ワタクシの宝物の話。 | HULAセンセイ JUNEのブログ。

HULAセンセイ JUNEのブログ。

鹿児島のフラ ハーラウ、Ka Hula O Ka 'Aina主宰のフラ センセイ ジュンのひとりごと。
『Ka Hula O Ka 'Aina』とは、大地のフラという意味。
鹿児島のシンボル、桜島に敬意を表して作られた名前です。


テーマ:
明けましておめでとうございます。

年末年始のご挨拶もままならないポンコツ野郎なワタシです。ほんと、申し訳ありませんっっっ!

本日のお題、ワタクシの宝物。

うーんと昔。
鹿児島でフラを習い続ける事に限界があった頃。
(今では鹿児島でも無限の可能性があります。)

若いワタシは後先考えずに、当時慕っていた先輩の「ビビビッと来た!」って言葉を信じて遠い地(日本ですけど)にフラを習いに行きました。

そこで出逢ったR先生。

まさしくビビビッなお方でした。
最高に格好よくて、最高に愛に溢れていて、最高に美しくて、最高にヘンテコなヤバいお方でした。

今でもヘンテコぶりは変わらず、なんなら年々パワーアップしてらっしゃっていて、勝手に心の師と仰いでおります。
(迷惑だと思われてるかもですけど。笑)

そんなR先生から頂いた、R先生の生徒だった証。

翡翠の御守り。
R先生がご自身のクムフラから譲り受けた物です。
我々が訪れるって決まった時にクムフラにお伺いを立てて、ワタシと先輩それぞれに譲られた翡翠を贈ってくださったという。
なんとも光栄で有難いお話。

各クラスの、一年の最初のレッスンの時に身につけています。

今年も事故なく、怪我なく、健やかに学ぶことができますように。

JUNEさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス