ささやかな…

テーマ:


卒業してしまった学校って
懐かしくて
そして、ちょっぴり切ない。
学ラン姿の男の子たちを見て
きっと、「今」ここにいる彼らにはまだわかっていないであろう
青春の一瞬の輝き
人生の中で
わがままで無責任な子どもでいられる最後の3年間
「制服」を着ていることで
制約もあるけれど、守られてもいる
そんな3年間なんだよね
って、そう思います。
そのキラキラが、眩しくて羨ましくて
そして
過ぎ去ってしまった日々が
ちょっぴり切ないのです。
次男が卒業してからあっという間に、もう1年たってしまいました。






「ラプラスの魔女」公開初日でしたが
今日は我が家の男の子たちが卒業した高校の
音楽部の定期演奏会に行ってきました。
高校3年間、大学生になってからも合唱団に所属している長男が
OBとして演奏会に参加させていただきました(*^^*)
長男・次男の通った高校は男子校なので
音楽部は男声合唱なんですね。
男声合唱というのはなかなか馴染みがないかもしれませんが
たとえば早稲田大学のグリークラブや
慶應義塾大学のワグネル・ソサイエティは有名だと思います。
男性らしい、大らかな
力強い、それでいて柔らかな歌声は
聴いているととてもゆったりとした気持ちになります。
演奏会は三部構成でしたが
第三部は、寸劇というのかミュージカル仕立てというのか
とても面白くて(*^▽^*)
ふざけているようで、でも劇中で歌う歌のうまさに感動して泣けてしまいました。
(トトロのパロディだったけど!笑)
歌と歌の間のトークもめっちゃ面白いの( *^艸^)
男の子が弾くピアノも、これまたいいんですよね。
寸劇の衣装で、背中に「喧嘩上等」の刺繍がある特攻服(ピカンチのチュウみたいな)で弾いたその音色は
でも、とてもとても優しくて素敵でした。
いわゆる進学校ですが
けっしてガリ勉だったり、エリート意識をもった鼻持ちならない子たちではなく
頭のいい子たちによくある
不真面目なことを大真面目にやる、という
とても気持ちのいい男の子たちです。
そして、先生方も素晴らしくて
師であり、父であり、兄でもあり
厳しく、そしてとても親身になって寄り添ってくださった
育ててくださった
とても恵まれた環境での3年間でした。
卒業は旅立ちだから
子どもたちはいつも前だけを見ていて
寂しくなんて思っていないと思うけれど
わたしの方が寂しくてね
子どもたちの母校の制服を着た男の子たちを見ると
羨ましくてたまらないのです。
今日は久しぶりにお邪魔できて嬉しかったなぁ。
素敵な時間をありがとう♡
(って、来月の文化祭も、7月の野球部の応援も行っちゃうけど 笑)






昨日は、わたしの母の喜寿のお祝いで
わたしの子どもたちと
弟夫婦とで食事に行きました。
そのあと実家に寄って、なんていうことのないおしゃべりをしたり
お茶を飲んだり
のんびりと過ごしました。
そのうちに、次男がトランプをやりたいと言い出し
母や、小学生の姪も一緒になって遊びました(*^^*)






今年のお正月は
元日から子どもたちはアルバイト
午前中におせちで新年のお祝いをして
お昼にいっかいだけトランプのゲームをして
あとは家族そろって過ごす時間もなく
お正月で、わたしがいちばん嬉しかったのが
このトランプで遊んだことだったので
昨日も嬉しくて
本当にささやかなことかもしれませんが
こんな時間が
わたしにはいちばんの幸せなのです。
若い頃から、ブランドものにもアクセサリーにもほとんど興味がなく
本と音楽だけはいつも身近においておきたかったけれど
あとは大好きなひとたちと一緒にいられたらそれでよくて
でも、早くに父を亡くしたわたしは
なんとなくいつも寂しくて
早く自分の家族が欲しかった
だけど子どもたちはあっという間に大きくなってしまって
ふだん、なかなか一緒にいられないから
超~~~絶地味なゴールデンウィークだけど(笑)
まあ悪くないかなぁ、なんてね(*^^*)






ラプラスはいつ観にいけるかなぁ(^ー^;)
ネタバレなしで観たいので
皆さまのブログにもお邪魔できませんが
ごめんなさいm(_ _)m








最後まで読んでいただきましてありがとうございました。
まとまらずにだらだらとすみません(^ー^;)
夕方のニュースで、ラプラスの舞台挨拶の様子を見ました。
寝過ごした翔くんの「うん」が可愛いかった♡♡♡
逗子でのロケはなんだったのかな?
こんな日でも別のお仕事があって大忙しなのね
ミュージックデイのポスター撮りとかかな?
期待しちゃう♡
ワクワク学校も決まったし
嵐の夏がはじまりますね(*^▽^*)