滋賀・草津市で見つけたマンホール☆ | ☆Now&Here☆日本ぐるりん旅日記

☆Now&Here☆日本ぐるりん旅日記

47都道府県全制覇済で国内旅行が趣味。名古屋城検定上級取得。鈍足カメさんRUNNERで全国のマラソン大会に出没中(PB4時間32分:名古屋ウィメンズマラソン2017)飛行機と鉄道が好きで美味しいものや限定品には目がありません♪ 作曲家の吉村龍太さんとTUBEを応援しています!


テーマ:

☆Now&Here☆日本ぐるりん旅日記


エボルタくんの東海道五十三次チャレンジの応援 で、

滋賀県草津市へ出かけたときに見つけたマンホールコレクション。


東海道52番目の宿場“草津”は、先日レポした

42番宿・“桑名”のマンホール に、負けず劣らずの素晴らしい作品ばかりですよ!



☆Now&Here☆日本ぐるりん旅日記


これぞ東海道五十三次の52次・草津

ご立派なカラーマンホール!


歌川広重の描いた「草津」。

草津川を渡る当時の旅人の様子が伝わってくるデザインです。



☆Now&Here☆日本ぐるりん旅日記


東海道と中山道の分岐点がある、草津。


実際の道標の近くを歩いたはずなのですが、残念ながらまったく気づかず・・・。

そのかわり、マンホールのデザインから歴史の遺構を認識しました。



☆Now&Here☆日本ぐるりん旅日記


こちらも、中山道と東海道の分岐点を表示しています。


話によると、このマンホールは1点ものとか・・・。
草津本陣前の道路で見つけられますよ!



☆Now&Here☆日本ぐるりん旅日記


消火栓ハンドホールもカラー。



☆Now&Here☆日本ぐるりん旅日記


素晴らしいカラーマンホールは、いずれも草津本陣付近で見つけましたが、

その他のエリアで見られたのが、こちらのデザイン。


カラーマンホールを見たあとでは、なんともシンプル・・・。


でも、SHIGA PREF, (滋賀県)・ KUSATSU CITY(草津市)といったように、

ダブルで英語表記がなされたマンホールって、初めて見たような。



マンホールって、街それぞれのこだわりが垣間見れるので、

探すのがとっても楽しいです音符



美岬さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス