ホールに解雇されるの巻き | マダオのパチスロ旅日記

マダオのパチスロ旅日記

ブログの説明を入力します。まじでだめな大人マダオのスロット旅日記


テーマ:
朝8時半に起床。8時40分からホールに並ぶ。開店前のホールは無職で賑わっている。開店とともに無双のしまへダッシュ。ニートどもの競争だ。朝の釘見は速さと正確さが要求される。一日の全てがここで決まると言っても過言ではない。一発で決めなければならない



無双のしまを次々と見ていく。ほんの少しのあけしめで1.2回転は変わってくるシビアな世界。光よりも速く精密機械よりも正確に。1台の無双の前で足が止まる。今日は君に決めた。



ここで無双を打つときの気持ちとスロエナする時の気持ちを比較しよう


無双で18.5以下ならスロエナでリセットくらうのと同じ気持ち

無双で18.5から19ならスロエナで絆の4スルー、凱旋の680を打つときと同じ気持ち


無双で19から19.5ならスロエナで絆5スルー、凱旋の750を打つときと同じ気持ち


無双で19.5から20ならスロエナで絆の6スルー、凱旋の800を打つときと同じ気持ち


無双で20以上なら絆の7スルー以上、凱旋の900以上を打つときと同じ気持ち


今日の君は俺を一体どんな気持ちにさせてくれるんだい?ドキドキしながら回していく


350回転ほど回したところでST当選。5000発ちょい出る。その後450回転ほど回したところでST当選。4万円使って810回転。回転率は20.25。



810回転ほどじゃまだ分からないがとりあえずは1日打ち切れそうだ。よっしゃっとガッツポーズして2回目のSTに挑む。ここはリン隊長に出玉を持ってきてもらおうと意気揚々と2回目のSTを開始した直後に事件は起きた。不意に後ろから声をかけられたのだ



お客様ここ数日打ってられますよね。ST中の変則打ちは禁止となっております。以後見つけたら出玉没収で当店の遊技をお断りします。


結構前のブログでも書いたがここのホールは以前無双の止め打ちで注意を受けたホール。それからなるべく気をつけるようにしていたのだが、ここ数日はまったく何も言われなかったし他の専業からもそんな話を聞いた事もなかった。無双2導入以来10日間ほどここのホールでほぼ毎日打っていた。がんがん止め打ちしながらね。てっきり容認されたと思っていた


ここに来て止め打ち注意。しかもここ数日と前々からしっかりと把握されてるご様子。俺はその時瞬時に悟った。あぁーホールから解雇されたのだなと



ホール、おいくそニートども。無双2導入で無双の客足が途絶える。そこでお前らの出番だ。無双の釘を開けて止め打ちも黙認してやるから朝から夜までひたすら回して無双の客つきの良さと出玉をアピールしろ



ニート、ひゃっはー無双の釘が開いてるぜ。朝から夜まで打ち倒してやる


ホール、おいくそニートども。無双2が落ち着いた。いつまでいやがる。もうお前らに用はない。さっさっと消えやがれ。解雇通告だ



ホールから解雇通告を出されてST中打ちっぱなし。無双の打ちっぱなしはまじでやばいね。130回転回したら上皿全部持っていかれるからね。


ST中なのにどんどん減っていく玉の図




どこかしらりんちゃんも悲しそうな図





STが終わって解雇通達を出された俺はしぶしぶとホールを後にする。


まあこれは仕方がない事なのだ。ニートが住み着いたらパチ屋は普通にパチンコを楽しもうとしてるお客さんに還元が出来ない。ホールの止め打ち注意もこの世界を保つ為に必要な事だと思う。そこでぐちぐち文句を言うのはニート3流な。


パチンコの世界で生きるニートなら10日間も打たせてくれてありがとうございましたとホールに頭を下げるのが流儀ってものである。


昨日の収支マイナス6千円、今日の収支プラス3万9千円、今月の収支プラス64万6千円

マダオさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント