっと興味が半減。
でも、映画のメッセージはすごく伝わってきて、そう言う意味では良い映画だなぁと思いました。

ちょっとネタばれになりますが…
中庸の23章の言葉、「小事を軽んじず、至誠を尽くせ。…(中略)天下において至誠を尽くす者だけが己と世を変える事ができる」
すごく心に響く言葉でした。
⑦さんにも伝えたい(笑)

あと、ヒョンビンが文句なくかっこいいですラブラブ!ラブラブグッド!
初っ端からファンの方、いえ、そうでない方も必見の肉体美ラブラブ!


{036A5394-74F9-4CF6-9D8C-82E73AA636EE:01}

予告編





AD