競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:

桜花賞 
芝1600m 


昨年は単勝オッズ140円のソウルスターリングが3着に敗退。
一昨年も150円のメジャーエンブレムが4着に敗れ、
その前年も160円のルージュバックが9着に敗れている。
それ以前には、120円のハープスターやブエナビスタが勝っているように、
もちろん期待に応える人気馬もいるのだが、
少なくとも「桜花賞は圧倒的な人気を集める馬が登場しやすい」ということは
言えるだろう。皐月賞では人気が割れるケースが多い
(今年は例外だろうが)のとは対照的である。

あとになって振り返れば、人気を裏切った断然人気馬もそれぞれ不安材料を抱えていた。しかし、桜花賞の時点ではそれが表面化しておらず、
多くの予想家やファンによって「この馬は大丈夫」と
信頼されていたわけである。身も蓋もない表現になってしまうが
「この時期の3歳牝馬はやってみなければわからない」というのが真実だ。
近年の桜花賞の教訓を活かすならば、
堅い人気馬に思えてもその裏を探ってみる必要がある。



桜花賞調教採点

1位 ラッキーライラック S
迫力満点の動き。しっかり抑えが利き、反応も抜群だった


2位 レッドサクヤ A
体の前半分をしっかりと使って推進。見るからに俊敏


3位 リバティハイツ A

前半を抑えたといえ時計のかかる時間帯の坂路でラスト12秒0





<桜花賞>


 ※過去10年のデータを参考にする。

★1番人気は不安 1番人気は3勝2着1回3着1回と不安の残る成績。
14年ハープスター勝利後は、昨年のソウルスターリング3着が
最高と近況の活躍も乏しく、あまりあてにはならない。

★関東馬は苦戦 前項の1番人気は最近3年は関東馬で、
いずれも勝っていない。関東馬は2勝2着2回とかなり苦戦している。
関西馬は8勝2着8回。

★チューリップ賞組が有利 ステップレース別の成績を見ると、
チューリップ賞組が7勝2着4回と圧倒的に強い。
特に13年は5着までのすべてが前走チューリップ賞組。
15年も1~3着を独占している。
 

JRA日本丸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。