北海道の旅 2018 ~札幌編~ | Ju Design 建築設計室 のこんなこと

Ju Design 建築設計室 のこんなこと

あったこと、考えている物事などなど綴ってます。

このところ色々とバタバタしてしまい

だいぶブログの更新ができていませんでしたが、

夏の終わりに北海道へ慰安旅行と言う名の家族旅行へ行ってきたので、

その内容を書きたいと思います。

 

9月の初旬に大きな台風21号が全国で猛威を振るいましたが、

タイミング良くその前日に帰ってくるような日程で行ってきました。

また、台風が来た直後に北海道は震度7を記録する地震が発生しましたが、

その影響を受けることも無かったのは幸いでした。

 

2泊3日で札幌で一泊して富良野に一泊することだけを決めて

あまり行先は決めずにと思っていたのですが、

悪い癖で詰め込みすぎてしまい結局余裕なく色々と廻ってきました。

その中で建築に関係のあるものを上げて行きたいと思います。

 

まずは札幌市街の外れにある

真駒内滝野霊園内の安藤忠雄さん設計の頭大仏殿へ行きました。

 

 

広大な霊園の中にモアイなどいくつものオブジェがあり異様なところでしたが、

その中で丘の中に大仏様の頭が見えます。

 

 

正面から見るとよりスケール感を感じますが、

一本の長い通路と直交するように水庭があります。

 

 

水庭は一度迂回することで心を切り替える意味があるそうです。

水庭を抜けるといよいよ大仏殿です。

 

 

折り重なったスラブが連続するトンネルは神秘的な間隔を受けました。

リーフレットによると体内的空間を表現しているそうです。

 

 

トンネルを抜けるといよいよ大仏様の下に辿りつきます。

下から見上げるとコンクリートの折れ曲がった壁に光が当たっていて、

まるで羽衣を纏っているような感覚を受けました。神秘的な空間です。

 

 

トンネルから見た写真ですが、何か辿りついた!という感覚が伝わらないかと思います。

すごく神秘的な雰囲気を感じる建築物でした。

これは建物なのか建造物なのかと疑問に思いましたが、

壁から持ち出して感知器がついていたので建物のようです。

 

 

水庭の迂回する両脇が建物になっているのですが、

片側は工事中の写真が並べられていて

構造もわかるので勉強になります。

 

 

ちなみにですが、

近くに滝のある大きな公園があるので余裕を持って行くといいかもしれません。

(日本の滝100選に選ばれている滝のようです。)

 

日程的には翌日になるのですが、

札幌市内にあるアントニン・レーモンド設計の聖ミカエル教会に行きました。

 

 

扉が閉まっていたので一応管理人の方に一声掛けましたが、

決まった時間内であれば自由に見学できるそうです。

 

 

構造が建物に現れたシンプルにかっこいい建物です。

レンガ造の壁に木造の小屋組みが載っています。

 

 

レンガ造といっても壁が非常に薄いのと

小屋組みを受けているところがコンクリートになっていたりするので、

コンクリートも構造の助けをしているのかなと感じました。

 

 

この教会はステンドグラスの代わりに、

デザインカットされた和紙がガラスに貼られていて他にない素朴な感じがするのと、

レンガの壁が少し角度を付けてスリットが設けてあり、

そこから入る自然光が温かい印象を与えてくれるように感じました。

 

 

外観を横から見ると軒が低く感じます。

雪の事を考慮されてのことだと思いますが、

これが建物を大げさに見せず落ち着いた雰囲気にしていて街にも溶け込んでいたように思います。

 

円山動物園などの別の施設に行っていたりしていたので

この教会を見学したのは夕方だったのですが、

暗くなるまでまだ時間がある!ということでモエレ沼公園へ行きました。

 

 

5、6年前にも一度訪れていたので

時間が無かったらやめようと思っていたのですが、

改めて行ってよかったなと感じる建物です。

 

 

イサムノグチが監修した公園ですが、

ガラスのピラミッドはどうやって想像したのだろうと感心させられます。

 

 

居るだけでなんだか自分もオシャレになった感じがします(笑)

 

 

構造がダイナミックです。

柱や梁の役割をしていそうな少し構造が違いそうなところがあるのですが、

普通だとそれが出隅にありそうなのに違うところにあったりしていて、

どうなっているんだろうと不思議に思って見てました。

 

 

モエレ沼公園のショップで売られていた本を読んで知ったのですが、

公園を計画している最中にイサムノグチさんはこの世を去られているそうで、

その思想を受け継いでこの建物を作り上げた人たちはほんとにすごいなと感心させられます。

 

 

折角だからとそんなに高く見えない公園内の山を登ったのですが、

途中から斜面の角度が変わりめちゃめちゃきつかったです。。

こんなことをしていたら日が暮れてしまい、

富良野には暗くなってから向かうことになりました。。。

 

モエレ沼公園では花火大会が翌週にあると看板に書いてあったので、

地震の影響がなければいいなと思います。

 

おまけに建物ではありませんが、

円山動物園は日曜日でしたがあまり混んでいなくて

のんびり近くで色々な動物が見えるのでよかったです。

 

 

中でもシロクマは圧巻でした。

 

 

富良野編へつづく