楽曲解説 Vol.25 『藁演歌』 | 大友ジュンのヒトリゴト

テーマ:

どうも。こんにちは。

大友ジュンです。


さてさて、今から4日前に開始した
関連曲集ロボットアニメの収録曲の楽曲解説。

初回のWhat's The Laughing?に続き、
今回はこちらの楽曲の解説を僕の頭の中の記憶を辿りながら
記して行ってみようかなと思います。

本日、お送りする作品はこちら↓


藁演歌


フルMMDアニメ直球表題ロボットアニメの登場キャラクターである
カトウのキャラクターソングとして書かせて頂いたこちらの楽曲。

番組プロデューサーからの指示で
カトウのキャラソンには演歌を用意して下さい。という事で
楽曲制作をスタートさせました。

二つ返事で了解しました!とは言ったものの、
僕はそれまで演歌を聴くという習慣はほぼありませんでしたし、
ましてや演歌を作曲した経験もない…(汗)

果たして自分に演歌が書けるのだろうか…?と正直、かなり不安要素があったのですが、
フジイ、カトウ、モリという3体のロボットの中で毎日毎日、ライブラリの整理をするほど
真面目で研究熱心なカトウ。

もし、歌で戦争を止める事が出来るとするならば、そんなカトウなら
東方のある小さな島国では"こぶし"という独特な発声技巧を旋律に乗せて
人間の喜怒哀楽や悲恋を歌う"演歌"という種類の音楽を聴く事で心の平穏を
保っていたそうよ。
みたいな事を言って、熱心に研究していても
不思議じゃないだろうなぁ…と。

そんなわけで、僕も頭の中をカトウ一色にシフトチェンジ!

僕なりに演歌に良く使われるコード進行や曲の構成、
メインメロに対してハモはつけるのかどうか?等の研究をし、
どうにかそれから数日後、この曲の元となるメロディを完成させたのです。


メロディが完成した後は作詞へ。


"戦争を終わらせるために笑いを追及する"

番組の根底に流れるこのテーマを
カトウならどんな言葉で歌うだろうか?

研究熱心で真面目なカトウなら
演歌で良く歌われる"悲恋"というテーマをやはり比喩として使うのではないか…?

そう思った僕は歌詞のメインテーマを悲恋に設定。

しかし、この場合での悲恋の相手は人間やロボットではなく、もちろん"笑い"です。

つまり、"笑い"というものを擬人化して悲しい恋の歌に仕上げて行ったわけですね。

※無論、藁演歌に出て来る"あんた"とは…って、
もうこれ以上は敢えて言わなくてもお分かりになりますよね…?(笑)


ただ、真面目でも最後の最後で詰めが甘く、大事な所で間違っちゃったりするカトウ。

そんなカトウのかわいらしさを少しでも表現出来たらと思い、
基本は標準語で書いている歌詞の中で本来ならば"あなた"という言葉を使うべき所を
"あんた"という関西弁チックな言葉にする事でカトウのデータベースの
不十分さを表現しております。

※まぁ、これはもしかしたら僕の自己満足でしかないかもしれませんけどね…(汗)


そんなこんなで歌詞も無事に完成。

歌録りは3月の下旬に都内某スタジオで行われました。

カトウを演じる荒川美穂さんとはこの日が初めまして。

荒川さん自身、初めて挑戦するジャンルの演歌である事や、
実は風邪が治ったばかりで本来の声が出るかどうか分からないという
二重の不安を抱えながらも本当に一生懸命、歌って下さいました。

喉の調子を見つつ、適度に休憩を取りながらの歌録りになりましたが、
その度に上手く歌えなくて本当にすいません…(汗)と真剣な表情で頭を下げる荒川さんは
まさに直球表題ロボットアニメのカトウそのものだなと僕の目には映っていましたね。


荒川さんが謝る事なんて何もないですよ。

むしろ一生懸命、歌って下さったおかげで
いかにも真面目なカトウらしい楽曲になったと思っております!

何より、真剣にレコーディングに臨んで頂けた事が僕はとっても嬉しかったです!

本当にありがとうございました!!m(__)m



最後になりましたが、当初は笑演歌と書いて「わらえんか」と読んでいたこの楽曲。

監督である石舘光太郎氏の『"笑いを求めて藁にも縋る思いだ"っていう意味を込めて
藁演歌にしない?本編の中でもそういうセリフを入れるからさ!
という提案で
正式タイトルが藁演歌に変更になりました。

しかしながら、石舘氏がそういったセリフを本編に入れ忘れたのはここだけの秘密です…(笑)

※後日、それに気づいた石舘氏は直球表題ロボットアニメの公式サイト上で展開していた
活字放送ロボットラジオの中に無理やりそのセリフを入れたとか入れなかったとか。。。



こうして無事に完成したカトウのキャラクターソング藁演歌

既にこちらの楽曲はJOYSOUNDにてカラオケ配信が始まっているので
みなさんも是非、カトウになりきって"真面目に"歌ってみて下さいね♪o(^∀^*)o





という事で、お送りして参りました第25回目の楽曲解説。

次回はモリのキャラクターソング〇〇モリモリをお送りしたいと思います!

どうぞお楽しみに♪(^∀^)ノ





『藁演歌』 詞・曲 / 井上純一 編曲 / Hajime(from LiLi)


薄灯りの図書館で 今日も一人 文献を読む
これが私の仕事なの 寂しさ 紛らわすためじゃない
終わりのない争いが窓の外を赤く染める
無意味な時代(とき)を止められるのは この世でただ あんただけ

あんた あんた あんた 恋しいのに
求めれば求めるほどに遠くなるだけ
あんた あんた あんたには届かない
これが私の運命(さだめ)というの?
この胸 濡らすように冷たい雨が今日も降る


《セリフ》
あんた、笑いなはれ。そんな時ゃ、ただ…笑いなはれ。


頁(ページ)をめくるたび そばにいる気がするけど
虚しく増えてゆくのは難解な知識ばかり

あんた あんた あんた 恋しいだけ
酒も泪も男も女もいらない
あんた あんた あんた あんただけでいい
何もいらない あんたが欲しい
ここまで言わせないで 私の想い 分かるなら

あれもこれも全てがあんたに見える
悔しいけどまるで藁にも縋る思いね
強く 強く 強く この手 伸ばせば
近づいた気がしなくもないわ
願いはひとつだけ あんたとただ笑いたいだけ




ペタしてね

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆大友ジュン プロフィール☆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆大友ジュン ディスコグラフィー☆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

大友ジュン(井上純一)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ