お昼は虐待等に関する特命委員会・女性活躍推進本部合同の会議が開催されました。

女性が直面する暴力や貧困など多岐にわたる困難に対しての女性支援政策パッケージ3つの柱が示され話し合いが行われました。

①相談窓口の充実と切れ目のない支援
②支援に携わる人材の育成展確保
③官民を含む各種支援策、支援策の見える化、利便性の向上