今年もF1行ってきました。 | Ju Design 建築設計室 のこんなこと

Ju Design 建築設計室 のこんなこと

あったこと、考えている物事などなど綴ってます。

今回はまったく建築と関係ありません。。。

興味のない方へは全く響かない内容で結構長いですが、

少しでもお付き合い頂いて興味をもってもらえるとうれしいです。

 

このところ毎年F1日本GPを観戦しに鈴鹿へ行っているので、

どんな感じだろうと思う方に少しでも楽しさが伝わればと思います。

 

今年はいつもと違うことがあって8ヵ月の息子連れです。

 

実はF1は子供に対してサービス精神が旺盛で、

今年は子供の特権を利用できるとワクワクしていました(笑)

 

また今年から大きく変わったことがあって、

F1の経営権がアメリカのリバティ・メディア社へ変わりました。

今まではバーニーエクレストンが支配してきて高級路線、目線でしか見てこなかったF1へ、

アメリカのモータースポーツに対するエンターテイメント性が、

どう組み込まれていくかが見どころでもありました。

 

とは言っても鈴鹿は実はファンのマナーが良いこともあって、

もともと他の国ではやっていなかった全ドライバーが参加するサイン会など、

ファンとのふれあいを第一線でやってきていました。

その辺りがドライバーも日本が楽しいと高く評価している一因みたいです。

他の要因は当たり前ですが「神の手で作られたサーキット(byベッテル)」とまで言われるコースレイアウトです。

 

去年と違っているなと感じたのは、

ピットに近づく機会が多いなと感じたところでした。

土曜日の予選の後に前夜祭があるのですが、

今まではスタンドに座ってトークショーを聞く程度だったのですが、

予選直後のコース、ピットに入れてしまうことには驚きでした。

 

ちなみにですが今年から他の国ではエンターテイメント性を取り入れることと、

新たなファン作りをするために会場内で有名な歌手のライブを開いたりしているみたいです。

でもそういったエンターテイメントは正直ファンからするといらないように思うのですが、、、

日本ではそういったことはありませんでした(笑)

 

少し流れを説明しますと、

F1は木曜日にピットとマシンの組立があって、

金曜日にフリー走行が午前午後の2回あります。

そして土曜日の午前中にフリー走行の3回目があって、

午後から予選が始まります。

最後に日曜日の午後に決勝が行われます。

 

そうすると木曜日は行く必要ないと思われるかもしれませんがこの日が意外と重要です。

一番がチーム、ドライバーとファンの距離が近いんです。

 

何が行われるかと言うとコースウォークとピットウォークがあり、

ここで子供の特権のキッズウォークのイベントがあります。

マシンを組み立てているところを見ることができて、

エンジンに火を入れたり、ピット練習をしているところを目の前で見ることができます。

 

ここまで長い前置きです。

今年子供を連れて行って思ったのは子連れは大変;;

ピットウォークのような人が込み入るところへは連れて入れない。。。

キッズウォークがあるのに納得しました。

 

ということでいつもピットへまっしぐらだったのですが、

遅く行ってキッズウォークまで時間つぶしでコースウォーク。

 

 

子供用のグッズが少ないこともあって、

好きなドライバーの衣装を妻が手作りして参戦しました!

結構海外のカメラマンとかに写真を撮られたのですが、

どこかにアップされているのかな?(探しましたが見つかりません。。。)

なぜかベビーカーはルノーカラーです(笑)

 

 

このコースウォークは実際に走るところを歩けること以外に、

コースコンディションを確認するために歩いているドライバーに遭遇できたりします。

写真は次戦のアメリカGPからトロロッソからルノーに移籍することが決まった、

カルロスサインツJrです。(中央の帽子をかぶっている人)

ちなみに豆知識ですが、トロロッソはレッドブルのJrチームなのですが、

レッドブルをイタリア語で言うとトロロッソになります。(日本語だと赤い牛)

 

その後今年から初めて参加するキッズウォークへ。

 

 

人が少ないのでなんだか色々と距離が近いように感じました。

写真はF1専用セーフティーカーでメルセデスAMG GT でF1と一緒に世界を転戦しています。

コース上でF1マシンを先導しているとき遅いなと感じますが、

ものすごく高性能で普通の車に比べたら全然早い高級スポーツカーです。

 

 

組み上がって車検に向かうレッドブルのRB13。

33なのでマックス・フェルスタッペンのマシンです。

2・3年前から艶消し塗装が出てきたのですが、

色がはっきりしてキレイに見えます。

この艶消し塗装ウソかホントかわかりませんが空気をまとわりつける効果があって、

空力的にも有効とか。(旧ベネトンのエンジニア津川さん談)

 

 

キッズウォークでは地元の小学生が招待されていて、

特別にガレージまで入って交流しているのでうらやましいです。

いつもあまり笑わないバルテリ・ボッタスも子供に囲まれて笑顔でした。

 

ずっとフェラーリの前で誰か出てこないか待っていたところ、

コース確認から戻ってきたセバスチャン・ベッテルが来たのですがサインもらえず。。

そのかわりではないですが隣のピットでフォースインディアのエステバン・オコンが、

サインしまくっていたので紛れてもらってきました。

 

木曜日の目的はこのピットウォーク以外に、ドライバーサイン会があります。

入場の時に番号のついたポストカードをもらえるのですがそれで抽選が行われます。

過去木曜日に行き始めて2回連続で当たったのですがそれ以来全く当たらない。。

(木曜日の来場者は5000人前後だと思うので1/5くらいの確率です。)

 

 

サイン会では各ドライバーがインタビューを受けるので外れてもスタンドから眺めています。

次はどのチームが現れるかで結構盛り上がります。

そしてスタンドからサインがもらえる人を羨ましそうに眺めています。

引退する前までにはキミ・ライコネンのサインが欲しい。。。

ちなみにライコネンはフィンランドではライッコネンって言わないと注意されます(体験談)

 

 

手前は最近いろんなドライバーから煙たがられているケビン・マグヌッセン。

後ろのヒョロ長いロマン・グロージャンとはコース上ですれ違って話しかけたのですが、

サインもらえずハローとだけ言われて通り過ぎて行ってしまいました。。

ちなみにこの二人が所属するハースはアメリカのチームでまだ参戦2年目です。

ロマン・グロージャンがルノーの前進チームから引き抜かれる時に、

その時担当チーフエンジニアで絶対的に信頼していた小松礼雄さんを一緒に連れて行き、

小松さんがハースのレースエンジニア(エンジニアのトップ)になっているので、

このチームは日本人ファンが結構多いです。

小松さんとは会場内で偶然遭遇したのでサインもらうことができました。

 

木曜日はこんな感じで各ドライバーの意気込みやファンサービスを感じられるので楽しいです。

また、サイン会の抽選から漏れてしまっても運がいいと、

係りの人たちが制止されながらもドライバーがスタンドに上ってきてサインをくれることがよくあります。

今年はルイス・ハミルトン、フェルナンド・アロンソ、ストフェル・バンドーン。

ファンの間では当然なのですがアイスマンと呼ばれるライコネンはそんなことしてくれません。

 

 

金曜日は天気が雨だったので子供も連れていることもあって断念しました。

そしたら妻が熱を出すというミラクル。行かなくてよかった。。。

妻の体調の悪さは土曜日の朝まで少し残っていたので、

この日から参戦する友人夫婦と朝から行く約束を先に行っててもらい、

午前中のフリー走行をパスして午後からの予選に向けて出発しました。

そしたら妻の体調も回復してくれたのでよかったです。

 

今年の席はA1席。

メインスタンド横のピット出口で1コーナーまで加速していくところが見えるところ。

のアウトレット席を購入しました。(アウトレット席は見えにくい席で半額です。)

 

 

アウトレット席なので最前列。フェンスが邪魔ですが迫力あります。

コース上で一番スピードが出るところでもあるのでレース中は一瞬です。

写真を撮ることは諦めました。

 

予選は3段階で行われて時間内に各々タイムアタックを行って、

20台→15台→10台と最後トップ10争いをします。

 

 

電光掲示板に頭3文字が表示されます。

これは純粋に予選後の順位で、

実際にスタートするときはギアボックスを交換したりした場合の

グリッド降格ペナルティーなどで変わっています。

応援するライコネンはフリー走行3でクラッシュした影響で

予選の準備がうまく行かず6番手、しかもギアボックスを交換して5グリット降格。

他にもペナルティーを受けた選手がいるので10番手スタート。

残念。。。

 

予選後は今年から初開催のキッズピットウォークがありました。

予選は16時半まで行われているのでこのころは夕暮れ時です。

 

 

予選トップで12年ぶりにコースレコードを2秒ほど更新した、

メルセデスAMGのルイス・ハミルトンのマシンが間近で見れました。

今年からレギュレーション(マシンのルール)が変わって、

去年よりも各サーキットで2~3秒早くなると言われていたので、

レコードタイムがでることはわかっていたのですが、

2位以下を0.5秒突き放す圧巻の走りでした。

 

 

レッドブルのマシンは暗くなってくると赤が蛍光色のように鮮やかに見えます。

ドライバーは裏でメディア対応などをしているので出てくることはありませんでしたので、

息子の思いで作りに専念しました。

 

 

フェラーリのチームクルーが座っていたので抱っこしてもらいました(笑)

 

 

ピットには各チーム「ここだよ!」っていう目印がついていました。

これはルノーの看板。応援しているのはフェラーリですが、

ルノーユーザーなのとベビーカーも同じ色なので記念撮影しました。

 

このあと友人夫婦と一緒にコースウォークをして楽しみました。

グリッドで記念撮影したりお祭り気分です。

 

 

そして決勝当日。

今年は木曜日から土曜日までは天気が愚図ついていて涼しかったのですが、

日曜日は晴天で夏が戻ってきたような暑さになりました。

するとスタートして少しすると息子が暑さとお腹が空いたみたいで泣き出してしまい、

妻がごはんをあげたりしに席を外して行き、

戻ってきたときにはレースが終わっているというデビューイヤーになってしまいました(苦笑)

 

 

悲惨なことにフェラーリのセバスチャン・ベッテルは、

スタート直前に発覚したエンジントラブルで早々にリタイアするという結果に。

ライコネンは1周目にスプーンコーナーで強引に行こうとして、

コースオフしてジャンプアップできませんでしたが、

その後中段グループのマシンを追い抜いて5位フィニッシュ。

フェラーリはシンガポールは互いにスタート直後でクラッシュ。

マレーシアではエンジントラブルでライコネンは決勝スタートできず。

ベッテルは決勝で巻き返しをしましたが予選が走れず、

アジアシリーズで不甲斐ない結果に終わってしまいました。

エンジン担当者はかなり肩身の狭い状況になっているのでは。。。

 

レースが終わると最後にコースウォークがあり、

レース直後のコースを歩くことができます。

 

 

レースが終わった後のコースはタイヤのカスやタイヤ跡などをみて、

ここを通っていたんだなとしみじみと見ています。

このシケインは300km/hくらいのスピードから一気に減速するポイントで、

度胸試しの追い抜きが見れる面白いコーナーです。

 

 

中にはこんな跡も。

鈴鹿で一番コントロールを失い易いテグナーカーブに、

レース中にクラッシュしたザウバーのマーカス・エリクソンがコース外に向かうタイヤ跡。

 

 

今年は早めに帰ろうと思いながらも、

結局ギリギリまでピットウォークをしていました。

 

長くなりましたが、

最後まで読んで頂きありがとうございました。