ドリーンバーチュ、キリストへ帰依に関して | ジュラ オラクル・タロット魔法のマルチカードリーディング

ジュラ オラクル・タロット魔法のマルチカードリーディング

厚木在住
多ジャンルのオラクルカード、タロットMIXして マルチカードリーディングしてます
今あると良いメッセージ、魂の願いお出しします
インディゴ クリスタル エンパスさんもどうぞ


テーマ:
ドリーンバーチュが、啓示を受けたことで、今後純粋なキリストに帰依
 
タロット、オラクルカード、チャネリング、リーディングから身を引くと言うことのようですね。
 
ざっくりとは認識していたのですが、改めて検索で確認してみました。
 
【追記あり】ドリーンが聖書の教えのみを伝えていくと宣言したことについて
 
 
上記記事
ご自身が受講された英語講座からのお知らせ、それに関連した情報、英語サイト
それらから、ドリーンバーチュの去就について、詳しく確認されていました。
 
こちらの記事から、ドリーンバーチュの今後について気になったところピックアップさせて頂くと以下のような感じ。

・キリストの啓示を受けて、改めて厳密なキリスト教に帰依
 → キリストのみが唯一の帰依先
・タロットは扱わない
・他者のリーディングもしない
・預言、予想的カードリーディングは終了
・傾聴とアドバイスは行う
・聖書に書かれた言葉の啓蒙は行う
・他のマスターとキリストを並列に取り扱った、アセンデッドマスターオラクルカードは終了
・既に発行済みのカードやカード講座の収益について、ドリーン指定の慈善団体に回るように手配済み
(おそらく、「ドリーンバーチュに行っていた収益は、」という事だと思われます)
 →終了するアセンデッドマスター以外のカードについて、ドリーンのクレジットは外される様子。カード自体は無くならない
 →一部のものは終了するが、カード系のオンライン講座は無くならない様子

一部のオンライン講習が、すぱっと終了という事らしく、それについて受講中の方から、問題提議があったようです。
 
受講者からの問題提議があるにも関わらず、そうまでして、身を引くという事。
これ、何か不自然で、天意が働いていたり、何らかの必然があったりするのではないだろうか?
そんなことが、頭によぎりました。
 
では、ということで、上記に関連して、カード引いてみました。


Q1。ドリーンバーチュが、オラクルカード界から、身を退く
 これによって、何かがシフトするの?


Q2。ドリーンバーチュのオンライン講習の、認定ってどうなるの?認定は無くなっちゃうの?
 
 
Q1。ドリーンバーチュが、オラクルカード界から、身を退く
 これによって、何かがシフトするの?
 
ドリーンの心境の変化
ドリーンに降りて来た啓示によって、今までのチャネリング、リーディングからすっぱり離れる

これ、ドリーンというより、天の采配、天からのエネルギーとして起きたのかも?

カードはどう見せてくれるのだろう?


 
出てきたカードとしては

Knight of Fire(Angel Tarot)
パワー・勢いで、でぐいぐい牽引している様子
 → これは、エンジェル関連ぐいぐい牽引してきたドリーンを示すかな~
   エンジェルタロットでファイアーでナイトですので、積極果敢に突き進む様子

New Love(Angel Oracle)
で、新しい愛(の対象)
 → 今までから対象が変わる。キューピッドの白羽の矢が、今迄から変わる

Six of Summer(Fairly Tarot)
(Six of Cup 相当)
 →過去の良き思い出、過去のロマンス
   フェアリータロットで来ているので、後悔みたいな部分はとても少ない。
   寧ろ、今後に活きる思い出、過去

Eight of Earth
(Eight of Pentacle 相当)
 熟練
 知るべきことを、知る

Caring(マリア オラクル)
 気遣い
 私と言う存在を大切に


でした。

出てきたカードを眺め、全体からの印象として、
あ~ドリーンから、使う各自に、任せる、委ねるエネルギーとしての作用なんだな~と、思えました。



今迄、オラクルカードや、様々なサポート存在(天使、精霊、妖精、アースエンジェル等々)の紹介と啓蒙をドリーンが行ってきた。
ただ、それ故に、ドリーンとオラクルカード
オラクルカードと言えばドリーンと言う具合に、ビジネス的な面で権威的に祭り上げられてしまった部分。

それ故、ドリーンのいう事であったり、リーディングこそが正解・正統に行ってしまう。

でも、リーディング、チャネリングに、それしかありえないという絶対の正解は無い。

時期、進行具合、局面、対象、状況、ジャンル、得意、それぞれで、適材適所でリーディング、チャネリングは変わって良い物。変わるべきもの。

だから、ドリーンはあくまで、それを形にした人。参考として。牽引役として。ルールブックでは無く、参考例として。
また、過去の良き手引として

これからは、各自の特徴だからこそのリーディング・チャネリングのガイドツールとして活用されるように

それで、それが明確に成し遂げられるように、ドリーンが、天の采配として、引退の形
こうなると、ドリーンは、リーデイング・チャネリングからは、文字通り、全て手放して、委ねることになりますし。
まさしく Release & Surrennder ですよね・・・。

ドリーンが身を引いて、現実面がそうなったら、もう、
あなただからこその、リーディング・チャネリングを大事に

とするしかないですしね。
 
というように、カードから行くと、どうも、エネルギーシフトで、現実側にも変化が起きるように、天の采配として、ドリーンが身を引くように仕組まれた、と読めました。
 
 
 
Q2。ドリーンバーチュのオンライン講習の、認定ってどうなるの?認定は無くなっちゃうの?
オラクルカードとそれらのオンライン講習は残るとの事
?あれ、認定とかって、どうなっちゃうの?

3枚引き+アドバイス
You're Ready
Yes!
Forgiveness

No


You're Ready
→もう、ドリーン頼りじゃなくても大丈夫ですよね?皆さん、充分出来ているじゃないですか

Yes!
→ええ、その通り。ドリーンの認定は残念ながら無くなります。

Forgiveness
→こうなったこと、許してあげてくださいね。

No
→確かに、ドリーンの認定は無くなっちゃいますが、オンライン講習修了認定はちゃんと残りますから。
 
 
 
流れとして

大企業やTV系マスメディアを軸に、皆が向かう絶対的な流行
そういうのがインターネットの定着によって、SNSなど、各自の関心へ分散
 
国民的に全員一致で大流行するアイテム、などが有り得なくなってきた

絶対的なスターから、それぞれに合う、身近なアイドルへ

ピラミッド的な構造から、円環・循環・相互性での関係性へ向おうとしているようですし

従来の絶対権威、絶対的価値、みたいなものが崩れて、より身近でフィットするものへ
盲目的に盲従するのでなく、各自の判断で適材適所で

と言った具合に、委譲が進みだしているように思えます

 
そういう流れで、オラクルカード、エンジェルリーディングに関しても、より、身近な活用が進むように、天の采配で、リリース&サレンダー来ちゃったということのようです。


カードや講習が無くならないのは、豊かさの流れを堰き止めないで、分配して、循環させて~、還元させて~
更に、別の方向にも進展させて~
と言う感じなんでしょうね


もしもドリーンがカードやオンライン講習廃止してしまったら?

・カードやオンライン講習はドリーンの物、あくまで私物だったということになってしまう
・カードやオンライン講習が無くなると、気づき、癒し、シフト機会の損失が多大
・カードやオンライン講習が無くなり、ヘイハウスとの関係が薄まる → ヒーリング、気づき、スピリチュアリティ啓蒙機運の損失
・動物保護、愛護に充填していた資金が途切れ、保護、愛護活動が止まってしまう

では? 止める、無くしてしまうのでなく・・・

  → 委ねて、手放す  (Surrender  &  Release)

  皆に委ね、任せる。天に任せる

 
カードからのメッセージを元に、あれこれ考え巡らせてみると、結果最善となるとこに向かっているのかな~と思えました。
 
 
上記、あくまで、私なりのリーディングであること、ご了承願います。
 
 
 
2017/03/19 追記)
 
日本語翻訳付のドリーンによる動画がアップされていることコメントより教えて頂きました。
 
2018/02月に今後についてドリーンが動画アップ
日本語翻訳付のものが、2018/3/17 にアップ
 
こちらの動画によると
 
 
神は全宇宙で、空でもあり、 地球でもあり、 星でもあると認識していた
 
改めて聖書を全て読み直すことで、イエスこそが神であり、それ以外の神的なものとして「魔」もあり、惑わされることがあるということ、はっきりわかるようになった
 
天使、神などについて、ドリーンが「魔」的な物が成り代わって振る舞いうる、というこおとを、認めておらず、アセンデッドマスターについては、いわゆる「魔」の介入を、当時そうと判らず受け取ってしまった
 
アセンデッドマスターの本とカードは全面廃止となるように、交渉中
 
今後エンジェルカードは使わない
 
ドリーン自体がカード中毒となってしまっていると受け取った
 
天使も、神の伝言を伝える者、としての天使は受け取るのは良いが、上述のように惑わすために、成り代わりであらわれる天使もある。
 
ヘイハウスから出ている、共同執筆のカードについて、外箱、ガイドブックからドリーンのクレジットが外され、作り直される
 
他国分は、交渉中
 
既に入手済みのエンジェルカードについて
 
各自が各カード個別にについて聖霊に祈ることで、各自にあった取り扱いが示される
 
ヘイハウス以外の、外国語出版社
販売権を売った外国語出版社のものはコントロールできない

ニューエイジのものを取り去るように交渉中
 
過去の資格は有効と信じる
だがアップグレードを推奨
 
天使は、神の伝言を伝えるもの
であれば、直接神に祈るのが近道
 
翻訳版ビデオで、詳細は割愛されていますが、ハワイの牧場は手放し、US本土に引っ越しされたそう
 
クリスタル等々
神の被造物であり、愛でるものではあるが
偶像的に崇めたり、癒しを求めたり、啓示を求めるものでは無い
 
癒しや啓示は、神に直接祈るのが良い
 
ビデオテープ、CD、DVD,動画配信とアップグレードが進むように、
祈りもアップグレードが行われることが望ましく、委ねる
 
2017年クリスマス直前、出版社であるヘイハウスとドリーンの方針が合わなくなった

2018/02現在 ヘイハウスと別離のプロセスを踏んでいる
 
他にもありましたが、上記のようなこと語らえていました
 
 
キリストこそが救いの主
唯一の回帰先
 
それ以外は、魔が介入していることがありうる。
このため、神に祈るのが、よりダイレクトで近道
 
ビデオテープ、CD、DVD,動画配信とアップグレードが進むように、
祈りもアップグレードが行われることが望ましく、委ねる
という方向にいかれ、今迄出されたものも、それに準じるようにしていくようです。
 
 
 
 
 
この世って、光と闇両方あってこそ
光だけだと、おそらく幅が少なく、物事の作用が乏しくなる
それで、違った面、違った性質備えたものがあると思うんですよね
 
陰極まれば陽となる。陽極まれば陰となる。
なんてのもあります。
 
間違いが出来ることで、その後、それを改めることで、より効率が良くなるなど
 
 
 
また、神を外に求めない
自らの内に、実は内在し、繋がっている
外に求めず、自らの内に入って行きましょう
という辺りも、最近見かけます
 
 
これだと、誰でも、何でもが神の部分としてのあらわれ
また、それは、光の側、闇の側としても顕れ得る
 
 
 
カードから直接答えを貰おうとするのでなく、光の側、闇の側、どんな顕れ、鏡として出て来ているのか?
 
気持ち、思い、迷いなど、上手く見て取るのに優れた、検討用の材料や鏡として、上手に活用していきたいですね。
 
 
 
 
 
 
 
あなたの宇宙に、癒しと気づき、直感の光り豊かさとなって繋がりますように~
(魂の甦りエネルギー封入しています)
お越しいただき、ありがとうございます。ポチポチ感謝で~す♪
晴れかたつむり
 

julaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス