マイルCS | 競馬情報日本丸

競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:

マイルCS
G1馬6頭! 最強マイラーが集結!
11月18日、京都で秋のマイル王を決めるマイルCS(G1、芝1600m)が行われる。
今春の安田記念を制したモズアスコット(牡4、矢作)、
ヴィクトリアMの勝ち馬ジュールポレール(牝5、西園)、
昨年の覇者ペルシアンナイト(牡4、池江)、
桜花賞馬レーヌミノル(牝4、本田)、
昨年のNHKマイルCの覇者アエロリット(牝4、菊沢)、
今年の同レースの勝ち馬ケイアイノーテック(牡3、平田)という
6頭のG1マイラーが集結。これに加えて
昨年の皐月賞馬アルアイン(牡4、池江)も参戦し、
非常に興味深いメンバー構成となった。

春の安田記念では1~6着を独占した4歳馬が、マイル路線では間違いなく最強世代と言えるだろう。中でも1着モズアスコットと、首差2着に踏ん張ったアエロリットが人気を集めそうだ。アスコットは秋初戦のスワンSで鼻差2着。10キロ増で休み明けの分、本来の切れ味が見られずじまい。それでも鼻差2着だから地力は証明した。たたき2走目で、大きく変わってくるはずだ。これに対してアエロは、強力な牡馬相手の毎日王冠を快勝。ともに万全の態勢で本番を迎える。

昨年の覇者ペルシアンナイトは、復帰戦の富士Sで大きな不利を受け5着。59キロも影響したようだ。M・デムーロ騎手を背に、巻き返してくるのは間違いない。そのペルシアンを破って重賞2勝目を挙げたのがロジクライ(牡5、須貝)。2年前に日刊スポーツ賞シンザン記念を制した素質馬が、2年近くのブランクを乗り越え、ようやくG1の舞台に立つ。

ミッキーグローリー(牡5、国枝)もロジクライ同様、3~4歳に1年5カ月の長いブランクがありながら、京成杯AHを制してここにたどり着いた。あとはスワンSでモズアスコットを下し重賞3勝目を挙げたロードクエスト(牡5、小島)、朝日杯FS2着馬で、毎日王冠でアエロリットに迫ったステルヴィオ(牡3、木村)にも注目だ。




マイルチャンピオンシップ調教採点
1位 ロジクライ S
 栗東坂路で馬なりでグイグイと伸びラスト12秒0。絶好調か

2位 レッドアヴァンセ S 
 調教駆けするミッキーロケットに楽々と2馬身先着。充実している

3位 アエロリット A
 美浦坂路をのびのびと素軽いフットワークで駆け上がる





<マイルCS>

過去10年のデータを参考にする。

★東西比較 関東馬が1勝2着3回3着2回に対し、
関西馬は9勝2着7回3着6回と圧倒しており、関西馬優勢の傾向が強い。

★人気別 1番人気は1勝2着3回3着2回で複勝率は60%だが、勝利数は少ない。
2番人気は1勝2着3回3着1回、3番人気は1勝2着2回3着0回。
上位人気の勝利数は少ない。一方、4番人気は4勝3着1回と勝利数が最も多い。
4番人気が狙い目か。

★年齢 8歳馬は5頭出走し09年カンパニーがV。
勝率は20%と高いが今年は該当馬なし。6、7歳は苦戦している。
4歳馬は3勝2着5回3着3回で勝率が9・1%と高い。
次いで5歳馬が4勝2着4回3着4回で勝率6・8%。
4歳・5歳馬に期待ができそうだ。
 

JRA日本丸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス