桜の花も少しずつ北へと移り、

新しいページがまたひとつ、めくられて迎えた、4月。B.花ホワイト

 

うちの会社も、4月から新しい事業を始め、そのために事務所をプチ引っ越ししたり、

準備したりで、ひっちゃかめっちゃかでした。しばらくまだ、続きそう( T_T) 

やりがいはある仕事なので、そのことも、そのうち書けるといいな。。

 

 

 

 

もう少しで・・結弦くんが来てくれますね ハート

 

 

結弦くんの名付けたSEIMEI。

いろんな解釈ができて、その中に「清明」も入っていましたね ウィンク

その「清明」という節気があるのをご存知ですか?

 

 

旧暦では、春分のあと15日目にあたる4月5,6日頃のことを、また一説では

4月5,6日から4月20日までを一つの節気として、「清明(せいめい)」と呼ぶようです。

 

「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」

 

万物がけがれなく清らかで生き生きしている。

花が咲き、鳥は歌い、空は青く澄み、爽やかな風が吹き、

すべてのものが春の息吹を謳歌する。とあります。

 

清々しく明るいこの風景の中を、

咲きほころぶ花々に迎えられ、

結弦くんがやってくるんですね・・(*˘︶˘*).。.:*♡ 

 

 

 

 

オリンピックから約1か月半が経ちますが、

この清々しい季節から、改めて振り返ると、

 

あれは、浄めだったのかもしれない、と、ふと、思ってみる私です。。

 

 

 

だって、壮絶でしたもの。

まるで、


神様がシナリオを書いていたかもしれないなと、思うほどです。

 

結弦くんの平昌での優勝に、みんな、泣きました。

結弦くんが泣いて、

私たちも泣いて、

世界中のあちこちに、涙の洪水が起きた。

 

 

大勢の感動の涙が、

この世の中に、一つ上の清浄さをもたらしたかのよう。

うまく表現できないんですけど。。

 

清々しく明るいこの季節が、

いつも以上に、浄らかで、美しく感じられるのは、気のせいでしょうか。

 

結弦くんの優勝の感動は、多くを知らない人たちのこころにも触れるものがあり、

多くの人のこころを洗って、きれいにしてくれているように思えてならないのです。星

 

 

 

 

そんなことを考える理由を、ちょっとだらだら書いてみますが・・

 

 

負けず嫌いで、ただただ試合に勝ちたい、のチビゆづ。

地元仙台のリンクの閉鎖があり、次に体験した大震災で、

勝利の先に求める風景が、だんだん変わっていきました。

 

周囲の苦しみが自分の苦しみになっていった。

そして、相変わらず、負けず嫌いのままに、彼にとって、

大勢の笑顔は、彼にとっての救い となっていった。

 

この結弦くんの成長は、神様、すでにわかっていたんでしょうね。

お気に入りリストにしっかり入っていたと思います。ハート

 

 

衝突も病気も多くのケガも、そして11月の衝撃のケガも、

結弦くんを知りつくす、ちょっとレベルの高い神様が、前もって用意したかのよう。。

 

神様くらいのレベルになると、時空を超えて先が見えるものなので・・

11月の怪我は、それまでのいろんな苦しみを一掃するために、そこに集めたかのようでした。

 

試練という形だったけれど、蓋をあければこの上ない大きなプレゼント、を用意して。

 

 

 

 

 

誰も見たこともないような、景色でした。

 

 

 

 

いじわるな困った人たちの数々の足ひっぱりは続いているけれど、

 

でも、もう、平昌での彼の優勝がもたらしたものは、

その変な人たちがどう足掻いたって、太刀打ちできないレベルまで、到達しました。

 

 

結弦くんが優勝したばかりの時は、まだ、

彼の技術と芸術、彼の頭脳と精神力、彼の風情・品格への称賛の嵐でした。

 

でも、結弦くんを深く知ろうとする私たちファンが、

彼のこころを思い、涙が止まらなかったように、

彼に感動する理由を知ろう、彼を感じよう、とする人がさらに増えていますよね。

 

彼のこころを知って、そのために涙を流す人、

彼のようなこころを持とうと、思ってくれる人が、

この先、さらに増えていく、すでに増えているように、私には思えてならないんです。

 

結弦くんの持っているものが、

多くの人のこころを清らかで明るいものに導いていっている。

そんな現象を、リアルタイムで見せてもらっている気がしてならないんです。

 

 

 

 

ひとのこころを勝手に推し量るのを許してくれるなら・・

 

 

・・・もう、無価ですよ。

彼の心の中にしっかり根付いている、宝ものは。

(価値づけられないほど、価値のあるもの、ということ。)

 

いつも、気にしているでしょう?みんなが幸せかどうか。

 

みんなが幸せじゃないと、

自分が幸せじゃない。

 

これなんですよ、これ・・・びっくり

私の中では、これがいちばんの決め手、なんです。

彼の清々しい美しさはここから来る、と。

 

今、フィギュアスケートは、彼にとってツールとなりました。

そして、ファンのためにみんなのために、媒体になろうとするようになりました。

 

結弦くんは、試練を超えるたび、ファンの応援を感じるたび、

またひとつ、また一つ・・・それに応えるたびに、

 

 

・・今はもう・・

 

みんなにとっての

美味しい空気になろうとしているかのようで。

みんなが気持ちよく呼吸できること。

そのために存在しようと

しているかのように思えてならなくて。。( T_T)

ここまで書くと、言い過ぎ・・かしら・・

 

私の中では、確信になってしまったのですが。。

あのホプレガの曲を、空間に同化して演じようとしているのを知った辺りからです。

(「夢を生きる」にも載っていましたね・・)

 

 

日に、日に、無私の領域が

一つ何かを乗り越えるごとに、スケールアップしているのを感じているんです。

 

目先の利益や優位さを追うような人とは、真逆をいくものですよ。

一緒にいるだけで、自分が浄められる人って、居るんですが、

結弦くんは、そういう人と、よく似ています。

 

 

 

・・というわけで、

結弦くんが「清明」の季節の方として、何故ピッタリだと感じたのか、書いてみました星星

 

 

 

 ラブラブブルー おまけ 

先日、やっとですが、「通じる祈りがあるかな・と」で書いた祈りの場所へ行き、

結弦くんの優勝のお礼のお参りをしてきたのですが、

 

今まで感じことないような、なんだかすっごくきれいな色・・

いろんな色が織り交ざったような・・・はっきりと表れないんですけど、

でもきれいな何かがあって、輝いている・・・びっくりことだけは、はっきり感じましたよびっくり

うわ~~っという感じでしたから。

 

これ、結弦くんの未来のことだなと、にぶ・・い・・私なりにだけど、感じましたよ星星

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

クリックしてくださるとうれしいです ハート

   矢印


フィギュアスケートランキング

 

こちらもクリックしてくださるとうれしいです ハート

   矢印

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

画像は一部お借りしてます星