朝日杯FS | 競馬情報日本丸

競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:

グランアレグリア史上初の牝馬Vか?



12月16日(日)、阪神競馬場で2歳チャンピオンを決める朝日杯FS(G1、芝1600メートル)が行われる。
最大の注目は、牝馬ながらこのレースを選択してきたグランアレグリア(藤沢和)。新馬戦(1600メートル)では、2歳新馬戦史上最速レコードとなる1分33秒6で快勝。続くサウジアラビアRCでは出遅れ、序盤は掛かりながら3馬身半差の快勝と、牡馬相手に圧倒的な強さを見せつけてきた。絶好調・ルメール騎手とのコンビで、史上初の牝馬Vに挑む。

デビューから3連勝中のアドマイヤマーズ(牡、友道)が、大きく立ちはだかる。前走デイリー杯2歳Sは、前半でハナに立つというまさかの展開になったが、直線で差し返す勝負根性を見せ快勝。ここでも当然、有力候補だ。

小倉2歳S、京王杯2歳Sを勝ち重賞2勝のファンタジスト(牡、梅田)は、初のマイルへの対応が鍵になりそうだが、鞍上はこのレースを勝てばG1完全制覇王手(残るは昨年新設のホープフルSのみ)となる名手・武豊騎手。加えて父ロードカナロアは距離への融通が利く事が実証済みだし、母父はディープインパクト。距離延長は問題ないだろう。

同じくロードカナロア産駒ケイデンスコール(牡、安田隆)は、新潟2歳S勝ち以来の実戦。放牧先でツメを傷め間隔が空いたが、その分しっかり乗り込めた。デビュー以来、3走すべてが上がり最速で、デビュー戦と前走は33秒1という強烈な末脚を持つ。父を育て上げた安田隆師が送り出すだけに、激走が期待できそうだ。

他にも函館2歳Sの覇者アスターペガサス(牡、中竹)、サウジアラビアRCで2着に食い込んだドゴール(牡、黒岩)、もみじSを逃げ切り無傷の2連勝を飾ったニホンピロヘンソン(牡、安達)など、個性豊かな伏兵陣がそろった。来年のクラシックを占う意味でも、目が離せない1戦になる。



朝日杯FS調教採点
1位 ケイデンスコール S
 追われてからの反応が素晴らしく、併走相手を一瞬に突き放す



2位 ファンタジスト A 
 追われてからの勢いがすごく、栗東坂路でラスト12秒1

3位 グランアレグリア A
 馬場が重いとあって時計は平凡だが、素軽く機敏な走り



<朝日杯FS>

過去10年のデータを参考にする。

★人気別 1番人気は4勝2着2回3着1回と堅実な成績を残している。一方で、4、5、6、7番人気もそれぞれ1勝ずつしており、人気薄でも侮れない。

★東西比較 関東馬が5勝2着6回3着4回、関西馬が5勝2着4回3着6回とほぼ互角の成績。今回出走を予定する厩舎で勝利経験があるのは、藤沢和厩舎のみで、【1・1・1・3】の成績を残している。

★前走成績 過去10年の勝ち馬はすべて前走で1着になった馬。前走で掲示板を外して3着以内に入ったのは、11年2着のマイネルロブスト(前走東スポ杯9着)のみ。前走好走している馬の信頼度が高そうだ。



 

JRA日本丸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス