試走してて段々とフロントカバーが浮くようになってきました。
そこで、放置していたフロント駆動もついでに見直そうかな?ということでやってみました。

結果としてはかなり良くなったと思います。
今回の加工で得られたメリットは多そうですw




さて、早速加工です。
まずはシャーシの加工から。フロントカバーを差し込む穴にビスを通します。
なので、1.8mmドリルで貫通させます。2mmで貫通させると、カバーの取り外しがめんどくさくなるかなと思います。



裏からビスを通すとこんな感じになります。
ビスを通して壁を補強しつつ、赤マルの部分をカットします。なかなか難しかったですが、ルーターで削りとればすんなりいきました。


そしてベアリング化。
ベアリングとローラースペーサーと小ワッシャーでピッタリきます。



次にカバーの加工。
先程の穴に差し込むカバーのこの部分。
マスキングしてカットします。
突起の周りに色を塗るっていうのもアリですね。
2mmで穴を空けてカバーを一旦取り付け、ベアリング位置を確認しつつカット。
カットするガイドとしては、
・横に2本ある平行線の内側
・クラウンギヤ用の出っ張りの端っこ
・元々空いている穴の中間
以上の3点を結ぶ四角形になりますw


もう一つのポイントは、クラウンギヤ側を1mm削り取ることです。
これでベアリングがちゃんと収まります。


完成したものがコチラ↓↓↓
ベアリングを見せたくない人は、カバーの内側をギリギリまで削ればなんとかなるかな?と思います。



フロントもベアリング化して前後とも駆動の調整ができたことや、フロントカバーがガタつかないこともいいことです。
でもカバーがキッチリはまって動かないので、プロペラシャフトが暴れないということが、この加工の最大の利点かもしれません。



片軸シャーシはプロペラシャフトが大事。


そう思いました。
リヤスライドダンパーの可動域を調整しようとか思ってたのに、こんなことしてるとかw
ボディ塗装もそっちのけで時間がなくなるなぁw



さて、今日はココまで。

ランキングに参加されている

ほかの方のミニ四駆ブログはコチラから



ミニ四駆ランキング