「水神宮」まとめ作成開始!

テーマ:

つくば霞ヶ浦りんりんロードを走っていて見つけた「水神宮」を、NAVERにまとめてみました。まだまだ手野町あたりの5箇所だけですが、随時追加していきます。いずれは水神宮の位置が全部わかるマップにまで発展させられればと思います。

・NAVERまとめ:霞ヶ浦沿岸の「水神宮」
https://matome.naver.jp/odai/2152603920794830901

香取神社(土浦市白鳥)

テーマ:
現地調査は自転車で。冬だったらちょっと考えるけど、原則、それでいこう。
車では停める場所に困ったり、狭い道に入れないし、通り過ぎたらしばらく反転できないし。
土浦がサイクリングの街として再スタートしたのが良いきっかけとなった。

今日はモール505の1階に5ヶ月ほど前にできた「レンタサイクルカフェ嬉輪」でクロスバイクを借りてみた。
ポイントが貯まる携帯アプリまで用意されていて、早速ダウンロードした俺に割引価格にしてくれた。


繰り返すようだが、最近の自転車は片手で楽に持ち上げられるほど軽い。

りんりんロード出島村方面へ。





普段車では通らない道を行く。景色もそうだが、内海(霞ヶ浦)からの風や潮の香りまで感じられる。風は遮るものがなく、波打ち際から飛沫が飛んでくる。
(こんなことを繰り返すうちにまた車に乗りたくなってしまうかもしれないが)

目標は354号線沿いの神社など。まずは、おおつ野の入り口から湖北高校へ抜ける道の途中にある香取神社に行ってみた。
(途中で発見した数々の「水神宮」については別記事で)








香取神社が近づいてくると気配でわかる。香取神社はだいたいどれも樹齢の長い神木に囲まれているからだ。
真ん中の小さな社だけじゃなくて、樹木も含めての香取神社なのだ。






境内にはいくつもの塚や地蔵が並んでいるが、大杉大神と阿修羅以外は、名前が書いていないため何なのかよくわからない。阿修羅が十字架を持っているのを見ると、隠れキリシタンの拠り所だったのかも?








本殿の装飾は比較的精巧で、写真にもきれいに写る。



正面の彫刻はほぼ間違いなく龍だが、見えにくい位置にあるのが残念。



聖地

テーマ:
文章まとめることができなくて開店休業状態なこのブログ。でも本人は生きてます。

土浦市がサイクルステーションとして思い切って舵を切ったのを機に、レンタサイクルを借りて気晴らしに筑波自転車道(りんりんロード)をあてもなく。

…そして、行き当たりばったりでたどり着いたのが、つくば市水守(みもり)。その昔、平将門がここで水で喉を潤し、この地のきれいな水を守っていかねばならないと言ったことから、この地名がついたのだという。

Google mapに載っている史跡は数えるほどだったけれど、その中に「香取神社」があった。


15時過ぎで日はまだ高いのに、林に入ると静かで真っ暗だ。






拝殿は地域の祭りや集会に使われていそうで、目立った装飾はない。

いつものように本殿に回ってみると、


古そう。


覗いてみると、…ん?



予想通り龍がいたけれど、これほど立体的なものだとは!







これは、水の神様がこの地を守っているってことだね。


奥にあったこの青銅の扁額。何て書いてあるのか気になる。



せっかく自転車で来たので、周りの風景を楽しんでみる。


高台の上には水守城跡。ここにも田水山(たみやま)という「水」のついた地名が。田んぼの水は、この山から湧いているのだろうか。







たしかに、中に入ると樹木が豊富で、別世界のように静かだ。







昔からそうだったんじゃないかと思うくらい、静かな場所。水守という名がついたこの地は、聖地と呼ぶにはふさわしい。
夏の暑い盛りに、またここに来よう。

鹿嶋神社(土浦市中村西根)

テーマ:
ある程度まとまってからブログにしようとしてたら、写真がずいぶん溜まってしまった。フェイスブックに備忘録的に投稿したものの、検索が効かないからいつどこで何を見たのかも忘れてしまう。
というわけで、検索が効くブログを再開。

2018年も何箇所か初詣に出た。

そのうちの一つが土浦市中村西根の鹿嶋神社。
{84C10BB7-5F64-4895-92A4-5E4B2647B3BC}

{3ADD7492-88F5-43FD-A6B5-CD7CA56B7992}

このあたりの鎮守ということもあり、周りを畑で囲まれたこの神社も大勢の人で賑わい、付近は路駐の列が続く。
{B93E055E-FD49-4F6B-BE79-3207DF03A6C1}

木札に毛筆の解説は、教育委員会ではなく、おそらく地域住民や関係者によるものだろう。それだけで有用な情報となる。
ここでは境内神社が本殿内にもあるらしい。
本殿境内神社には“龍神社”があるそうだが、

{E8D29D04-C7E8-41D9-9380-D13A1EDCE913}

残念ながら本殿覆屋は厳重で、中の様子を伺うことはできず。


本殿外の境内神社は、表記された通り本殿と拝殿から四方にある。
そのうち一つ、雷神社。
{680D8E35-B07A-445A-8D6F-077995B9BDDE}

祭神は別雷大神。

{3E938922-A53E-49DA-911D-294A0977A03C}

{80D734EB-1594-455F-AC8B-4BA1A6609985}

やはり、屋根の紋様は、「つぐみ龍」。つくば市上郷の別雷神社と同じ神様を祀っているようだ。