はじめて電話占いを利用したのは、もう15年も前のこと。

今はネットから電話占いを簡単に利用出来るけど、

当時は、占い雑誌とかの広告を見て申込むのが主流だった。

 

初めて使った店は、どこだったかな...。

忘れちゃったけど、占い師さんは、かなり年配の女性だった。

悩みの内容は、別れてしまった彼との復縁。

彼は既婚者で婚外恋愛だったので、占いや相談と言うよりも、

別れてしまって良かったんだよ...と言う話ばかりだった。

 

その占い師さんに満足出来なかった私は他の占い師さんへ...

彼が既婚者だからダメと説教をする占い師さんばかりじゃなかったし、

私の面白くもない話を長時間、親身になって聞いてくれる占い師さんもいた。

 

説教をしない占い師さんの殆どは、「大丈夫、ちゃんと復縁出来るよ」

と言う占い結果を出してくれて、私は一時は安心できた。

 

でも、嬉しい結果を聞けたとしても、目の前にあるのは、

 

何も変わらない現実

 

別れた彼からは、メールの返事すら来ない状態だった。

結局、「嬉しい鑑定結果」の効力は、長くて3日。

夜が来ると不安に襲われ、まったく眠れない...。

 

そうして私の精神は、少しずつ壊れ、

占い師さんから占い師さんへ、立派な占いジプシーになりました。

 

 

 

←ポチッとよろしくラブラブ
 人気ブログランキング

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ←こちらもポチッとよろしく音譜
にほんブログ村