東京盃 | 競馬情報日本丸

競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:

東京盃
◇10月10日(水)
◇大井競馬場◇統一G2
◇ダート1200メートル
◇3歳上◇出走15頭


大井11R 目覚ましい成長を遂げているマテラスカイが本命だ。
冬場の連勝後にドバイ遠征を経験し、
その後は再び連勝。4馬身差で重賞を制した前走など、
レコードのおまけ付きだった。
ダート短距離界を担える器で、地方の馬場さえこなせば首位有望。
昨年の覇者キタサンミカヅキが強敵になる。
重賞連勝中と8歳の今でも地力は健在。
末脚発揮で前に迫る。

◆各陣営の話

(1)キャンドルグラス(川島正師) 
状態はいいが、相手がね。ただ右回りの方がスムーズだし、
たたいての上積みはある。自分の競馬ができれば。

(2)ゴーディー(佐藤友騎手) 
追い切りは自分が乗った中で一番良かった。
前回みたいに馬群でも我慢できたら、
それなりに格好はつけられるんじゃないかな。

(3)テーオーヘリオス(前原助手) 
体に若干余裕はあるけど、この馬としては歩様がいい。
距離、条件もいい。競馬の上手な馬なので。

(4)キタサンミカヅキ(佐藤賢師) 
ここ2戦を勝ったけど、あれぐらい走っていい馬だからね。
8歳にしては故障もないし、タフで疲労があまり残らない。
いい状態できてるので、勝ってJBCに行きたいね。

(5)マテラスカイ(日高助手) 
前走の内容からすれば、今のダート短距離ならトップクラス。
癖のない馬でどこの競馬場でも問題ない。

(6)エイシンバランサー(新子師) 
調教では長めを追ったが、前走と同じ時計で出来は良い。
心臓が強く、息は整っている。雨が気になるが、今回は理想の内枠に入った。

(7)ネロ(日高助手) 
間隔も詰まっており中間はさらっと。
前走は距離も長かった。大井のダートには実績がある。
状態は変わりない。

(8)エイシンヴァラー(新子師) 
調教では追い出してやめるところがあるが、調子は良くなっている。
器用な競馬が出来るし、スタートが良いので、
今回も前に行けたら。

(9)コスモプラシデス(秋吉師) 
状態は変わらずにきてるけど、このメンバーだからね。
少しでも前に食らいつきたい。

(10)サクセスエナジー(村田助手) 
ピリッとして良さが出てきた。どんどん力をつけ、
前走も頑張った。ここでも格好をつけてほしい。

(11)マイネルルークス(久保田師) 
相手が強いし、強調材料はないかな。無事に回ってきてくれれば。

(12)コパノリスボン(荒山師) 
状態はいい。大井1200メートルもいいけど、相手が強いね。

(13)サクラレグナム(田中守師) 
前日に大井入りしたが、輸送も順調。
相手は強いが、状態はいいので、見せ場を作って入着したい。

(14)グレイスフルリープ(橋口師) 
乗り込んできた。強い勝ち方をしているし、
ベストと言っていい条件。ひるまず、集中して走れる。

(15)タッチライフ(増田騎手) 
大外に入ってしまったけど、ある程度前々には行きたいですね。
 

JRA日本丸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス