朝日杯FS  | 競馬情報日本丸

競馬情報日本丸

競馬情報を掲載します


テーマ:


朝日杯FS 
芝1600m


小回りで器用さが必要な中山から、直線が長い阪神外回りへ。
2歳牡馬のチャンピオン決定戦・朝日杯が生まれ変わって4年目を迎える。
今年からはホープフルSがGIに昇格したこともあって、
伝統の2歳王者決定戦もその意味合いに変化が生じることになるだろう。
しかしながら、2歳マイルの頂上決戦として、変わらない部分も当然少なくない。






朝日杯FS調教採点


1位 ダノンスマッシュ S


先週にCウッドで猛時計をマーク。今週もきびきびした動き



2位 ケイアイノーテック A


栗東坂路で4ハロン50秒8-12秒5の好時計。スピード抜群

3位 ダノンプレミアム A


スピードを感じさせずに好時計をマーク。大物感がある



驚くようなすごい動きをする馬はいませんでしたが、
全体的にレベルの高い調教が多かったように思います。
筆頭はロードカナロア産駒の(10)ステルヴィオとします。

美浦のウッドコースで3頭併せをしましたが、
しっかりと胸を張って走れていました。
ゴール前で抜け出した後も一定のリズムで走れているのがいいですね。こ
のようにヘッドアップして走れる馬は乗っている方も周りを見渡せるので、
馬場が広いコースは合います。
朝日杯FSが阪神で行われるようになった14年に勝ったダノンプラチナや、
昨年のこのレースの覇者サトノアレスに通じるものがあります。

この馬は先行してもレースができるし、
前走のサウジアラビアRC(2着)のように切れ味勝負の競馬もできます。
阪神芝1600メートルに合うフォームの馬をみつけたような気がします。

2番手は(1)ダノンプレミアム。
個人的にはもっと栗東Cウッドの外めを走る追い切りを見たかったのですが、
内めを回っているのはここまでにきっちりと調教を積んできたからかもしれません。
しっかりとしたリズムで走れるのが利点で、動きがとてもパワフル。
どんどんとギアが上がっていきそうですね。
身体能力はかなり高いとみています。仕上がりも完璧だと思います。

(12)ダノンスマッシュはとても動きがキビキビとしています。
かなり力がありそうないい馬ですね。2歳馬らしく、
まだ体の使い方をつかみ切れていない面があり、
せっかくのスピードをロスしている印象もありますが、
競馬になれば問題のないレベル。
それらを差し引いても筆頭クラスの走りをしています。

(3)タワーオブロンドンはパワフルさでは筆頭です。
爆発力がありそう。あと、
(2)フロンティアもしっかりとまとまった走りをしていました。


過去10年を参考にする。

★1番人気まずまず

連対率50・0%。なお前走1着馬が08年から9年連続で優勝している。前走1着馬が1番人気なら信頼度は増す。2番人気は連対率30・0%。3番人気は同10・0%と不振だが、4番人気は同30・0%。

★関東馬が強い

関東馬は6勝して連対率20・8%。関西馬は4勝で連対率8・2%。

★ステップ

前走新馬、500万の下級条件から参戦した馬が11年から6連勝中で要注意だ。オープン特別をステップにした23頭のうち3着は1頭のみで、割り引きが必要。重賞からの臨戦馬は4勝2着9回。連対率は15・1%。

★キャリア別連対率

2戦が22・2%でトップ。1戦20・0%、3戦12・0%、4戦8・7%、5戦14・3%。6戦以上は連対がない。

 

JRA日本丸さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス