モデルプレスに乗っている記事の抜粋ですが

 

 

AKB48新チーム4公演“期待の新星”山内瑞葵センターで開幕 村山彩希がスパルタキャプテンに成長<「手をつなぎながら」公演レポ

2018.06.06 21:00 モデルプレス

 

 

【AKB48/モデルプレス=6月6日】

6日、東京・秋葉原のAKB48劇場にて、村山チーム4『手をつなぎながら』初日公演が行われ、

 

AKB48村山チーム4「手をつなぎながら」公演(C)モデルプレス

  

AKB48新チーム体制がスタート

昨年12月8日に行われた『AKB48劇場12周年特別記念公演』にて3年ぶりの組閣が発表。

チーム4を皮切りに12日にチームA、24日にチームK、26日にチームBが

それぞれ新チーム公演をスタートする。

 

チーム4は、13期生で劇場公演出演回数が4年連続1位の、“シアターの女神”村山がキャプテンをつとめ、

SKE48チームSのオリジナル公演『手をつなぎながら』をリバイバル。

同公演は、これまでHKT48などでも使用されており、AKB48劇場では峯岸みなみがキャプテンを

つとめていた、峯岸チーム4(2013年~2014年)以来となる。

 

スパルタ指導で知られる牧野アンナ氏による振り付けで、

SKE48らしいパワフルなダンスと楽曲が特徴的。それに加えてセクシーな楽曲も多く、

今でも歌い継がれる名曲揃いの人気公演だ。

 

主にセンターに立つ、松井珠理奈のポジションには4月1日に行われた

『AKB48単独コンサート~ジャーバージャって何?~』のお披露目時と同様、

昇格したばかりの16期生の山内瑞葵を抜擢。

 

ドラフト1期の川本紗矢、チーム8の坂口渚沙といったフレッシュな面々を中心に、

村山や岡田奈々といったパフォーマンスに定評のあるベテランが脇に。

約半数を占めるチーム8との兼任メンバーのダンスパフォーマンスはさすがのもので、

フレッシュなチームながら強い団結力を感じた。

 

 

新公演のために衣装も新調。

ユニットパートは『Glory days』は山内が、

『この胸のバーコード』は岡田が、

『ウィンブルドンへ連れて行って』は坂口が、

『雨のピアニスト』は村山が、

『チョコの行方』は川本、髙橋がそれぞれセンター。

過激な歌詞のため、歌唱メンバーは年齢制限されている『Innocence』の

ソロパートは大西、村山、行天が担当した。

 

 

村山チーム4「手をつなぎながら」公演セットリスト

赤文字がセンター

影アナ(村山彩希)

 

M00. overture

M01. 僕らの風

M02. マンゴー No.2

M03. 手をつなぎながら

M04. チャイムはLOVE SONG

 

集合写真撮影

自己紹介

 

M05. Glory days (佐藤妃星・山内瑞葵・濵咲友菜) BD:石綿星南・吉橋柚花・黒須遥香・多田京加

M06. この胸のバーコード (大西桃香・岡田奈々・大森美優)

 

M07. ウィンブルドンへ連れて行って (浅井七海・坂口渚沙・達家真姫宝)

M08. 雨のピアニスト (行天優莉奈・村山彩希・佐藤七海)

 

M09. チョコの行方 (田屋美咲・川本紗矢・永野芹佳・髙橋彩音

 

MC (田屋美咲・川本紗矢・永野芹佳・髙橋彩音)

 

M10. Innocence

M11. ロマンスロケット

M12. 恋の傾向と対策

 

MC

前半:村山彩希・佐藤妃星・佐藤七海・坂口渚沙・川本紗矢・髙橋彩音・永野芹佳・岡田奈々

後半:大西桃香・田屋美咲・浅井七海・大森美優・山内瑞葵・行天優莉奈・達家真姫宝・濵咲友菜

 

M13. 大好き

 

EN01. ロープの友情

EN02. 火曜日の夜、水曜日の朝

 

本日の感想(村山彩希)

 

EN03. 遠くにいても

 

という事ですが、ウィンブルドンへ連れて行ってに、なぎちゃん出ているのが、いいですね

 

あと、メンバーのイラストを描いてもらっています、種田優太さんのイラストも載せます

名前付きの方も載せます

 

 

これからの公演が楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、昨日の公演に、出られなかったメンバーもいると思いますが、腐らず、次の機会を待ちましょう