NHKマイルCの見どころ | 競馬情報日本丸

競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します

NHKマイルCの見どころ




令和最初のG1に勝つのは牝馬?
5月5日、東京競馬場では3歳マイル王を決めるNHKマイルC(G1・芝16000メートル)
が行われる。令和最初のG1ということもあって、各方面から注目を集めそうだ。

主役候補1番手は、桜花賞馬グランアレグリア(牝、藤沢和)だろう。
前走の勝ちっぷりは、ニュースター誕生を実感させるのに十分なものだった。早めに馬群を抜け出して先頭に立ち、持ったままで最後の直線へ。
残り200メートルを過ぎてからは完全に独走状態となり、
昨年のアーモンドアイを上回るレースレコードで圧勝した。
今回は男馬相手となるが、昨年の朝日杯FSで小差の3着だっただけに不安はない。
ちなみに桜花賞馬がこのレースに参戦するのは、
2005年のラインクラフト以来2頭目で、その時は同馬が完勝している。

朝日杯FSでグランアレグリアを完封し、
最優秀2歳牡馬に輝いたアドマイヤマーズ(牡、友道)が立ちはだかる。
1800メートルの共同通信杯、2000メートルの皐月賞と勝ち切れなかったが、
それでも2着→4着と崩れなかったのは高いセンスの証明。
皐月賞からここを使うのは予定通りのローテーション。
「男の意地」を見せられるか。

この2強に続くのが、きさらぎ賞を制したダノンチェイサー(牡、池江)。
2000メートルの新馬戦こそ4着に敗れたが、
その後は1600~1800メートルを使われ3勝、2着1回。
折り合いさえつけば、ここでも上位争いは必至だ。

ファンタジスト(牡、梅田)の前走は、2000メートルの皐月賞。
さすがに距離が長すぎたようだが、
名手・武豊騎手とのコンビでマイルに戻れば当然、侮れない。
あとは未勝利勝ち直後にトライアルのニュージーランドTを逃げ切った
ワイドファラオ(牡、角居)、フィリーズレビューの勝ち馬で、
桜花賞でも6着に逃げ粘ったプールヴィル(牝、庄野)、
ファルコンSを差し切った末脚自慢のハッピーアワー(牡、武幸)、
11番人気でアーリントンCを逃げ切ったイベリス(牝、角田)など、
多彩な伏兵陣からも目が離せない。



NHKマイルC調教採点

1位 グランアレグリア S

美浦ウッドで障害未勝利馬を追走。馬なりのまま反応良く伸びて1馬身半先着。
またがったルメール騎手もフットワーク、
コンディションともに高く評価。
変則2冠へ万全の仕上がり









2位 グルーヴィット A
栗東坂路で古馬1600万に半馬身先着。
速いラップで脚色も最後まで衰えず好時計。
上昇一途

3位 ダノンチェイサー A
栗東Cウッドで古馬1000万を2馬身追走し1馬身先着。
馬なり伸びるとしまいもシャープ。
仕上がりは順調




<NHKマイルC>

過去10年のデータを参考にする。

★種牡馬 ディープインパクト産駒は最多タイの13頭出走し【2 2 1 8】。14年ミッキーアイル、18年ケイアイノーテックの優勝馬2頭を輩出しており、3着以内馬30頭に種牡馬別最多の5頭を送り込んでいる。他に複数頭の勝ち馬を送り出したのはクロフネ(15年クラリティスカイ、17年アエロリット)、ダイワメジャー(12年カレンブラックヒル、16年メジャーエンブレム)の2頭。

★ローテ ニュージーランドT組が最多の5勝で、【5 1 3 55】。64頭の参戦は次点の皐月賞組17頭の4倍弱の出走頭数。

勝率なら桜花賞組が優秀だ。13頭の参戦で2勝を挙げており、【2 0 0 11】の勝率15・4%は全体トップ。残りの3勝は皐月賞組、毎日杯組(出走10頭)アーリントンC組(出走8頭)が1勝ずつを分け合っている。

★前走上位馬 前走で上位に入った馬が好走傾向にある。

前走1着馬【3 3 1 37】

前走2着馬【1 4 0 19】

前走3着馬【2 0 2 14】

前走4着馬【1 1 0 9】

前走5着馬【2 0 1 10】

前走上位馬で最も連対率が高いのは前走2着馬の20・8%。最も単勝回収率が高いのは前走3着馬の246%だ。

★逃げ馬活躍 逃げ馬は【3 0 1 6】。逃げ切りの難しい東京マイルではあるが、12年カレンブラックヒル、14年ミッキーアイル、16年メジャーエンブレムが好スタートからそのまま押し切っている。