スプリングS  阪神大賞典  | 競馬情報日本丸

競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:

スプリングS 
芝1800m (右)




豪華メンバーが揃う弥生賞に比べると、
スプリングSは注目度が一段落ちる。
しかし、15年のキタサンブラック、2013年のロゴタイプ、
2011年のオルフェーヴル、
2009年のアンライバルドと、
過去10年の勝ち馬のうち4頭がクラシック馬になっている。
また、昨年は勝ったステルヴィオが秋にマイルCSを、
2着のエポカドーロが皐月賞を制した。

オルフェーヴルの快進撃はこのレースから始まったし、
キタサンブラックは5番人気の伏兵で当時はクラシック登録すらなかった。
それまで低評価に甘んじていた馬が、
スプリングSをきっかけに一線級に育っていく、
というケースがたびたび繰り返されてきた。



スプリングS調教採点
1位 ファンタジスト A
 栗東坂路で50秒1の好時計をマーク

2位 シークレットラン A
 力強さを増した走りを見せて併走馬に2馬身先着

3位 ディキシーナイト A
 馬なりのまま併走馬を3馬身追走からの併入と好気配


※過去10年のデータを参照する。11年は阪神開催。

★上位人気堅実 勝ち馬は全て5番人気以内から出ている。

1番人気【4・3・2・1】

2番人気【1・1・2・6】

3番人気【2・2・0・6】

4番人気【1・1・1・7】

5番人気【2・1・0・7】

上位人気になるほど、複勝率は上がる。1番人気は複勝率90%。崩れる可能性は低い。また、単勝回収率は127%、複勝率回収率120%。

★前走好走馬 前走の着順別成績では、前走1着馬が出走64頭で6勝と最多(勝率9・4%)。狙ってみたいのは前走3着馬。6頭が出走し、3勝と勝率50%をマークする。なお、勝ち馬10頭は全て前走で3着以内に入った馬から出ている。

★戦歴注目 1~3着以内馬30頭のうち24頭が2勝馬以上を挙げていた。1勝馬はやや割り引きか。また、キャリアは少ない方がいい。連対馬20頭中17頭(8勝)は3~5戦。6戦以上を経験していた馬は41頭が参戦したが、13年ロゴタイプの1着があるのみ。




阪神大賞典 
芝3000m (右)




春の天皇賞への最重要ステップレースという位置づけにある伝統の一戦。
しかし、古馬長距離路線自体が衰退傾向にあることにくわえて、
一昨年から大阪杯がGIに格上げされた影響もあり、
出走メンバーのレベルは低下基調にある。ただし、
昨年の勝ち馬レインボーラインが本番も連勝したように、
前哨戦としての重要度は不動だ。
注目の一戦であることに変わりはない。


阪神大賞典調教採点
1位 ステイインシアトル A
 身のこなしが素軽い。5頭併せのようになったが、余裕で抜け出した

2位 シャケトラ A 
 併走相手を大幅に追走し、直線でもパワフルに伸びて先着

3位 アドマイヤエイカン A
 追われてからの反応が力強く、ゴール前でグイと伸びる



※過去10年のデータを参照する。

★4歳馬重視 年齢別成績は以下の通り。

4歳馬【4・6・3・13】

5歳馬【3・3・4・14】

6歳馬【2・1・1・22】

7歳以上【1・0・2・32】

4歳馬は勝率15・4%、連対率38・5%、複勝率50・0%の3項目全てでトップ。成績は競走馬の年齢が若ければ若いほど良い。

★前走有馬記念組優勢 前走レース別成績を見ると、有馬記念組は外せない。該当馬は16頭が出走し【4・5・1・6】。17年1着サトノダイヤモンド、2着シュヴァルグランに続いて、18年も1着レインボーライン、2着サトノクロニクルによる前走有馬記念組のワンツー決着。次点は2勝でダイヤモンドS組(出走28頭)、日経新春杯組(同11頭)が続く。

★3月生まれ 生まれ月別成績では3月生まれが6勝でトップ。その中に13~15年ゴールドシップの3連覇も含まれているが、23頭の出走で【6・4・3・10】。勝率26・1%、連対率43・5%、複勝率56・5%と優秀だ。次点は4月生まれの2勝(出走28頭)。2月生まれ(同26頭)、1月生まれ(同6頭)が1勝ずつで続く。5月生まれは全体2位となる27頭が出走しながら、2着2回の未勝利。
 

JRA日本丸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ