競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:

京都記念 
芝2200m



古馬中距離路線のトップホースの始動戦となるレース。
また、ドバイ国際競走へのステップレースとしての役割もあって、
昨年からGIとなった大阪杯の前哨戦にも位置づけられる。
毎年多くのスターホースが顔を揃えて豪華なメンバーになる。
昨年の上位5頭は次走GIに直行しており、
真冬の古馬重賞の中では別格の重要性を持つ。


京都記念調教採点


1位 レイデオロ A



 古馬らしい重厚感のあるフットワーク。成長を感じさせる


2位 クリンチャー A



 昨年よりもパワーアップ。調教駆けするようになった



3位 アルアイン A

 毎週のようにCウッドでラスト11秒台。さすがの能力



 <京都記念>

 過去10年のデータを参考にする。

★牡5が主力 1~3着馬30頭の性齢を分析すると、
牡5が12頭(5勝、2着1回、3着6回)で最多。
以下、牡4が7頭、牡6が6頭、牝4が2頭、牡9と牝6、牝7が各1頭で続く。

★前走G1組が活躍 優勝馬10頭の前走はG1が7頭、
G3が3頭、G2はなし。
1~3着馬30頭に広げてもG1が19頭と主力を形成。
G2が3頭、G3が7頭、準オープンが1頭で続く(海外G1も含む)。

★1番人気は過信禁物 1番人気は3勝、2着2回、3着1回だが、
連対した5頭はすべて08~12年のもので、
ここ5年では3着(17年マカヒキ)が1回のみと低迷している。
過信は禁物だ。ちなみに3番人気と6番人気も1番人気と同じく各3勝しており、
マークが必要。



*************
共同通信杯 
芝1800m 


ディーマジェスティ、リアルスティール、イスラボニータ、ゴールドシップと、
最近6年間の勝ち馬のうち4頭がGI馬へと育っている。
近年における重要度においては、
弥生賞などのトライアル競走に匹敵するものがある。
クラシックを占う上で見逃せない重要な一戦。




共同通信杯調教採点

1位 グレイル A

栗東ウッドで併走馬を追走し、末強めで2馬身半先着。
直線は軽く促した程度でラスト11秒7と鋭く反応した。


2位 ステイフーリッシュ A


栗東坂路を単走で4ハロン52秒4-12秒4を末強めでマーク。
しまい気合をつけると、弾むような脚さばきで好調アピール。



3位 サトノソルタス A
 美浦ウッドで併走馬を2馬身追走し、
直線は内に入って馬なりのまま併入。
力強い脚取りでラストは12秒8を計時した。




 <共同通信杯>

 過去10年のデータを参考にする。

★二ノ宮厩舎が活躍 厩舎別では二ノ宮厩舎が08年ショウナンアルバ、11年ナカヤマナイト、16年ディーマジェスティと3勝して他を圧倒。今年もエイムアンドエンドを出走させており要注意だ。ちなみに優勝馬の東西比較は関東馬の6勝に対して、関西馬は4勝。1~3着でも関東馬が16頭で、14頭の関西馬をリードしている。

★上位人気馬が活躍 優勝馬10頭の人気を見ると、3番人気が3勝でトップ。1、2、6番人気が各2勝、4番人気が1勝で続く。10頭中7頭が1~3番人気だから、無理筋の穴狙いは禁物か。

★前走馬券圏内が必須 優勝馬10頭中9頭が前走で馬券に絡んでいる(1着=4頭、2着=3頭、3着2頭)。残り1頭は16年ディーマジェスティで前走(ホープフルS)は出走取り消しも、その前の未勝利を快勝しており、まず前走で馬券圏内から外れている馬は狙えない。

JRA日本丸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。