白石美帆(1978年) | P.S.元気です、 jukucho
2007-08-08 11:19:44

白石美帆(1978年)

テーマ:今日が誕生日の有名人

白石美帆

タレント女優である。この他にスポーツキャスターもこなす。茨城県那珂郡大宮町(現:常陸大宮市)出身。土浦短期大学(現・つくば国際短期大学)家政科を卒業しており、栄養士の資格を持っている。JVCエンタテインメント・ネットワークス所属。

短大生の時に東京都内でスカウトされ事務所と契約。デビューとなった、三井ゆりの後任となる「スーパーサッカー」アシスタントのオーディションでは、サッカーのルールを猛勉強して見事に合格。受験者の中でオフサイドのルールを正確に回答できたのが決め手になったとも言われているが、後日、出演した「徹子の部屋」で、実技試験でなぜかバドミントンをさせられ、その様子がプロデューサーに印象に残ったのでは?と自己分析していた。また両親ともスポーツをしていた家庭に生まれ、自身も高校3年時に軟式テニスのダブルスで茨城県大会準優勝の経験を持つ。

タレントの他に女優、スポーツキャスターを務めるなど活動範囲が幅広い。また、写真集ではグラビアアイドルとして水着などを披露し、タレント、女優、スポーツキャスターとは違った一面を見せている。

スーパーサッカーでは進行役を担当。よく噛む事から共演の加藤浩次水沼貴史から突っ込みを受けていたが、番組の花として、また実際に取材もこなせる記者として、番組スタッフや視聴者から強く支持されていた。他の女性芸能人に比べて、ルールなどサッカーの知識があるのは間違いないが、Jリーグ以外の選手(欧州など海外)の知識はそれほどでもないようである。しかし、今のサッカー界、芸能界の両方で「仕事に真剣に取り組むタレント」として貴重な存在である。自身のホームページで2006年12月23日の放送をもって番組卒業(降板)を発表した。加藤はスーパーサッカー内で白石卒業の際に「中継の時にサッカーのスコアを付けていた」と語っている。

ドラマでは、「電車男」の陣釜美鈴役で、主演の山田剛司(出演は伊藤淳史)を苛める凶暴なOLを演じ、第46回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で最優秀助演女優賞を受賞する。「電車男」では、毎回白石が扮するOLの陣釜が電車男こと山田の頭を叩くシーンがあったが、当初の台本にはこのシーンはなく、白石の発案で頭を叩く事になった。

島田紳助と共演の際に、フリートークの際に必ずといっていいほど「性格に裏がある」「見た目は純粋だけど純粋でない」「腹黒い女」とよく言われていた。2000年春の「オールスター感謝祭」(TBS)ではチャンピオンに輝いた。

また、ナインティナインのオールナイトニッポンでは、TBS専属タレントというキャラクターである。実際「ワンダフル」「Pooh!」に出演していた2002年春から2004年秋までは、金曜日を除いて毎晩TBSの番組に出演していた。それに、「関口宏の東京フレンドパークII」(放送日失念)に出演した際、白石宛のファンレターが誤ってTBSのアナウンス部に届くことがあったと語っていた。MCとしては確かにTBSでの仕事が多いが、ドラマ出演としてはフジテレビ系を中心に活動している。しかしながら、2006年12月末で「スーパーサッカー」を卒業したため、TBSでのレギュラー出演は一旦無くなった。今後は女優業に重きを置き、NHKの番組に「どんど晴れ」で初登場し、またTBSでも2007年夏季ドラマ「地獄の沙汰もヨメ次第」にレギュラー出演で復帰した。

2007年1月、経済産業省から情報セキュリティ対策の重要性を訴える「CHECK PC!」と銘打ったキャンペーンの情報セキュリティ広報大使に起用された。


以上、Wikpediaより。

他には、ダスティン・ホフマン(俳優)、押井守(映画監督)、池畑慎之介(歌手、俳優)、篠原恵美(声優)、深見梨加(声優)、東野幸治(タレント)、田中誠(磐田)、猫ひろし(タレント)、飯田圭織(元モー娘。)。

jukuchoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス