京成杯(G3、芝2000メートル、14日=中山) | 競馬情報日本丸

競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:

京成杯(G3、芝2000メートル、14日=中山)

3日間開催となる今週は、春のG1戦線を占う重賞が行われる。
月曜恒例「データの神様」は、京成杯(G3、芝2000メートル、14日=中山)の
主役にカイザースクルーン(牡3、相沢)を抜てきした。





カイザースクルーンの巻き返しに期待



☆1週前コメント

カイザースクルーン(相沢師)
前走は内枠で出していかなきゃいけない厳しい競馬。馬は前走より良くなっている。2回続けて中山2000メートル。舞台は合う。

クリスタルバローズ(奥村武師)
いい感じ。ジュニアCも考えたが、切れる馬ではないので中山2000メートルの方が競馬はしやすい。

シークレットラン(田村師)
動きはいいと思います。前走もいい勝ち方。切れ味よりパワーだと思っていたので自信になった。

ダノンラスター(森助手)
前走後は在厩で調整。テンションの高さは年末にかけて解消されてきた。力が出せる仕上がり。

ラストドラフト(斉藤助手)
切れ味はお母さん譲り。距離は延びても大丈夫そう。器用さもある。

☆京成杯
1961年(昭36)に創設された3歳重賞。1回から38回までは1600メートルで行われたが、99年の39回から現行の2000メートルに。10年の勝ち馬エイシンフラッシュはその後ダービーを制した

JRA日本丸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス