今晩はふたご座流星群を眺めながら…



パワーストーンに星のエネルギーをチャージ 星空








『流れ星に願いを込めると願いが叶う』…



子供の頃に聞いた、そんな言い伝えを



しっかり守り (笑) にひひ  流れ星を見ると、



ついつい願いを込めてしまう、ずうずうしい私。







2年前、ハワイで満天の星空を眺めながら、



流れ星に願いを込めました…



「ハワイみたいな海の近くのリゾート地で



仕事できます様に…祈る



       ↓   ↓


幸せの輝石(キセキ)


その2ヶ月後に、海のみえるリゾート地、


熱海へお店を増やすことができました ラブラブ




…っとここまでは、良いのですが…




実は上に掲載の私の写真…



ハワイで満天の星空の下で撮影したのですが、



私の周りに、たくさんのオーブが



写ってるんですぅ~~オバケ 叫び




でも、大丈夫です 合格




私がハワイに来たことを歓迎してくれたオーブです。



「いつかハワイに住んでくださいね…」っと



オーブに言われました 天使



自分に都合の良い私の霊感でした にひひ






じゅなのブログ-体験談7-2

じゅなのブログ-体験談7


天然石の波動を転写した

46種類のジェムエッセンスと、

花や植物の波動を転写した

106種類のフラワーエッセンスを

ブレンドしてオリジナルで
お作りする夢を叶える魔法の秘薬。

生物、植物、鉱物には

それぞれ特有の波動があります。
その中に、人を癒したり、

体の機能を回復させたり、
環境から保護したりという、

固有の特徴を見極めて水に転写して

波動を定着させたものです。

植物や鉱物などの波動そのものを

水に記憶させます。
水は、良い情報でも悪い情報でも

取り込んで蓄えて記憶することのできますが、

この作用を良い情報だけ
取り込んで記憶させたエッセンスです。

このエッセンスは、波動の伝達ですので、

香りは全くありませんが、
中枢神経はもちろん、

体、心、感情、スピリット全体に働きかけます。

私は実際、この秘薬のおかげで

夢が驚く程のスピードで、実現しています。

そこで、ぜひ、このエッセンスの

作られている所に行ってみたい…

作っている先生に直接お会いして

学びたいと思いました。


思った翌日、幸運にも、

そのアメリカの先生とコンタクトを取ることができ、
翌月には、その先生の元、
カウアイ島を訪れ、

エッセンスを学ぶ事となりました。

さらに、もう一つの私の夢、

世界一のパワースポット、

アメリカ アリゾナ州セドナで、パワーアップすること。


この夢も突然叶い、セドナに行くことになり、

さらに、奇跡的な展開で、
セドナ在住の形而上学の教師であり

千里眼を持つ偉大な先生の元、
サイキック能力の覚醒訓練等、

様々なイニシエーションを

伝授していただく事もできました。

今後は、キララのメニューに順次、

展開していきます。

お楽しみに…


竹内珠捺のサロン『キララ』HP http://kiraras.net





『夢を叶える秘法』


…そんなものがあったら、

ぜひ知りたいと誰しもが思われる事でしょう。

今後キララのメニューの中にも、

反映していきたい『願望実現法』がございます。

潜在意識の中に願望をインプットし、

引き寄せの法則で夢を引き寄せやすくし、

さらに、パワーストーンに

願望実現の記憶を吸収させて、

後押ししてもらう手法があります。


もちろん、願うだけで何も努力をしなければ、

夢は途中で崩れ去ります。

逆に、努力をすれば、

するだけの甲斐が必ず感じられるのも、

この手法の特徴です。

私にとっての大きな願望が、

また一つ実現いたしました。

私はいつかこんな場所に

キララを設立したいと思っておりました。

 ☆海外のエネルギーを受信できる海に面した場所…
 ☆自然界のパワーを感じられる自然に包まれた場所…
 ☆地下にマグマのエネルギーをもつ

             温泉の湧き出る場所…
 ☆全国のお客様に
遊びに来ていただける様、

              新幹線の停まる場所…


じゅなのブログ


大願成就!

 2010年9月5日

 遂に静岡県熱海市にキララ新店舗オープン!


スピリチュアル体験談 7 へつづく・・・



竹内珠捺のサロン『キララ』HP http://kiraras.net




  じゅなのブログ-体験談5

    じゅなのブログ-体験談5-2



キララのメニューにもある『過去世退行催眠』

…潜在意識の中にある過去世の記憶が蘇る
というものですが、

私が実際に体験した自分自身の

過去世退行をお話させていただきます。

300年前のインドで暮らす女性でした。

私に会うためにたくさんの人々が

行列を成しています。

人々を救うため、各地を転々と移動し、

私の行く先々にたくさんの人々が私を待っています。
私はまるで魔法使いの様で、

私が魔法をかけると

人々が喜ぶ様な場面が浮かびました。



病に苦しむ人々、飢餓に苦しむ人々が、

力を取り戻し、元気になっていきました。

私のことを聞きつけた王様の目にとまり、

お城へ招かれ、お城の中で暮らしながら王様に
占術を使いながら、

国の行方に指示を与えていた様に思います。


そのお城は一世を風靡する程に
繁栄した様に思います。

その後、その国を支配したいと考えていた

敵のスパイが城に入り込み、

私は毒の入った飲み物を飲まされて死亡しました。

私の死後、その城の権力は衰退の一途をたどりました…

私自身、過去世退行で味わった体験で

いくつもの気づきを与えられました。


さらに、その後、その過去世と一致する

いくつかの不思議な出来事が起こりました。

ご縁があって

アニマルコミュニケーター

(動物と対話のできる先生)の

佐竹一葉さんに、我が家で飼っている犬

(チワワのオスで、名前は『そら』)

と対話をしていただいた時のこと
そらが佐竹先生に伝えた話・・・

『僕は、300年前にインドで

お母さん(私のこと)に飼われていた

猫の様な生き物でした。

僕はいつもお母さんのそばに寄り添っていました。

お母さんは人々を幸せにする

魔法使いの様な人でした。



お母さんに会うために、

たくさんの人々が列を成していました。



お母さんは赤や青や色々な色の丸い玉を転がして、

魔法をかけていました。



お母さんと僕は、ホロ馬車に乗って砂漠の中を
転々としながら各地を回り、

人々の待つ場所へと

移動する生活をしていました…


 (中略)

300年ぶりにお母さんに会えてうれしいです。

お母さんがペットショップに

僕を迎えに来てくれた時、僕は

「お母さん、300年ぶりに会えてうれしいよ。」

って言ったけど、お母さんに通じたかな?』


・・・この様な話をそらが先生に伝えたそうです。

あまりの共通点に私は腰が抜ける程に驚きました。


思い起こせば、そらが私のもとにやって来たのは、

キララをオープンする1ヶ月前でした。

ペットショップで、初めてそらに会った時、

かわいくてかわいくて、

店内にいる他の犬が目に入らないほど、

かわいかったのを覚えています。

そらだけが、光に包まれている様に見えました。


キララを始める私に、パワーを与えるために、

そらは、また私のもとに

来てくれたのかもしれませんね。

先日、たまたま世界遺産のテレビ番組を見ていた時、

ある風景を見て驚きました。


わたしが、過去世退行で見た風景、

過去世で住んでいたお城と全く同じお城が、

世界遺産として放送されていました。


そのお城は、300年前に繁栄した

インドのお城とのことでした。
そのお城の名前は『ラールキラー』

…『キララ』と名前が重なることにも

不思議な縁を感じました。


さらに赤砂壁の外壁のそのお城が、

私の自宅(静岡県富士市)に

似ていることにも驚きました。


10年以上前に建てた自宅ですが、

その自宅を建てる時、

めずらしいその外壁の色と

風合いに魅かれたのですが、
今思えば、過去世と繋がる何か、

懐かしさがあったのかもしれません。


さらに『ラールキラー』が

世界遺産に登録された年月日が、

偶然にもキララのオープンと同じ年月日でした。
 
すべて偶然といえば偶然かもしれません

…ただ、

『世の中、偶然は一つもなく、すべてが必然』

という教えもあります。


いつの日かインドの『ラールキラー』へ行き、

何かを得られたらと考えています。



スピリチュアル体験談 6 へつづく・・・




竹内珠捺のサロン『キララ』HP http://kiraras.net






  じゅなのブログ-体験談4

    じゅなのブログ-体験談4-2


金縛りを体験された方は、

たくさんいらっしゃるかと思います。


かつての私も度々、金縛りを体験いたしました。
その中で一番怖かったのは、20代前半の頃、

ヨーロッパへ旅行した時の事。
イタリアローマのコロッセオ近くの

ホテルに泊まった時のことです。


ホテルの部屋に入った時から、

空気の重たさを感じ、嫌な予感がしていました。
案の定、夜になると一層の息苦しさを感じ、

横になって間もなく、身体が硬直して
身動きできず、叫びたくても声が出ず…

金縛りだなっと直感しました。


そのうち長い剣を振り回した戦士たちがたくさん現れ、

横になっている私を踏みつけながら

戦いを行っていました。


私もこのまま殺されてしまうかと

一瞬覚悟を決めた程の生々しさでした。

その様子は何百年も前の時代の場面と推測します。


たぶん宿泊した土地や地域にまつわる出来事か、

またはその出来事にかかわった地縛霊と

波長が合ってしまったのだと思います。


何より怖かったのは、いつもと違って、

金縛りがなかなか解けなかったことです。

身体の自由は利かず、呼吸もままならず、

本当に大変でした。


『突然死』…ってありますが、

あの金縛りの状態があともう少し続いたら、

そうなってもおかしくないと思う程でした。


昨日まで元気だった人が

朝起きたら亡くなっていた…という『突然死』


医学的には様々な見解があり、

病的な原因の場合がほとんどであるとは思いますが、
医学的とは別に、私の個人的な見解として、

重度の金縛りの現象から命を奪われるケース

というのもあるのではないかと、

その時、身をもって感じました。


金縛りもあまり甘くみない方が良いです。

金縛りでお悩みの方はぜひご相談下さい。



スピリチュアル体験談 5 へつづく・・・



竹内珠捺のサロン『キララ』HP http://kiraras.net














もともと霊感体質ではあったものの、

特に歳と共に、一段と霊感が強くなり、

自分の意思とは関係なく、

敏感に霊体と波長が合いやすくなってしまい、

そんな苦痛により、自律神経失調症となり、

メニエール病を発病し、めまいや頭痛で、苦しみました。

メニエール病の専門医のもとへ2年以上も通い続け、

容体は安定してきたものの、
私の自律神経失調症の原因は霊感体質であることから、

なんとかこの原因を取り除くため、
霊感を自分で調整できるようになりたいと思い、

訓練や修行、勉強によって、霊感の波長を
自分で調整できるようになりました。


それと同時に、自律神経失調症も、メニエール病も
すっかり完治いたしました。

これまで自分自身の霊感体質を

なんとか改善したいために学んできたことを、

今後は同じように悩まれている方や、

何かの形で、霊的なものからの影響を受けて

困っている方のお役に立てないかと考え始めました。


それが現在の仕事の根源になっております。



スピリチュアル体験談 4 へつづく・・・



竹内珠捺のサロン『キララ』HP http://kiraras.net






5歳のころ、同じ家に住む祖母が亡くなりました。

家族や親せきが慌ただしく葬儀の準備をする中、

幼いながらも皆のお邪魔にならないようにと、

私一人で庭で遊んでいた時のこと、
亡くなったはずの祖母が、

「バレーボールで遊ぼうか?」

と私の目の前に現れたのです。


そして、バレーボールを転がして、祖母と遊んだのです。
そのバレーボールは、祖母が亡くなる前に、

静岡で私に買ってくれたものでした。


当時、人気のテレビ番組『サインはV』の影響で、

バレーのボールがとても欲しかった私は、
買ってもらった事が、とてもうれしかったのと、

そのボールで亡くなったはずの祖母と遊んだ

という不思議な体験でした。


もともと病弱な祖母でしたが、

ちょうどそのボールを買ってもらって間もなくの頃から、
寝たきりの様な状態になり、

祖母とはそのボールで遊ぶ事もなかったのですが、
亡くなった後に現われて、

一緒にボールを転がして遊んだのを当時5歳の私は、

『おばあちゃんは死んでも、生きているんだ…。

              死んでからの方が元気だ』


という不思議な気持ちだっだのを記憶しています。


亡くなった祖母とボールで遊んだのも、

実際の時間にすると2、3分かと思います。
すると祖母が

「皆が応接間で写真を撮っているから、行ってごらん…」

と言い、姿が消えました…。


応接間に行ってみると、亡くなった祖母の遺体の傍らで、
親戚や家族が写真を撮っていました。

私がその部屋に入って行くと親戚のおばさんに、
「どこに行ってたの?

ちょうど写真を撮るところだったのよ」と言われ、
写真に写ったのを覚えています。

今でも鮮明に記憶に残る出来事でした。



スピリチュアル体験談 3 につづく・・・



竹内珠捺のサロン『キララ』HP http://kiraras.net









15年程前、

旅先の観光施設で天国と地獄の風景を

立体模型で再現している所へ立ち寄った時のこと、

そこで地獄の風景を観賞している時、

いきなり私の身体の中に、

何か別の魂が入り込んだのを感じ、

憑依されたのではないかと感じました。


まもなく耳の後ろがひどく膨らんで痛くなり、

そのうち首のまわりに、

ぷくぷくと数珠状の腫瘍ができ始めました。

まるで首から数珠のネックレスをしているかの様に、

均等に並んだ40個以上の腫瘍が

一瞬のうちにできました。


意識ももうろうとしてきて、

旅の途中で帰宅。

当時住んでいた藤枝市の総合病院に急患で、

診ていただきました。

病院の先生によると

「今まで見たことがない。原因不明、病名不詳」とのこと。

強い抗生物質の点滴と抗生剤の飲み薬を続けることで

当分の間、様子をみることになりました。


ただ病気が原因ではなく、

自分の身体の中に入り込んだ魂が原因であると察し、

病院の治療と並行して、除霊や魂の鎮魂を学び、

それを実践したところ、

憑依していたものが、身体から、外れたのを感じ、

奇病は完治いたしました。


発症から、1ヶ月程で治ったものの、

その間は意識がもうろうとして、本当に辛かったです。

もともと霊感体質ではあったものの、

この出来事を機に、除霊や邪気除けなど、

自分の身を守る力をつける必要性を

強く感じる様になりました。



スピリチュアル体験談 2 へつづく・・・



竹内珠捺のサロン『キララ』HP http://kiraras.net