遅ればせながら…

 

嵐!!

 

Global Album  of 2019 

 

受賞おめでとうございます(※≧▽≦※)!!

 

すごいことですよね。

 

「ARASHI are an iconic Japanese band 

that have built a huge and very dedicated fanbase across 

Asia throughout their twenty-year music career. We would like to 

congratulate the artists on winning this award which is testament to 

their incredibly strong catalogue and career longevity.」

 

そう、昨日今日、ぽっと出てきたグループ(笑)ではなくて

 

20年かけてアジアで、じわじわとキャリアを積み、ファンを魅了してきたグループ。

 

この受賞報道で、「ARASHIって何者?」って思った方々が曲を聞いてくれて

 

出回っている諸々を見てくれて、「嵐、いいじゃん!」ってなってくれたら最高ですよね。

 

いま私たちの日常に嵐があるように、これから嵐を知る人達の日常にも嵐があって

 

「幸せ~!いい曲~!〇〇君好き~!」って気持ちが世界に溢れたら、本当に素敵。

 

Re(mark)ableにあるように

 

♪じわりじわり進み行き ここ東京の中心から世界へ羽ばたく♪

 

こっからですよ♡

 

「世界中に嵐を巻き起こす」

 

その中の、小さな小さな風の1つになれたことも

 

母体の嵐の素敵さを知っていることも

 

誇らしく、嬉しく、自慢でもあります。

 

何度でも言うよ。

 

嵐に会えて良かった。

 

「嵐のファンで良かった」

 

改めまして、受賞、おめでとうございます!!

 

 

 

 

 

嬉しいことだったので、当時、公式のコメ欄を覗いた。

 

後悔した。

 

その感想(笑)。

 

好き、嫌い、やりたい、やりたくない、という個人の感情の前に。

 

物事には、「常識」というものがある。

 

例えば、結婚式に参列したときに、バージンロードを歩く花嫁に向かって

 

「〇〇ちゃん、おめでとう!でもそのドレス、違う色のほうがいいね!」

 

って言うのは、相当な非常識。

 

お祝いの場では、おめでとうの言葉だけ添えれば良い。

 

インスタ公式も同じ。

 

嵐からの晴れがましい報告には

 

おめでとう!とか、私も嬉しいよ!とか

 

そういう言葉だけを寄せるのが常識。

 

盾を持つのが誰か…

 

もう、綺麗な言葉を見つける気にもならないので、そのまま書きますが

 

嵐が頂いた賞なので、嵐のメンバーならば

 

誰が持ってもいいと思う。

 

が。

 

個人的には、中低より、中高のほうが

 

画として訴える力が強いと感じている。

※中低=真ん中に背の低い人を置いて左右にいくにつれて大きくなる並び方

中高は、その逆。

 

「嵐」としての知名度は世界ではまだ低いかもしれないけれど

(実際アンリーさんたちは「嵐なんて世界で知られていない!」って騒いでたし)

 

「花男=松本潤」というのは結構知られている

(実際「嵐って道明寺のいるグループだったんだ!」って書き込み結構見かけた。英語でだけど)

 

という真実からも、別に松本さんが真ん中で、って指示があっても私は納得できる。

(それは他4人を馬鹿にしていることにはならない)

 

嵐は、野球チームでも、サッカーチームでもないので

 

キャプテン(リーダー)を真ん中にするべき!って考えも違うと思う。

(そもそもプロスポーツのキャプテンはジャンケンで決めない)

 

…プロスポーツの世界でも、キャプテンが必ず真ん中で映るかっていうとそうでもないし。

 

真ん中にリーダーを置かないと、松本さんがリーダーだと思われる

 

世界の人が大野さんがリーダーだと分からない!という意見に関しては

 

「なぜ、リーダーだということを知ってもらう必要があるのか?」

 

という疑問しか出ない。

 

知ってもらうべきは、

嵐の楽曲と嵐の魅力だろう。

 

「大野智はアーティスト!他メンとは違う!」と言っている人たちが

 

突如「年功序列」という言葉を持ち出しているのには、失笑を禁じえなかった。

 

まあ、なんだって良いけれど

 

「誰を真ん中にすべき」なんていう個人的な考えを

 

おめでたい席に書き込んで、受賞の喜びに水をさすべきではない。

 

その行為は、最初に例に出したように、

 

バージンロードを歩く花嫁に向かって

 

「〇〇ちゃん、おめでとう!でもそのドレス、違う色のほうがいいね!」

 

って言い放っているのと同じくらい、非常識だと思う。

 

そもそも、「あんなアルバム」とか「早く智を解放しろ」とか

 

散々嵐がやってることに対して文句ばかり言っていたくせに

 

1位になった途端に「智を真ん中に!」って、どれだけ図々しいのか。

 

ごめんなさいね、言葉のオブラートが売り切れてしまっているので

 

感じたことを、そのまま書きました。

 

常識が違うので、言ったところで聞いてもらえないのはわかっているが

 

でも、どうしても言いたい。

 

TPOをわきまえよう。

 

あの賞は、「誰がいたから」とか「誰のおかげ」とかいう

 

誰かひとりの力で頂けたものではない。

 

嵐という5人組(勿論、関わるスタッフさんも全て)が、

 

地道にやってきたことが、多くの人の心に触れ、多くの人の心を掴んだ結果の受賞。

 

嵐というグループが受賞したものです。

 

だから、誰が持ったっていいし

 

あの写真は、どう見たって、5人で持ってる。

 

「ありがとう」って5人から聞こえてくる、素敵な写真じゃないか。