4月上旬より、住宅診断アプリ「診断上手NEXT」サービス開始 | ホームインスペクターズ協会ブログ 『ホームインスペクション通信』

ホームインスペクターズ協会ブログ 『ホームインスペクション通信』

日本ホームインスペクターズ協会のブログ ホームインスペクション現場の実例など


テーマ:

住宅診断アプリ「診断上手NEXT」4月上旬よりサービス開始のお知らせ

 

JSHI認定会員の方にご利用いただいております「診断上手」が、装いも新たに「診断上手NEXT」と名称を変更し、4月上旬よりサービスを開始いたします。

インターネット環境に繋がる環境であれば、PCでも携帯端末(スマートフォン・タブレット等)でもご利用いただけます。

利用料金は、データ管理料なども含め、JSHI会員であれば無料です。

製品の特長および利用条件等は、以下の通りです。

 

【利用対象者】

 会員種別  加入条件
 JSHI認定会員 実務登録者  JSHI公認 ホームインスペクター資格試験 合格者
 JSHI認定会員 実務未登録者   JSHI公認 ホームインスペクター資格試験 合格者
 JSHI一般会員 個人賛助会員

 以下の資格のいずれかを取得している方

(JSHI公認 ホームインスペクター資格試験 の合否は問わず)

 建築士(1級・2級・木造建築士)

 特定建物検査員 ・建築設備検査員・昇降機等検査員 

会員種別と会員特典に関する情報はこちら

 

【診断上手NEXTの特徴】

 画像-写真AC-M-PC・スマホ

 PCでも携帯端末でもネット環境があれば、どこでも調査書を作成!

 現場で調査書のフォームに入力していくだけ。直感操作で調査書が作成できます。

 既存の「診断上手」の操作画面を踏襲したインターフェースなので、旧システムをご利用の方にも操作しやすくなっています。

画像-診断上手NEXT-タッチパネル-190311

 JSHIの調査項目と既存住宅状況調査の調査項目もプリセット済み。

 住宅診断のJSHIの調査項目と、既存住宅状況調査の調査項目を網羅しており、診断項目が被るものは1ラインで登録完了。

 足りない情報を追記するだけで既存住宅状況調査の入力が完了します。調査項目は、現場に合わせてカスタマイズも可能です。

 画像-診断上手NEXT-タッチパネル2-190311   調査もれを防ぐ「チェック機能」つき

 調査が完了した項目には「完了マーク」を付けられる新機能を「診断上手NEXT」から搭載。

 現場での調査もれを防ぎます。

 

 データは、各会員のマイページに保存。セキュリティ対策も万全です!

 調査書のデータは、個人の「マイページ」内に保管され、閲覧・編集ができます。

 データが外部に利用されないよう、セキュリティ対策も施されています。

 

 よく使う「定型文」を登録できます

 よく使う「定型文」を登録できるので、現場で調査書を作成する際、入力の手間を軽減できます。

 定型文を呼び出し現場の状況をすばやく登録でき、とても便利に進化しました。

 

 利用者好みにカスタマイズできる「写真レイアウト枠」

 利用者の声を元に、現場で使い勝手がいい写真のレイアウトパターンを複数用意しました。

 写真を3分割に連射したものを掲載できる枠もあり、大きな写真を掲載できます。

   データは、各会員のマイページに保存。セキュリティ対策も万全です!

 調査書のデータは、個人の「マイページ」で閲覧・編集ができます。

 データが外部に利用されないよう、セキュリティ対策も施されており安心してご利用いただけます。

 

 自社のロゴを調査書に印字できるようになりました

 会社のロゴを調査書に印字したいという声にお応えし、「診断上手NEXT」では、自社ロゴを調査書に印字できるようになりました。

 

 調査件数に関係なく、利用料・データ管理費は不要です

 「診断上手NEXT」は、JSHI会員の会員専用のサービスとなっています。

 JSHI認定会員「実務登録者」「実務未登録者」および「個人賛助会員」の方は、利用料無料でご利用いただけます。

 加入条件は、上記「利用対象者」の表および「会員種別」のページにてご確認ください。