JBCクラシックの見どころ | 競馬情報日本丸

競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:

JBCクラシックの見どころ


■交流G1豪華3本立て!クラシックはケイティブレイブの先行力
11月4日(日)、京都競馬場でJBCクラシック(ダート1900メートル)、JBCスプリント(同1200メートル)、JBCレディスクラシック(同1800メートル)という交流G1の豪華3本立てが開催される。JBC競走は2001年に創設されて以来、地方競馬場の持ち回りで実施されてきたが、今回は初めてJRAの主催となる。

■メインレースのクラシックには、まさに世代を超えたダートの強者が勢ぞろい。もっとも人気を集めそうなのは、前走の日本テレビ盃を完勝し、重賞8勝目を挙げたケイティブレイブ(牡5、杉山)か。コース、展開を問わない先行力は、ここでも大きな武器になるだろう。オメガパフューム(牡3、安田翔)は古馬相手のシリウスSを勝って勢いに乗る。今年の3歳世代はレベルが高いといわれており、ここでその真価が問われそうだ。これに全く衰えを感じさせないサウンドトゥルー(セン8、高木登)、今年のフェブラリーSの覇者ノンコノユメ(セン6、加藤征)、京都で5勝を挙げている快足馬テイエムジンソク(牡6、木原)などが続く。



■スプリントは大混戦か。マテラスカイ(牡4、森)はドバイ遠征で5着と健闘、プロキオンSも制し一気に主役の座に躍り出たが、前走の東京盃4着で失速。そんな中、スプリンターズSからレッツゴードンキ(牝6、梅田)とセイウンコウセイ(牡5、上原)という芝のG1馬2頭が参戦してきた。ともにダートでも優秀な成績を残しており、その出方に注目が集まる。ここに東京盃を制した船橋の雄・キタサンミカヅキ(牡8、佐藤賢)、距離を詰めてきたG1馬モーニン(牡6、石坂)がどう絡むか。最も難解なレースと言えるだろう。



■ラストを飾るレディスクラシックは、芝ダート兼用のラビットラン(牝4、中竹)に注目だ。ローズS勝ち、秋華賞4着と芝でも実績を残すが、前走のブリーダーズCではプリンシアコメータ(牝5、矢野英)に4馬身差をつける圧勝。ここでも最有力だろう。ダートでの実績では、同厩舎のクイーンマンボ(牝4)の方が上だ。昨年は関東オークス→レディスプレリュードと連勝し、男馬相手の平安Sでも2着と激走した。ここ2戦が案外だが、当然まだ見限れない。前出のプリンシアも、ラビットに敗れた次戦のレディスプレリュードを制し、巻き返しに燃える。あとは交流重賞を3勝しているアンジュデジール(牝4、昆)にも注意が必要だ。

 

 

JRA日本丸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス