僕の教室は受験塾ではないので、

基本的には受験の年になるとやめて、

受験勉強のみの生活に切り替えるケースが多い。

 

ところが、

今年の受験生2人は最後まで通ってくれた、

そして、読み続けた。

それは受験のためではなく、

好きな本を読むために。

 

さらに、

結果的に2人は志望校を突破した。

小6男子、公文国際学園中等部合格おめでとう。

中3男子、神奈川県立鎌倉高校合格おめでとう。

 

いずれもレベルの高い難関校だと思います。

僕はとても嬉しい、本当に嬉しい。

行きたい学校に挑戦して、

自分の力で突破したのだから。

 

2人を少し考察してみた、

 

彼らに共通するのは、この読書教室にとても長く所属しているという点です。

小6男子は1年生の頃から6年間。

中3男子は4年生の頃から5年間。

いずれも途切れることなく、淡々と通い続けました。

そして、好きな本を読み続けたのです。

 

難関校突破への因果関係は不明ですが、

恐らく、何か好きなことを継続することができる力、

それが彼らに共通するひとつのパワーのような気がします。

 

僕は君たちと本を読みながら過ごせたことを嬉しく思います、

受験勉強というハードスケジュールに押しつぶされることなく、

好きな本を読み続けた熱意や好奇心に賛辞を贈りたい、

そして、最高レベルの「ありがとう」と「おめでとう」を1万回伝えたい。

(昨夜はいただいた「招福羊羹」をいただきました。甘いモノ好きです・笑)