ダービーの見どころ | 競馬情報日本丸

競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:

ダービーの見どころ




ディープインパクト以来の"無敗のダービー馬"誕生なるか?
26日、東京競馬場で3歳馬7071頭の頂点を決めるダービー(G1、芝2400メートル)が
行われる。4戦4勝で皐月賞を制したサートゥルナーリア(角居)が、05年のディープインパクト以来、14年ぶり11頭目の無敗のダービー馬を目指す。NHKマイルCを制したアドマイヤマーズが離された4着に敗れたように、皐月賞上位3頭のレベルはかなり高い。
2着ヴェロックス(中内田)、3着ダノンキングリー(萩原)の逆襲にも注目だ。

サートゥルナーリアは、父が初年度からいきなり3冠牝馬アーモンドアイを出したロードカナロアで、母は世界でただ1頭、日米のオークスを制したシーザリオ。兄が菊花賞とジャパンCを圧勝したエピファネイア、デビュー2戦目でG1を勝ったリオンディーズという超良血。皐月賞は前半5F59秒1~後半5F59秒0の緩みない流れ。これを4角7番手から差し切ったのだから、着差以上の強さだったと言えるだろう。

ヴェロックスは若駒S→若葉Sとトライアルを連勝した後、本番でサートゥルナーリアと激しいたたき合いの末、頭差2着。どちらかというと晩成型だった父ジャスタウェイと異なり、いきなりG1で好走した。本格化するのはまだ先かもしれないが、現時点でも十分、勝ち負けできる器だ。

ダノンキングリーは、クラシックに直結する傾向が強い共同通信杯の勝ち馬。皐月賞は内枠があだとなった形だが、究極の上がり勝負だった共同通信杯と異なり、脚を使わされる展開でタイム差なしの3着まで迫った点は評価できる。臨戦過程を考慮すれば、この馬が逆転候補1番手と言ってもいいかもしれない。

皐月賞組以外に目を向けると、青葉賞を逃げ切ったリオンリオン(松永幹)が面白い。有力馬に差し馬が多いため、展開利が見込めそうだ。同レース2着のランフォザローゼス(藤沢和)は父キングカメハメハ、祖母エアグルーヴという良血馬。確実に追い込む末脚が武器で、ここまで4戦【1・3・0・0】と連を外したことがない。あとはNHKマイルCで脚を余した4着だったダノンチェイサー(池江)、ホープフルSではサートゥルナーリアの2着だったアドマイヤジャスタ(須貝)、11番人気という低評価を覆して京都新聞杯を制し、ダービー切符を手にしたレッドジェニアル(高橋忠)にも注意が必要だ。



ダービー調教採点

1位 サートゥルナーリア S


 栗東Cウッドで長め6ハロンから追われ、馬なりのままラスト11秒6と抜群の伸び


2位 ヴェロックス A

栗東Cウッドでゴール前、軽く促さされるだけでラスト11秒4。
ほれぼれする走りで前走以上の出来


3位 サトノルークス A
 栗東Cウッドで3頭併せ。スムーズな加速で2頭に最先着と好調そのもの



<ダービー>

過去10年のデータを参考にする。

★1番人気の過信は禁物 1番人気は3勝、2着1回と4連対のみ。
全幅の信頼は寄せられない。しかし、馬連での万馬券1回のみ。
12年以降の連対馬はすべて5番人気以内と上位人気同士で1、2着となる傾向にある。
1番人気は連対できずとも5番人気以上の馬が連対することは厳しいと考えていいだろう。

★前走皐月賞組が圧倒的有利 連対馬が出ているのは皐月賞、青葉賞、
京都新聞杯の3レース。20頭の連対馬中、実に16頭が皐月賞組だった。
京都新聞杯組、青葉賞組はそれぞれ2頭のみ。
やはり馬券の組み立ては、皐月賞組を中心視して間違いないだろう。

★内枠の馬が中心 最内の1枠が3勝、2着2回、3着1回と好成績。
その一方で15番枠以降は39頭いて、1勝、2着なし、
3着1回と大苦戦だ。昨年は17番枠からワグネリアンが優勝したが、
内枠の馬から馬券を組み立てるのが無難だろう。

★格言には従うべし! 「ダービー馬はダービー馬から」という格言があるが、
実に10年でダービー馬から7頭のダービー馬が誕生した。
今年の登録馬ではディープインパクト、キングカメハメハ、
オルフェーブル、タニノギムレット産駒には要注目だ。