ジャパンCの見どころ | 競馬情報日本丸

競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:

3冠牝馬か歴戦の古馬か

11月25日、東京では第38回ジャパンC(G1、芝2400m)が行われる。国内外のG1馬8頭を含む15頭が出走予定だが、何と言っても注目は3冠牝馬アーモンドアイ(牝3、国枝)だろう。3冠すべての勝ちっぷりが、1頭だけ別次元と言っていいほどの強さ。3歳牝馬のため53キロで出られる恩恵があるのも大きい。同じく3歳時にこのレースを制した3冠牝馬・ジェンティルドンナ以来のスーパーヒロインの誕生が期待できそうだ。

迎え撃つ古馬勢も黙ってはいない。まずは昨年の覇者シュヴァルグラン(牡6、友道)。東京コースは3戦2勝、3着1回で2400mも【4・1・2・1】と最も得意な条件だし、たたき2走目の上積みも大きそう。ただ昨年のこのレース以来、勝ち鞍がないのは気になるし、相性抜群のボウマン騎手が騎乗停止になったのも割引材料だ。

サトノダイヤモンド(牡5、池江)は前走・京都大賞典で約1年半ぶりの勝利を挙げた。まだまだ全盛期と比べたら物足りない部分はあるが、中間は徐々にこの馬らしさを取り戻している。現時点では打倒アーモンドの1番手と言っていいだろう。

スワーヴリチャード(牡4、庄野)は、1番人気の支持を集めた天皇賞・秋でまさかの10着。しかし大きく出遅れたのが敗因で、ほとんど走っていないためダメージも少なかった。M・デムーロ騎手もリベンジに燃えており、巻き返しは必至だ。

あとは天皇賞・秋で敢然とハナを奪い、3着に逃げ粘った昨年の菊花賞馬キセキ(牡4、中竹)、4度目のジャパンC参戦となる2年前の2着馬サウンズオブアース(牡7、藤岡)、そして初のG1舞台に立つ東京巧者ウインテンダネス(牡5、杉山)の走りにも注目だ。

なお今年、参戦する外国馬はアイリッシュダービー馬で凱旋門賞5着のカプリ(牡4、A・オブライエン=アイルランド)と、カナディアン国際2着のサンダリングブルー(セン5、ムニュイジエ=イギリス)の2頭。アルカセット(イギリス)が勝った05年以降は、日本馬が12連勝中だが、その記録をストップできるか。

JRA日本丸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス