2005年06月26日

STAR WARS エピソード3 シスの復讐

テーマ:映画

そんなわけで、見てきました。

「STAR WARS エピソード3 シスの復讐」。

(多少ネタバレあります)


感想からいうと満足、俺、大満足。

ルーカス偉い。やっぱりやってくれると信じてたよ!!!



小学生の時から、旧三部作を見てきたものとしては、

エピソード1や2はやっぱり満足できなかったわけですよ。


キャラに魅力が無さすぎるし、戦闘シーンも恋愛ストーリー

も中途半端。エピソード1、2に関してはルーカスの、STAR WARSに

対する姿勢のピントのずれ具合、及び現役感の無さがずっと気に

なっていたわけ 。

(2は、最初の15分間だけ面白かったけど)


バンドで言うと旧三部作が70年代ストーンズだったとしたら、

新3部作が90年代ストーンズぐらいの温度差の違い。


ところが、きましたよ、エピソード3。

役者がめちゃめちゃいいテンパリ具合で、本気汁がんがん

出しまくりながら、中だるみ一切無しで、ラストまで突っ走っていきます。


(特にアナキン役のヘイデン・クリステンセンが、お前この3年で

 ほんとにプライベートでダークサイドに落ちちゃったんじゃねえ

 か(笑)っていうぐらいのリアルな演技してます)


アナキンが何故ダースベイダーになったのか、そして帝国軍誕生

の救われないラストまで脚本の出来もばっちり。

(こうしてみるとエピソード1、2はずっとオープニングを見せ続けられいた

ように思える)


オビワンとアナキンの戦闘シーンも最高!!

又、映画に歴史的対決シーンが誕生した、うひー!と興奮してしま

ひました。。


ほんと、映画館で見なければ、後悔する1本です。





ただ、最後にいらん突込みをさせて頂くならば、えー、


オビワンが、マザコンのアナキン


をちゃんと教育してればこの戦争


起こらなかったんじゃねえの。。





だってアナキンは、嫉妬深い駄目駄目人間に育ち過ぎてて、

”太陽をはね返す青いダークサイド ”(Byチバユウスケ)に

簡単に落ちるんだもん。。ジェダイ評議会も寒すぎ。。


あと、俺絶対ヨーダの元で働くのとかいや。

ヨーダ偉そうなこというけど、実際はその場その場主義なんで、

絶対仕事できなさそう。。


(最後の台詞が「時期が来るまで待つのじゃ」ですよ。ほんでもって

 オビワンに「一人じゃ寂しいだろうから、死者である師匠との交信

 方法を教えてやる」ですよ。。

 俺もう呆れて口あんぐり。そりゃ、あんたシスに復讐されますよ。。) 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年06月19日

Sunday people

テーマ:ゆるーい文

・最近、何故かスーパーカーの2枚目ばっかり聴いてます。


・そんなわけで、今日はかなりまったり「Sunday people」してました。


・2枚で2,000円のDVD買いました。安すぎる!!

 「ヴァニシングポイント」と「28日後」。

 28日後はやっぱり面白い。トレスポ以来のダニーボイルの

 傑作だと思います。

 全てが終わっているというシチュエーションから始まる映画には

 どうしても魅かれます。

   全編に溢れるUKらしい色使いもたまりません。


 「ヴァニシングポイント」はまだ未見。

 でもプライマル好きとしては見てみたかった作品。楽しみ。 


・今週のタイガー&ドラゴンの、最後の長瀬の笑顔には参った。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年06月17日

夏ソング

テーマ:音楽

だんだん暑くなるこの季節になると、聴きたくなる曲達があります。


自分にとっての夏定番ソング。

これらの曲を聴くとすぐに20歳の自分に戻れます(笑)。

テンションぐぁんぐぁんあがります。


・GRAPEVINE 「ナツノヒカリ」

  この曲は、亀井の鬼メロディーメイカーぶりと、田中の歌詞が最高。

  特に下記の”経ったね~”からサビに突入する部分がいつ聴いても

  神懸ってます。

  200万枚ぐらい売れてもよかったのにね。

  ほんとこの二人は、過小評価されている気がするなあ。

   

    >どこまでも続く気がしてた蒼い(!)道は   
    >頭の中で夏の光に飛ばされてしまった
    >こんなに経ったね

    >だからまだ 君を抱きしめてなかった
    >だからさ ねえ
    >君が好きと言えなかった
    >ほらあの日だって


・THE BEACH BOYS 「DON’T WORRY BABY」
  えーと、他のビーチボーイズの曲の好き度を10ぐらいとするじゃない

  ですか?

  すると、この曲は500ぐらいあるメーターの振り切れた、永遠の名曲。

  この曲あると飯何杯でも食えるよみたいな。

  1音も無駄が無い完璧なポップス。60年代恐るべし。

 

  ちなみに筆者は10代の頃、持ち運べる携帯ラジカセにビーチボーイズ

  BEST入れて海に行った、奇特な痛い思い出があります(笑)

  

・MEG 「GROOVE TUBE」

  ご存知、フリッパーズのカバーなんですけど、原曲より好きかも(爆)

  聴いていると、あー、たぶんMEGはフリッパーズに思い入れなんか全くない

  んだろうなと感じさせられ、そのクールネスが、逆にポップな方向に行って

  いてぐんぐん引き込まれます。何回聴いたかほんと。


  つっても実はこのロリータボイスに弱いだけ(笑)


・真島昌利 「夏が来て僕等」

  少年の夏を描かせたら、この人の右に出るものはいません。

  その中でもこの曲はメロディー、歌詞とも出色の出来。

  

  >終わりなき午後の冒険者は

  >夏に疲れるなんてそれは

  >とても罪なこと


  この曲に何も感じなくなったら、人間やめようかなと思います。


さー、タイガー&ドラゴン見る準備でもしとこ。

  


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年06月11日

SAW

テーマ:映画
タイトル: SAW ソウ DTSエディション

今更ながら、借りて見ました。「SAW」。


老巧化したバスルームで目覚めた2人の男、

ゴードン(ケアリー・エルウェズ)とアダム(リー・ワネル)。

足には鎖、2人の間には自殺死体。

うへー、この始まりのシチュエーションだけでそそられます。


よく練り上げられたプロット。スピード感溢れる映像、2時間ハラハラしっぱなし

の緊張感。どれをとっても文句無しです。

途中、犯人が顔バレして、「あー、こいつが犯人かよ魅力ねえなあ、がっかり」

と思っていたら最後は・・・。


「SEVEN」の影響を強く受けていることが感じられる作品ですが、

全然OKです。

デヴィット・フィンチャー好きの僕としては、かなり面白くて、

遂にフィンチャーの後継者が出てきたと興奮してしまいました。


ラストは「SEVEN」程の高みには昇っていませんが、低予算で作られたこと、

脚本のリー・ワネルが若いこと等を考えたら120点です!

今後もリー・ワネルは要チェック。

面白かった!!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年06月06日

だらだらと

テーマ:ゆるーい文

・友達の結婚式に行ってきました。

 会場から、五重の塔が見えるオサレーなとこでした。

 又、僕の3万円が空に飛んで行きました。


・「SPA!」をどうしても毎週買ってしまう。。

 時事問題からキャバクラ特集までの幅広さが、僕の心

 を捕らえて離しません。


・AIRが8月に東芝EMIから2年ぶりにシングル出すみたいです。

 よかった、切られてなくて。。

 ほんと兄さんはいつもはらはらさせるからなあ。

 売れますように!!


・White Stripes の新譜聴いてますが、まだイマイチぴんときません。。

 もうちょっと、ちゃんと聴いてみよう。。


・今月号のCutは面白そう。

 「世界の映画オタク10万人が選んだ史上最高の映画ベスト100!」

 だって。買ってみよう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。