JRA情報6月06日エプソムC:追い切り | 競馬情報日本丸

競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:

エプソムC:追い切り

■ダイワキャグニー(牡4、菊沢)は美浦ウッドコースで単走追い。
前に菊沢師の乗る馬を置き、しまいは迫力ある伸びを見せた。
「5ハロン69秒1、しまい13秒0は平凡だけど、
雨が降り続いて大量の水を含んだ調教時間後半での時計だからね。
併せようかと思ったけれど、馬に気合が入っていたし、
めりはりをつけての追い切り」と菊沢師。前走では差す競馬を見せたし、
競馬の幅も広がった。重賞初勝利の可能性は十分。

■重賞初制覇を狙うグリュイエール(牡6、藤原英)は栗東坂路を単走追い。
52秒0、しまい12秒6。
走りやすい朝一番だったが不良馬場でこの時計は優秀。
福永騎手が乗ってしっかりと追われた。
前走は屈腱炎から2年1カ月ぶりの競馬で勝利。
中6週での2戦目になるが、「調教で反動は感じられんかった」と福永騎手。
屈腱炎の経験があるからこそ、1戦1戦が勝負。
藤原英師は「そういう意味で(オープン昇級後いきなり)重賞を選んだ。
無駄打ちはできん。絶対能力は高い。
馬も前回より今回の方がいい」と自信を見せた。

■重賞2着2回のサトノアーサー(牡4、池江)が抜群の気配だ。
 Cウッド4ハロン53秒5-11秒6。
躍動感あふれる走りでスプマンテ(古馬1000万)に
2馬身先着してS評価を得た。
池江師は「前回とはトモのけっぱりが全然違う。
もともとエンジンのかかりが遅くて、前走はトップギアに入りきらなかった。
そのへんが休み明けだったのかも。
明らかに上積みは大きい」と期待を寄せていた。

■2年ぶりのスマートオーディン(牡5、池江)が軽快な走りを見せた。
馬なりのまま坂路4ハロン53秒2-12秒1でサトノダイヤモンドに半馬身先着。
池江師は「強めに追うつもりが持ったままになったのがどう影響するかだけど、
全体時計は悪くないしラストの時計も出ている。
よくここまできたけど、かなり重い屈腱炎だったのでまだ余裕がある感じ」と
見解を示した。

■2連勝でオープン入りしたサーブルオール(牡5、萩原)は、
美浦ウッドコースで単走で追われた。
馬なりで5ハロン68秒6-12秒6の好時計。
萩原師は「前走後も順調にきている。
古馬になってオープンで競馬をするのは初めてなので胸を借りる立場だが、
馬体がしっかりとしてきたし、
東京のこの距離は悪くない条件」と期待をかけていた。

■7歳馬エアアンセム(牡、吉村)は坂路でステイキングダム
(古馬500万)を大きく追走し、2馬身先着。
 4ハロン54秒4-12秒6を計時した。
2戦連続コンビを組む藤岡佑騎手は
「いい馬です。前回も勝ちに等しい競馬をしている。
素質的にはどこかでという感じがする」と手応え十分だった。

 

JRA日本丸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。