ぬんとぅん 金澤朋子

テーマ:

いきなりのご報告ですみません。


我が家の大好きな大好きな飼い猫、ぬんとぅんこと猫太郎。


血栓症という病気で2日ほど前から急に後ろ足が動かなくなり、急いで父が病院へ連れて行きすぐに入院もしたのですが

今朝、天国へと旅立ってしまいました。


最初に様子がおかしいという話を聞いた時はまさかこんな風になるとは予想もしていなかったですし、、あまりにも急な展開にとても驚いています。


ぬんとぅんと最初に出会ったのは、私が10歳?くらいの小学生の頃。

ぬんとぅんはもともと捨て猫で、私がたまたま見つけて拾ったんです。


まだあの時は上手く鳴くことも出来なくて、身体も小さくてミルクも上手に飲めなくて、、

でもそんなぬんとぅんも立派すぎるくらい立派に大きくなり、12年ほどの長い間、私達家族に沢山の素敵な思い出をくれました。


最初にぬんとぅんを飼いたいと父にお願いした時、生き物を飼うのはそんなに簡単なことじゃないと反対されたのを今でもよく覚えています。

お金のこととか環境のこととか色んな話をされたけど、その中でも特に強く言っていたのが

「命あるものは必ずお別れの時が来る」ということ。


そんなことわかってるよ!と当然のように言い返してぬんとぅんとの生活が始まったけれど、、いざこうなってみるとあの時父が言っていたセリフが痛いほど胸に沁みます。


言っていることの意味はね勿論分かっていたけれど、こんなに悲しくて寂しい気持ちになるってことは知らなかったなぁ。分からなかったなぁ。。


ぬんとぅんにもう会えなくなるのかと思うとすごくすごく辛いです

でももしこうなってしまうことを分かっていてあの頃に戻ったとしても、私はまた絶対にぬんとぅんを飼う今と同じ道を選ぶと思うんですよね。


それだけ、ぬんとぅんが私達に与えてくれたものは大きくて特別なものでした。


本当に、ありがとう。



ぬんとぅんは、

私達家族みんなやお友達、親戚、そしてありがたいことにJuice=Juice Familyの皆さんにも沢山沢山愛して頂いて

とても幸せだったと思います。


皆さん、本当に本当にありがとうございました。



たとえ直接会えなくても
想う気持ちは変わらないし

これからもずっと、
私の1番大好きな猫はぬんとぅんだから

一生ぬんとぅんのことは忘れないです。



皆さんもどうかぬんとぅんのこと、ちょっとだけでもいいから!ずっと覚えていてくださいな。



ぬんとぅん。

本当に本当に
今までありがとう!!!


お疲れ様。
天国でゆっくり休んでね。



AD

リブログ(12)

リブログ一覧を見る

コメント(407)