Daraja -from Kenya-

✡皆様のHappyのスパイスになるよう祈りを込めて✡

Handmade African goods...
Kenyaのママ達から布を買い、日本で沢山の人達にAfricaの素晴らしい顔をしっていただき、Africa市場の活性化を小さくとも少しずつ広げたい。そんな気持ちではじめました。


テーマ:
行ってきました!大好き「みんぱく」!!
4月に行くつもりにしていたのに、もう6月!終わってまうやん!っていうことで。
実は、当初より展示物が少し増えたんだよ~と教えてもらい、ラッキー!

 

いや~見応えかなりありました!みんぱく行くと、常設展にしろ、期間限定の展示にしろ、全身・全心で見て感じるから疲れるの~。それだけ色んなパワーがあるのです。

 

で、ビーズ展でやたらとアンテナがピンピン反応するのが、、、呪術に使われるもの。

「ここらへん、そういうパワーの匂いするよな~」と一緒に行った友人と言っていたら、解説にはやっぱり呪術の字。

そう、ケニアやタンザニアにはまだそういった文化があり、実際触れたり見たりすることがある2人なので、なんとなくアンテナがキャッチするようです。

 

ちなみに、Aliさんのドゥルマ民族は太鼓で精霊と話をしたりします。イスラム教やキリスト教が浸透していても、やはり昔からの伝統宗教や文化は色濃く残り、受け継がれています。

 

私が村に滞在していた時。

 

肌の弱い私は、最強に肌荒れをしていました。じんましんのような、吹き出物のような。それを見かねたママやアリに勧められ、ハーバルの治療をしてくれるママのところへ。

ムガンガ(呪術医)なのかな?他の呼びかたがあったような。。。

 

治療方法は簡単!

ママに症状を伝え、しばらく私の様子を見ると、家の近くにある木や植物と交信?直感?で適切な材料を調達してきます。

葉っぱは、くしゃくしゃと揉んで、お風呂の時のバケツの水に浸して、それで体を洗う。

 

謎の粉は、ココナッツオイルに混ぜて患部にぬるものと、お水で毎食後飲むもの。

 

写真にはないけど、木の幹を煎じて毎朝一杯飲む。

 

これを1週間くらいつづけました。しかし、木の幹を煎じたものがもう、渋くてまずい。

毎朝Aliが朝ごはんのときに煎じてくれてたのですが、飲み忘れてたら怒られる。笑

 

伝統的なハーバルでの治療ですね。漢方の様な。なので即効性には欠けますが、じんわり効いてきます。

まぁ、しかし西洋医学に慣れている私は中々継続が難しい。

そして金額も決まっていないので、投げ銭式で、自分の出来る範囲の金額で支払う。

 

これが、また苦手。だってお金ないことはないから、金額決めれないし。現地の人より安く支払うなんてできないしw

 

こういう駆け引きが嫌で、その後行かなくなりましたw

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。