いまさらの・・・岡山ラウンド。 | TELLY & KALLY Racing J16監督のテリカリブログ

いまさらの・・・岡山ラウンド。

アップロードしたつもりがすっかり忘れて下書きに入っていた岡山ラウンドを今更ながらにアップします。

 

 

まず結果ですが

 

GP2 尾野 弘樹  予選5番手  決勝6番手

 

 

GP3 村瀬 健琉  予選3番手  決勝転倒リタイヤ

 

 

という結果になりました。

 

 

全体的には合同テストからの流れも良く(合同テスト前にプライベートテストに来たせいもあり)

両ライダー共に常に上位(3位以内)を得られるセッションが続きました。

 

 

GP2の弘樹はテスト2日目の1本目がトップタイムでしたが2本目の早々に転倒。


若干のマイナス要素を抱えたまま本戦へ。

 

 


本戦はやはり天候にも振り回されました。

 


 

弘樹は予選を順調に進めた中盤、車両のトラブルで撃沈。

好調だっただけに、弘樹には申し訳ないことをしました。

が、問題点もすぐに発見され、翌日の朝フリーでは完全に解消できました。

 



健琉は予選3番手とフロントローでしたが、決勝に向けてはトップとのタイム差もありまだまだやることはありそうです。

 

 

 


決勝レースはというと・・・




GP3の健琉は終始トップ争いを繰り広げ、19周のレースの最終ラップ、ゴールまで残るコーナーはあと3つ。

 

そこで2番手からトップを狙い転倒・・・・しかもトップの選手を巻き込んで。終わりました。



 

幸い、両者に怪我はなく、レース後に巻き込んでしまったチームに謝罪へ伺いましたが、レーシングアクシデントとして受け入れて頂き、厳しい言葉など一つもなく大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。関係各位には多大なるご迷惑をおかけしましたことを改めてお詫び申し上げます。

 

 



GP2弘樹は・・・


ドライスタートからの降雨、転倒者続出による赤旗中断からのウェット12周のレース。

全くいいところなく後方に沈み、何とか後半に挽回を試みるも12周と短いレースでは6位まで挽回して終了。

 

 



ということで、反省点の多い岡山ラウンドでしたが、得るものも多く、必ず次戦のオートポリス戦にて結果に結び付けたいと思います。




GP3の最終ラップ。

みんなウォールで笑顔ですが、私はGP2の準備と、なんか引っかかる気持ちがあり、ボックス内でモニターとセクタータイムを凝視。



ダブルヘアピンひとつめで、あー!というか、やっぱりかーというか。



しかし、健琉は大きく成長したと思います。
もう、表彰台以上じゃないと達成感は得られないでしょうから、しっかりと取り組み、今年中に結果を出したいと思います!