とても弱い自分

テーマ:
婚約破棄されて、不本意ながらアラフォーなのにひとりぼっちになり1人暮らしをすることになった夏。
へこたれながらも周りに支えられて何とか呼吸したり夜の静けさにも怖がらずに薬の力を借りながらも眠れるようになりました。
そして誓ったはずなのです。

『無駄遣いせずにやっていこう』と。

でもそう決意してから程なくして私は買い物依存に陥りました。親に心配をかけるくらい…。
自分でも買ってしまう事に反省することはあっても、不思議なくらいに(抗うつ剤のせいかも)後悔は無いんです。
これまでの自分の人生、家庭の事情とか色んなしがらみで、私は上手く自分のストレスの発散の仕方を知らず、ただ我慢を自分に強いてきました。
自分さえ我慢すれば…
そう諦めながらも、たまに火山爆発の如く湧き上がるやるせなさと悔しさ、そして同年代の人達と違う環境にある自分が惨めに感じる事があり、どか買いをしては、「何て事をしてしまったんだろう」と物凄い後悔を感じて自分で自分を追い込んで。
ブランド名だけに惹かれて、それを持つことにステータスを感じて、一部上場企業の正社員である立場からも他の同僚と同じランクでいなきゃって必死に無理して。

でも、婚約破棄されて自傷行為を図って周りを泣かせて自分の存在価値を本気で見失った時に、一旦「無理」や「後悔」、「自分を追い詰める思考」をやめようと漠然と思うようになりました。
たしかにはたから見れば私の散財や後先考えない買い物し続ける行為は無鉄砲だし即刻やめるべき事なのかもしれない。
けど、今の私は買い物すると言っても一回の上限額をなんとなくは決めてるし、多分今まで不足を感じていたアイテムを揃えてる最中なだけだと思うようになりました。
自分で自分を傷つけてしまったお詫び。
最近の私は笑えるようになった。それは失ったものとはまた別の充足感を手に入れたアイテム達が補強してくれてるから。
一巡して不足を解消出来たら…そこからはちゃんと誰から見ても堅実な自分へ生まれ変わろう。
1つひとつがどれもとても愛おしい。買って良かったと心底思う。おかげで仕事も頑張れるし、仕事はハードだけどコーデを考えるだけで会社へ行きたいとさえ思う。
だから後悔しない。これ以上自分を傷つけたくない。
1人になってみて、自分が如何に服やメイクに興味があるのか日々実感してる。
あくまで無理なく…。
自分の人生を殺すか生かすかも結局は自分次第。
その考えに至るキッカケをくれたハードな自分の人生にもいつか感謝できるように、笑っていればいつか良い事があることを信じて笑顔で生きていこうと思います。