前述のノラちゃんたちの捕獲に失敗したわたしは
餌やりの今後について悩んでいた

職場を辞めるということは、
餌やりができなくなるということだった
会社の通り道に何気なくやってしまったので
こんなことになってしまったのだが

捕獲しようとゲージを毎週もってトライしてみたが

大失敗。

餌があるゲージの中に
猫は半身足をいれ、後ろ足はしっかり外にある。
逃げやすいようにか・・・

それでも全身いれたのでいまだ!
と入り口を閉めたとたん、
逃げられた。そのしなやかな体は
猫本来のものだった・・・

捨猫の救済にあたっている個人のサイトをもっている方(Hさん)にメールで相談
忙しいのに、丁寧にいろいろと教えてくれた。

うちに先住の猫がいることなどをふまえ、
野良猫は考えているよりたくましいこと、
自由を当たり前にして生きてきたのに
さあ、おうちですよと提供してあげても
それが幸せなのかどうかは疑問であること

実は私も同じことを考えていた

このままのほうがこのこたち(猫)にとっていいのかもと・・・

捕獲は断念し、餌やりは週末くるとして

不妊手術等などをするのであれば捕獲器をしかけてもいいのでは?
ということだった。
ゲージは絶対失敗するのでNGらしい(^^;)

来週末、Hさんが見に来てくれるということになった。
週末は猫の里親探しなどでお時間がないというのに、
申し訳ないことだった・・・

明日は、迷子の迷子のワンコの里親になれるかお見合いすることになった。
ためしに家にむかえるため東京までいってくる。
ひょんなことからこんなことになったのでした〆(^0^)

明日はハード(ゲイ) スケジュールだ。
お花のレッスン後、東京へいって、横浜で猫に餌やり
これって、ひとりボランティア状態?

犬だ、猫だと騒いでいる妻に・・・明日も車をだしてくれる夫がいちばん
かわいそうなのかもしれないね (爆)

パパ、ありがとざんす



AD

殺処分前日?の犬・猫の表情をとった写真家がいるらしい。
なんと、悪趣味なと思われるだろう。
わたしも、絶対できません。たぶん気絶してかえってくるか、そのセンターの鍵をぜーんぶあけて丸ごと犬・猫を放すなどメチャクチャなことをして帰ってきそう(^^;)

会社でおとなりに座っているモッピーが見に行くかもといってた。


http://www.setagaya-ac.or.jp/ldc/tadanoinu/

犬だって、明日殺されることがわかるので、へんな話、急に子作りをしたりするときいたことがある。でもその写真は・・・

犬全員の目に涙が光っている。そう、本当に涙を流すんだよ。


捨てられたこと、人間に虐待をうけた上、死ぬしかない運命の子たちがいることを、わかってほしい。目をそらさないでほしいということが、この写真家さんのねらいでは?と勝手に解釈してるのだが。

AD

先日、ネコにあったので持っていた餌を与えると・・・
おじさんが通りすがりに”よかったね、たくさん食べな”といってくれたのだ。

びーっくりして、駐車場まわりであげていることなど謝ると。。。
”ぼくもやっている”とのこと。
近所の人たちもやってるらしいともいっていた。

それでか・・・

以前、やっぱり通りすがりのオバチャンがわたしが餌やりをしていると

”よかったわね”とこちらも笑ってネコに話しかけていたのだ。

たぶん、わからないひとには、困るとかいわれちゃうのだろうと予想していたので、びっくりしたものだ。

近所のひとでも違う反応のかたはおられると思うが、その地域はネコが多いことと、行政がとりくんでいるということで、頭ごなしに怒る人も少なかったのだろう。


保護するのであれば、本当に捨て猫かどうか調べてほしいといわれた。外で飼っている場合もあるからだ。なるほど・・・。でもね、台風の日など車の下でかくれている子なんだよね。


ちなみに動物愛護の法律があって・・・
”動物は食事をする権利があるので、(猫などに)食べ物をあたえてはいけないというのは違法である”らしい。

ただ今後、わたしの行動も考えていかなくてはと思っている。
うちも庭に糞やいたづらなどの被害にあったこともあるので、迷惑な気持ちもわかる。

そうさせたのは人間だということ、人間が暮らしやすいだけの世界っておかしいということを、理解したほうがいいと思う。http://www.angele-jp.com/tensi/ten_tine.html

猫よけスプレーなどで自分の土地だけ排除するのは、違うんだよね。

あわせて捨てられた犬・猫が迷惑という対象として処分されるのではなくて、いまよりもっと改善された社会システムになるようわたしも努力したい。アメリカなどにあるシェルターができたらなと考えているひともいるし、がんばってくれているひとたちもたくさんいる。

こどもが動物にふれあうこともなく成長する世帯が増えていて、小動物からはじまる未成年の犯罪をふまえ、区が捨て猫との共生を考えなおしはじめているらしい。

犬はすぐに捕まえられちゃう(狂犬病もあるので)のだ。
全てを助けることはできないので矛盾や葛藤があるが、うちら家族は何もやらないよりこれから徐々に協力していこうと考えている・・・。


AD

neko

通勤途中に出会った猫。いわゆる野良ちゃん。
かわいそうで餌をやったりしていたけど、無責任だったかも。
2、3日あわないときもあるので、他でもごはんもらっているのかどうか??なぞ。
neko2

保護しようと思って夜、探したけど・・・会えなかった。
そうこうしているうちに、もっとヨレヨレの猫一家がいて・・・。
ど、どうする?うちはこれ以上むりだぞ。と考えつつ。
病気の猫と犬をかかえ、増やせても1匹だ。


むりに保護するのもよくないらしい。けど餌をやる以上、ここに住居がないので、わたしは餌やりをやめるか、ひきとるかの選択しかないのだと思う。

週末は捕獲作戦開始かな・・・