既婚彼との復縁を望んで電話占いにドップリはまっている頃、
霊能者系の占い師に前世鑑定をしてもらったことがある。
今、振り返ると、私かなり病んでたんだなーと思う。


だって、前世だ、カルマだ、トラウマだー、で現実問題は解決できないよ。
今なら解る、そんな当たり前のことが解らなかったんだなー。
いや、何となく解ってはいたんだけど藁をもすがる思いだったんだ、きっと。

でも、この前世鑑定、エンタメとしてはかなり楽しめる。
時代設定や性別、年代、職業…、そして、外せないのが死んだ理由。


病死、自死、他殺。


もれなく悲劇的な最期を遂げています。
 

 

思い残す事なく往生していたら、今生でのカルマがないのでしょうよ。
私の前世は、すべて若いうちの病死でした。
でも、前世鑑定で設定が一度もかぶったことがないのが、ある意味、不思議。

この前世の物語設定は、その占い師の「好み」ではないかなーと
今になって、冷静な分析をしてみた。


前にもちょっと書いたけど、占い好きが高じて、
自分でもすこし占いが出来るので、あまりに特徴的な話をされると
占い師のお誕生日教えてもらって、思考パターンを分析したりもする。


これが結構、占い師さんの占い結果と符号するんだよな…

私のなかでは、前世鑑定において、
すべてが視える占い師さんは、そうそう居るわけじゃないかもー
と、結論づけられました。

ただね、時々、納得せざるを得ないことを言われることがあります。
自分でも腑に落ちない自分の感覚を、前世からのカルマとして話された時、
すごくすごく納得したことがあります。

だからと言って、現実の私がどうって変わるもんではないけどね。

 

 

 

←ポチッとよろしくラブラブ
 人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ←こちらもポチッとよろしく音譜
にほんブログ村