銀座の税理士

銀座の税理士

地域から業務の中から、最新の情報を発信していきます!

緊急事態宣言の影響緩和のための経済産業省「一時支援金」は、

申請期間は2021年5月31日(月)までになっていますが、

 

書類の提出期限の延長を、2週間程度ですがすることが出来ます。

 

以下に手続きをご紹介します。

Ⅰ 5月31日(月)までに、

①アカウント発行

  経済産業省の一時支援金のホームページの仮登録(申請ID発番)から、

  メールアドレスや電話番号を入力して、IDを取得します

②延長の申込みをします。

  マイページにログインして延長を希望する理由を入力します。

 

Ⅱ 2週間程度以内に、下記の(5)の登録確認機関の事前確認を受け、

  (4)の書類を提出することが必要です。

 

 

一時支援金の概要は以下の通りになります。

(1)給付対象

   ①緊急事態宣言の再発例に伴い、

     宣言地域における不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けていること。

   ②2021年1~3月のうち、2019年または2020年の同月と比べて、

     緊急事態宣言の影響により売上が50%以上減少している月(対象月)があること。

(2)給付額

   法人は、上限60万円・個人事業者は30万円

   (2019年又は2020年の1-3月の合計売上―2021年の対象月の売上×3カ月)  

(3)アカウントの申請

   アカウントの申請をする(一時支援金のサイトから申請IDを取得する。)。

(4)必要書類

   ・本人確認書類

   ・履歴事項全部証明書

   ・確定申告書(控)

   ・帳簿書類等

   ・取引を記録している通帳

   ・宣誓・同意書

(5)登録確認機関の事前確認を受ける

   (登録確認機関は、一時支援金登録確認機関で検索することが出来ます。)

 

 

 

2021年6月中下旬から、「月次支援金」の申請期間が始まります。

6月に入ってから、またご紹介をさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

明けましておめでとうございます

 

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

今年が、日本経済の飛躍の年になりますように・・

 

 

新型コロナ対策が重要な時期ー、

今はまだ我慢の時かもしれませんが、

頑張りたいと思います!