グッチー 受験アドバイザー
  • 19Mar
    • 独学だろうが、予備校だろうが、そんなの関係ないって話

      みなさんこんにちは。グッチーです。今回は自己紹介を含めて、僕がどうやって有名国立大学と早稲田大学に受かったのかと、作ろうとしている受験コミュニティーとはどんなものなのかということを話していきたいと思います。まず、僕の中学生時代から話すと、ただの卓球少年でした。笑家が田舎だったこともあり、部活くらいしかやることがなかったんですね。勉強もかなりやっていたこともあり、その地域では優秀とされる高校に入ることができました。ただ、勉強にはついていけず、2年の初めに部活をやめなければなりませんでした。部活のメンバーには、勉強をやりたいからといってやめたので、塾にも真面目にいって勉強していましたが、全く成績は伸びませんでした。友達には馬鹿にされ、親にも馬鹿にされとても辛かったです。当時の僕は何のために学校に行っているのかわからなかったし、授業もほとんど聞いていませんでした。聞いてもわからなかったしね。そんな感じで受験学年になり、本気で何とかせなあかんということで塾を探していると、何だか怪しげな塾を見つけました。笑授業は無しで、ひたすら参考書や問題集を進める。自己分析をめっちゃやらされてミスを減らしていく。そんな塾でした。それまでにも東進でビデオを見たり、少人数制の塾に通ってみたり、独学をしてみたり何をしてもダメだった僕はここしかないと思い、藁にもすがる思いで門を叩き、面談を済ませ入塾しました。結果はすぐに出てきて、半年後には国立医学部が射程圏内になっていました。ただ、途中で成績が落ちてきて、高3の学年末テストの数学では0点を取りました。笑センターは失敗し、国立医学部の入試でも面接で最低評価をくらい笑散々な結果になりました。そこで僕は思い知りました。いくら成績が良くても、受験マインドがしっかりしていなければ落ちるんだってことを。受験マインドは僕は勝手に作ったもので、受験をどう捉えるかという視点みたいなものだと思ってくれていいです。今までの僕は、金持ちになりたいとか、モテたいとか、そんな抽象度の低い次元でしか受験を捉えていませんでした。受験マインドができていなかったんですね。浪人してみて気づいたんですが、受験で成功する人って、頭がいい人でも、知識がある人でも、真面目な人でもないんです。受験マインドがしっかり身についている人なんです。結構受験生に多いのが、知識とか、ノウハウとかがあれば受かるんでしょって思ってる人です。マインドなんてどうでもいいでしょって思ってる人ですね。僕から言わせれば、それめちゃくちゃ遠回りですよってこと。僕の二の舞になるよってこと。マインドがしっかりしていると、ノウハウなんて自分で生み出せるし、合格までの最短ルートがわかるようになります。また、医者から直接聞いた話ですが、せっかく医学部に入ったもののモチベーションを保てずに医者になれずに終わってしまう人って結構多いんです。そういう人ってマインドができていないんです。医学部の試験には受かっても、そこで満足してしまって結局成長しない。もし仮に医者になれたとしても、使命感で動いている人とは大違いで成功しない。そんなことになるわけです。僕の場合には浪人して、試験直前にマインドの重要性に気づくことができて、なんとか大学に受かることができました。受験マインドを手に入れると、見えるものがだいぶ変わります。今まではこの方法で本当に成績上がるのかなあなんて思っていたのが、一気に視界がひらけて、クリアにゴールへの道のりが見えてくる感じです。僕は受験生全員にその肌感覚を掴んで欲しいし、テクニックと知識の大切さしか教えない今の受験業界を変えたい。だから受験コミュニティーを作ることにしました。メンバー全員が切磋琢磨して、結果を出しまくるめっちゃ熱い場。そんな場を作りたいんです。独学だろうが予備校に通っていようが関係ない。そのどちらとも違うオンライン上の場です。少人数制、ビデオ学習、個別指導、集団指導、医学部専門予備校、ほぼ全ての受験予備校の形を経験してきた僕の経験を全て生かして、受験生のみんなに還元したい。そう考えています。でも今の僕には受験生が何を求めているのか全くわからない。もっと受験生のことを知りたい。だからぜひ受験生のみんなと話をさせてください。アメーバのコメントでもいいし、ツイッターのdmでもいい。気軽に絡んできてもらえると泣いて喜びます。笑今回はこんなとこで。もっと深い内容を話しているオリジナルブログはツイッターから飛べます。グッチー 受験アドバイザー@juken_mindブログ開設しました。質の高い情報を発信していく予定なので是非読んでください。受験に対する意識というか、取り組み方が根本的に変わると思います。https://t.co/7PK3pENrIt0031年03月26日 12:05ttjapanblog.com

      8
      テーマ: