今週は、「途絶えていたこと」を

再開させるキッカケが巡ってくるかもしれませんよ。

 

引き出しの中から、使いかけの調理道具や文具がポロっと出てきて、

 

「そういえばコレ、便利だったのに、いつの間にか使うのを止めていたな……」

と気づいて復活。……たとえば、そんな感じに。

 

 

というのも、今週出てきたカードは神秘のスートに属する『珊瑚』。

 

命の輝きが失われたあとでも、形骸を残す『珊瑚』は「本当の意味では終わっていないもの」を表します。

 

 

使う機会がなくなってからも、捨てずに取っておいたものには、「いつかまた……」という気持ちが込められていますよね。

 

とはいえ、最近は「断捨離」の時代。

 

「いつか」と言っても、そういうときは来ないから始末する、

というのが賢い常識になりつつあります。

 

 

それでも不思議なもので、

たとえ断捨離して「使わないもの」をなるべく捨てたはずでも、

あるときひょっこりと

「あれ、こんなのあった!」と思うものが出てくることってありませんか?

 

 

人は「意識」だけを使って生きているわけではありません。

 

特別、意識しないまま、無意識のうちにやっていること、判断していることは日々、たくさんあります。

 

 

ぼんやり歩いていても、家までたどり着けるのも「無意識の働き」です。

習慣のほとんどは無意識の行動と言っていいでしょう。

 

 

とはいえ、「無意識」とは、意識に上ってこない「単なる習慣的な活動」ではなく、もっと深く賢いもの。

 

「合理的な判断」を下す“意識”には決して出来ない「未来を見据える判断」を、“無意識”は密かに下していたります。

 

 

無意識は魂に近い領域にあります。

そこは、自分が本当に求めているものを、考えずとも「分かる」領域です。

 

そういう“無意識”があるからこそ、

「あれ、こんなものを私、いったいなぜ取っておいたんだっけ?」

ということも起こります。

 

「捨てるかどうか、考えた記憶もないまま、なぜか残してあったもの」は、
あなたの無意識が「いずれ必要になってくる」と、こっそりと判断したものだったりするのです。

 

無意識の力って不思議ですね。。

 

 

あなたの無意識が以前、「これはまた必要になる」と判断し、特に何も考えないまま取っておいたものが、今週、復活することになりそうですよ。

 

 

たとえば、どこかに挟んだままにしていた名刺がふっと出てきて、

「そうだ、この人に連絡したら、あの問題が解決するかも!」
と、ひらめくシーンがあったりするでしょう。

 

出てくるのはモノとは限りません。

 

ずっと忘れていた記憶が頭の奥から急に蘇ってきて、

その記憶に救われる……といったことが起こる場合もあります。

 

 

他にも今週は、なんらかの「復活」がありそうですよ。

 

 

今、何か悩んでいるなら、無意識に答えを聞いてみるのもいいでしょう。

 

悩むのをいったん止めてリラックスすれば、ふとした瞬間、無意識の領域から答えが浮かび上がってくるかもしれません。

 

あるいは、タロットカードを引いてみるのもお勧めです。

カードにね、あなたの無意識が知っている答えが映し出されてくるかもしれません。

 

 

アドバイスをくれるのは友達とは限らないもの。

あなた自身のなかに存在している「不思議な英知」が助けてくれることもあるものです。

 

では今週もがんばりましょう虹

 

 

 

▼ハワイアン・スピリチュアルタロットのカード付き書籍の購入は

以下の画像をクリックしてください

 

▼Ameba占い館SATORI

ハワイアンスピリチュアルタロット最新メニュー

 

好きな人の本心を神秘のカードが映し出してくれています