東京大賞典 | 競馬情報日本丸

競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:

東京大賞典
◇12月29日(土)
◇大井競馬場
◇G1
◇ダート2000メートル
◇3歳上
◇出走16頭


見解

地力を信頼してゴールドドリームに◎。
昨年はフェブラリーS、チャンピオンズCと2つのG1を制し、
最優秀ダートホースに輝いた。今年はかしわ記念、
帝王賞と2つの統一G1を制するなど、
4戦すべてで連対を確保。新王者のルヴァンスレーヴ不在なら、
実績ある舞台で差し切りを決める。

同世代のケイティブレイブが対抗。大敗を喫した前走は、
10キロの馬体増が響いたか。
大井2000メートルはすべて統一G1で【1・3・1・0】の好成績。
自在に立ち回れる強みも生かして首位争いに加わる。
まとめて負かせば3歳馬のオメガパフューム。



◆各陣営の話

(1)マイネルリボーン(青柳騎手) 中日杯から間隔はないが元気いっぱい。相手は強いですが、力を出し切れるレースができれば。

(2)ケイティブレイブ(杉山師) 相変わらず動きはいい。前回は中京1800メートルの流れにうまく乗れなかった。大井はいいと思う。

(3)スーパーステション(角川師) 心身共に充実しており、今年初めの南関東2戦時とは別の馬になっている。道営記念で刻んだラップならここに入っても自分の競馬はできそう。

(4)モジアナフレイバー(福永師) 前走は斤量面で恵まれたこともあるが、経験を積んで馬自身が成長してくれていた。今回はチャレンジャーの立場。来年につながる走りができれば。

(5)オメガパフューム(安田翔師) 前走は外を回り、2コーナーから内にささる感じで、1度も手前を替えなかった。前回がいい状態。それと同じコンディションで送り出せるよう調整した。

(6)エイコーン(高島助手) 夏を境に、随分と成長している。適度に間隔を空けているし、いい状態。いきなりG1で、胸を借りる立場。どこまでやれるか楽しみ。

(7)サウンドトゥルー(佐藤裕師) 賢い馬で、自分で状態を上げていってくれる。イメージ通りに調整できた。切れ味を生かせる競馬ができれば。

(8)ヤマミダンス(中川雅師) 相手は強いですが、前走を勝った勢いでチャレンジするだけです。

(9)フレアリングダイヤ(市村師) 状態はすごくいい。前にいたときより背が伸びて大きくなったね。集中力も出たし、距離もいい。

(10)リーゼントロック(矢作師) 変わらず、順調にきている。距離は多少長いとは思うが、深いダートは魅力。

(11)クリソライト(音無師) 雰囲気は悪くない。だんだん良くなってきている。前走時、ジョッキーがこれなら次は走ると言っていた。大井の成績も悪くないし、距離は長い方がいいから。

(12)ワークアンドラブ(荒山師) 気が悪くて馬場を回らないからね。スムーズに走って欲しい。

(13)ゴールドドリーム(平田師) 

 

 

動きはいいし、回避の影響はまったくないと思う。去年のチャンピオンズCで距離が持つと分かったが、今年の帝王賞でそれを証明できた。ゲートを決めて流れに乗りたい。

(14)コスモプラシデス(秋吉師) 変わりないですよ。強気なことは言えないですね。

(15)グルームアイランド(渡辺和師) 前走が悪くないし、ばてない馬で、距離が延びるのもいい。ここはチャレンジだね。

(16)アポロケンタッキー(山内師) 最近はやめていて、走っていない。調教も動くし、返し馬まではいい。レースにいってひと息で、気持ちの問題かな。



 

JRA日本丸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス