<七夕賞><プロキオンS> | 競馬情報日本丸

競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:

七夕賞調教採点
1位 プラチナムバレット A
栗東Cウッドでビーチタイム(3歳未勝利)を4馬身追走して2馬身先着。
反応はシャープで、伸び脚も上々だった

2位 サーブルオール A
美浦ウッドで終始馬なりだったが、のびのびと素軽い動きを披露。
しまいの伸びも軽快だった

3位 マイネルサージュ A
美浦ウッドで7馬身前のレッドイグニス(古馬1000万)を追い掛け併入ゴール。
伸びのあるフットワークで好気配



<七夕賞>

 過去10年のデータを参考にする。

★1番人気は過信禁物 単勝1番人気は3勝、2着1回。
昨年は1番人気のゼーヴィントが勝ったが、実に4年ぶりの連対だった。
ハンデ戦らしく、決して人気通りにはならないレースだ。

★ハンデ頭は勝利なし ハンデ頭は13年トレイルブレイザーが58キロで2着、
16年ダコールが58キロで2着の2回連対があるだけで、
勝ちは1度もない。トップハンデが付いたなら、割引が必要だ。

★前走重賞組 前走でどこを使ったかはバラエティーに富んでいるが、
連対馬20頭中15頭が重賞(海外を含む)を使っているため、
前走重賞組が有利だ。結果は特に重視しなくも良く、
2桁着順でもここでの巻き返しが期待できる。





プロキオンS調教採点
1位 サクセスエナジー S
栗東坂路をまっすぐ駆け上がりラスト11秒8。好調維持

2位 ルグランフリソン A
馬場の悪い時間帯の坂路をパワフルに登坂。出来は上昇

3位 ウインムート A
荒れた馬場を苦にせず、力強く駆け上がった。今、充実している



<プロキオンS>

12年に阪神から中京(11年は京都開催)に変更になったが、
時期とダート1400メートルは変わらないため、
過去10年のデータを参考にする。

★上位人気有利 単勝1番人気は2勝2着3回の計5連対と微妙な数字。
ただ5番人気以内同士での1、2着は7回あるため、上位人気は無視できない。
特に中京開催になってからは6回中5回が5番人気以内のワンツー決着。

★前走着順は5着以内 連対馬20頭中、前走の着順が5着以内だった馬が18頭。
特に直近5年はすべて前走5着以内の馬が連対している。
大敗からの巻き返しは期待できない。

★6歳馬中心 4歳馬3勝、5歳馬2勝、6歳馬5勝と6歳馬がリード。
昨年もキングズガードが6歳で勝っている。
7歳以上は3着が4回あるが、連対は13年2着のセイクリムズンだけ。
ベテラン馬は割引が必要だ。

JRA日本丸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス